スッキリ視界で見晴らし良好!新型ヴェゼルの前方の視界&視認性を実車画像でチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つは、安心感のあるスッキリとした前方視界&見晴らしです。

また、この新型モデルは、斜め前方の死角も少なく、トヨタの新型ヤリスクロス(YARISCROSS)や日産の新型キックス(KICKS)などの競合車・ライバル車よりも安心をして運転をすることができました。

そんな新型モデルの前方の視界&視認性は、どのようになっていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりもドコが優れていたのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の前方&斜め前方の視界を、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの真正面の視界&視認性をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の前方の視界&視認性は、このようなデザインになっています。

■新型ヴェゼルの前方の視界

遮るものがないスッキリとしたクリアな前方視界

今回デビューを果たした新型モデルの運転席に座って驚いたことの一つが、前方の見晴らしの良さです。

この新型モデルでは、上面がフラットな薄型&水平基調のダッシュボードを採用していることもあり、スッキリとしたクリアな前方視界に…。

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも10mmほど最低地上高が高くなったことにともない運転席のアイポイントも10mmほどアップ。

運転席のハイトアジャスターの調整幅も先代モデルよりも上下に5mmずつ拡大しており、先代モデルよりも高い目線・アイポイントで運転できるようになっていたのも好印象でした。

前方の見切りも良好

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を試乗して驚いたのが、前方の見晴らし&見切りの良さです。

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりもボディサイズが大きいこともあり、また、ノーズ(フロントオーバーハング)が長いこともあり、前方の見切りの悪さが気になっていたんですよね。

しかし、この新型モデルのボンネット(フロントオーバーハング)は、まっすぐに伸びていることもあり、思ったよりも車体感覚が掴みやすい感じが…。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)はボディサイズが大きいため、トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)や日産の新型キックス(KICKS)などの競合車よりもひと回り大きいクルマを運転している感覚はあります。

ただ、この新型モデルは、前方の見切り&見晴らしが良いため、運転のしにくさや怖さは一切感じませんでした。

新型ヴェゼルの斜め前方の視界&視認性をチェック

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、斜め前方の視界&視認性も思った以上に良くなっていました。

■新型ヴェゼルの斜め前方の視界:左側

競合車よりも死角が少ない新型ヴェゼル

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)や日産の新型キックス(KICKS)などの競合車・ライバル車は、サイドミラーをAピラーの付け根に備えているため、斜め前方の死角が多くなっていました。

■新型ヤリスクロスの斜め前方の視界

■新型キックスの斜め前方の視界

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、サイドミラーをAピラーの付け根ではなく、ドアパネルに設置したおかげで、競合車・ライバル車よりも斜め前方の死角が少なくなりました。

■新型ヴェゼルの斜め前方の視界

なので、この新型モデルは、ピラーの死角に歩行者や自転車などが完全に隠れてしまう危険は、かなり少なく感じが…。

このスッキリとした斜め前方の視界&視認性も、競合車・ライバル車にはない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

助手席側の視界をサポートする補助ミラーも進化

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、助手席側のサイドミラーの下に備わっている補助ミラーも進化を遂げていました。

先代モデルの助手席側のサイドミラーの下部にも補助ミラー(プリズムアンダーミラー)が備わっていましたが、一枚の鏡面で前輪/後輪付近すべてを映し出そうとしたため、ちょっと見えにくかったんですよね。

■先代モデルの補助ミラー

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルはの補助ミラーは、2枚の鏡面を備えたデザインに変更。

■新型ヴェゼルの補助ミラー

そのため、どこを映し出しているか明確になりました。

また、補助ミラーのサイズ自体も大きくなり、競合車・ライバル車よりも助手席側の死角を確認しやすくなっていたのも大きな進化のポイントなのかなと思いました。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルは、真上からの見下ろした映像や助手席側の死角の映像をディスプレイに映し出してくれる”マルチビューモニター”を、メーカーオプションで用意しています。

ただ、メーカーオプションで用意されている”マルチビューモニター”を装着しても、補助ミラーは外れないとのことなのでご注意を…。

Aピラーは少し太目

このように競合車・ライバル車よりも斜め前方の視界も優れるホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ですが、試乗をしていて気になったのは、フロントガラスを支えるAピラーです。

今回デビューを果たしたこのこの新型モデルのフロントガラスを支える柱”Aピラー”しっかりとした作りになっているため、太く、存在感があります。

また、この新型モデルは、見た目のデザインを重要視したクーペスタイルSUVということで、Aピラーが寝ているため、運転席から近く、視界にチラチラと入ってきます。

サイドミラーの設置位置を変更したこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の斜め前方の視界&視認性はかなり良くなりましたが、個人的には、Aピラーのデザインや位置、太さにももう少し気を配って貰いたかったなと思いました。

まとめ:競合車・ライバル車よりも前方の視界&視認性に優れる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の前方の視界&視認性は、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの前方視界&視認性のまとめ

・遮るものがないないスッキリとしたクリアな前方視界
・水平基調のボディのおかげで、前方の見切りも良好
・斜め前方の死角も競合車・ライバル車よりも少ない
・Aピラーは運転席から近く、少し気になる

この新型モデルは、水平基調&薄型のダッシュボードを採用していることもあり、競合車・ライバル車よりも前方視界&視認性は、良いような感じが…。

また、Aピラーの太さは気になったものの、斜め前方の死角が競合車・ライバル車よりも少なく、安心して運転ができるようになっていたのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02