ココが競合車と違う!新型ヴェゼルの荷室のメリットとデメリット

2021年にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、大きい荷物が積み込みしやすいなど、競合車・ライバル車にはない魅力&メリットがあります。

その一方、競合車・ライバル車の方が優れている部分も…。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースが、競合車・ライバル車よりも優れている部分&メリットは、どこだったのでしょうか?逆にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースよりも競合車の方が良かった…と思ったところは、どこだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジルームのメリット&デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの荷室のメリット【競合車よりも優れているところとは?】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの荷室

タイヤホイールの張り出しが少なく大きな荷物もラクラク積み込むことができそうなこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、競合車・ライバル車よりも次の点が優れていました。

後部座席を収納した時の広さ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは、後部座席を収納した時の奥行きの広さです。

■後部座席を収納した時の新型ヴェゼルの荷室

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも後部座席まわりの居住スペースが広いこともあり、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトSUVの中で一番広いです。

若干窮屈さはありますが、車中泊をすることができるだけの荷室・ラゲッジルームの広さを備えているのは、競合車・ライバル車にはない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

フルフラットな荷室フロア

また、後部座席を収納した時のフルフラットな荷室・ラゲッジスペースも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つです。

■フルフラットな新型ヴェゼルの荷室

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS COROSS)の荷室・ラゲッジスペースも、一見するとフルフラットになっているように見えるのですが、よ~く見ると、荷室開口部に向かって少し下がっているんですよね。

■新型ヤリスクロスの荷室

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、新型ヤリスクロスのように手前下がりになることなく、まさにフルフラットな荷室・ラゲッジスペースとなっています。

そのため、ちょっと横になった時も非常に快適です。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、後部座席を収納した時、座面が足元に沈み込む”ダウンダイブ方式”を採用していることもあり、荷室フロアが低く抑えられているのも好印象でした。

夜間の荷物の積み込みやすさ

また、夜間の暗い中での荷室・ラゲッジスペースにある荷物の探しやすさも、競合車・ライバル車よりも新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が優れているところの一つです。

競合車・ライバル車の多くは、豆電球のラゲッジランプを荷室・ラゲッジスペースの壁面に1つ備えているだけなので、明るさが不十分で、夜間の暗い中で荷物を探すのは、少し大変だったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ラゲッジランプを荷室の左右に1つずつ搭載。

■新型ヴェゼルのラゲッジランプ

しかも、この新型モデルに用意されているラゲッジランプは、LEDを採用しているので、競合車・ライバル車よりも明るいです。

この夜間の荷物の探しやすさも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ヴェゼルの荷室のデメリット【競合車よりも見劣りするところとは?】

後部座席を収納した時のフルフラットさなど、競合車・ライバル車にはない魅力を備えている新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースですが、ちょっと残念に感じるところもありました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットは、なんだったのか?包み隠さずお話したいと思います。

通常時の荷室の奥行き

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースで少し残念だったのは、後部座席を使用している時の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

■通常時の新型ヴェゼルの荷室

ヴェゼルはボディサイズが大きく、車内が広いため、荷室・ラゲッジスペースも広いと思っている方が多いですが、実は、通常時に荷室の奥行きは、コンパクトSUVの中で一番狭くなっています。

■新型ヴェゼルと競合車の荷室サイズ比較

なので、後部座席を使用した状態で、大きい荷物を積み込むのには少し不向きな感じが…。

この競合車よりも狭い奥行きは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースの気になるところでした。

荷室開口部の傾斜

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、開口部の傾斜です。

この新型モデルは、街中で映える”アーバンスタイル”のクロスオーバーSUVということもあり、Cピラーが寝ていて、荷室開口部がまっすぐではないんですよね。

■新型ヴェゼルの荷室開口部

なので、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、背の高い荷物を積み込むのは、得意ではありません。

この競合車・ライバル車よりも強い荷室・ラゲッジスペースの傾斜も、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の気になるところの一つでした。

ちなみに、今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルと同様、後部座席の座面を跳ね上げて、後部座席の足元空間を収納スペースとして使用をする”チップアップ機能”を備えています。

■新型ヴェゼルの後部座席のチップアップ

少し大きめの家具やベビーカーを立てて積み込みたい時は、荷室・ラゲッジスペースではなく、このチップアップ機能を使用するのも良いかもしれませんね。

まとめ:後部座席を収納した時の使い勝手に優れる新型ヴェゼルの荷室

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなメリット&デメリットがありました。

■新型ヴェゼルの荷室のメリット

・後部座席を収納した時の荷室の奥行き
・傾斜のないフラットな荷室フロア
・夜間の荷物の探しやすさ

■新型ヴェゼルの荷室のデメリット

・通常時の荷室の奥行き
・荷室開口部の傾斜

今回デビューを果たした新型モデルの通常時の荷室の奥行きは、競合車・ライバル車よりも狭いなどの欠点&デメリットもあります。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納した時の奥行きの広さや、荷物の積み下ろしがしやすいフルフラットな荷室フロアなど、競合車・ライバル車にはない魅力&メリットが…。

車中泊をしたい方や荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積みたい方には、後部座席を収納した時の荷室の奥行きが広い新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02