乗り降りがしやすい工夫が盛りだくさん!新型ヴェゼルの乗降性を徹底チェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりもボディサイズが大きいこともあり、ドア開口部も広くなっています。

そのため、競合車・ライバル車よりも乗り降りはしやすいです。

また、この新型モデルは、乗り降りがしやすいような工夫が施されているのも好印象でした。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの乗降性・乗り降りのしやすさは、どうだったのでしょうか?また、この新型モデルの乗降性は、競合車・ライバル車よりもどこが優れていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の乗降性・乗り降りのしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのフロントシートの乗降性をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のフロントドアの開口部は、このようになっています。

■新型ヴェゼルのフロントドアの開口部

ご覧いただければ分かると思いますが、今回デビューを果たした新型モデルのフロントドアの開口部は、かなり広いですよね。

そのおかげもあり、競合車・ライバル車よりもスムーズに乗り降りをすることができました。

新型ヴェゼルは3段階オープンドアを採用

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は3ヶ所にストッパーが付いた”3段階オープンドア”を採用しているのですが、全開にした時は、このようにほぼ90度まで開けることができます。

■新型ヴェゼルのドア開口部

なので、乗り降りが非常にラクです。

また、この新型モデルのドアのストッパーはしっかりとしており、ちょっとの風ではビクともしないのも好印象でした。

新型ヴェゼルのフロア&シートは競合車よりも高め

このようにフロンドドアの開口部は広い新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ですが、地上からサイドシルの下端までの高さ(=ステップ高)、地上からシートの座面までの高さ(=シート高)は、競合車・ライバル車よりも少し高くなっています。

■新型ヴェゼルと競合車のステップ高&シート高

そのため、この新型モデルに乗り込む際は、競合車・ライバル車よりも少し足を高く持ち上げる必要があります。

また、サイドシルとフロアの段差も少し大きいため、足腰に不安のある年配の方には、この新型モデルは、ちょっと不向きかもしれません。

ただ、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車よりもシートの座面位置が高いため、乗り降りをする際の上下動が少なく、楽に乗り降りをすることができました。

新型ヴェゼルのドア開口部はオーバーラップ方式を採用

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で良いと思ったのが、ドア開口部の下端の”サイドシル”のデザインです。

競合車・ライバル車と異なり、今回デビューを果たした新型モデルは、ドアを閉じた際、ドアパネルがサイドシル全体を覆うオーバーラップタイプのサイドシルを採用しています。

■オーバーラップ方式を採用している新型ヴェゼル

ちなみに、一般的なデザインのサイドシルは、このようなデザインをしています。

■従来のタイプのサイドシル

このように見比べると、ドアの下端部分のデザインが異なるが分かりますよね。

このオーバーラップ方式のサイドシルは、泥や雨水がサイドシルに付着しないため、雨の日などに乗り降りをする際、スカートやズボンの裾(すそ)が汚れないで済みます。

なので、女性には非常に人気が高いデザインになっています。

また、オーバーラップ方式は、従来のタイプよりもサイドシルの張り出しが抑えられるため、乗り降りがしやすくなると言うメリットも…。

ここらへんも、競合車・ライバル車よりもこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の方が乗り降りがしやすいと感じた理由なのかなと思いました。

新型ヴェゼルの後部座席の乗降性をチェック

また、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席のドア開口部は、このようになっています。

■新型ヴェゼルの後部座席のドア開口部

この新型モデルの後部座席のドア開口部は、コンパクトSUVとしては、標準的なサイズとなっています。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルのは、後部座席の座面を跳ね上げて、収納スペースとして活用をする”チップアップ機能”を搭載していることを考えると、もう一回り後部座席のドア開口部を広くしても良かったのかなと思いました。

■新型ヴェゼルの後部座席のチップアップ

後部座席のシート&ステップの高さも競合車よりも高め

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、フロントシート同様に競合車・ライバル車よりもシート&ステップは、少し高めの設定になっています。

そのため、競合車・ライバル車よりも乗り降りをする感じは、強くなっています。

■新型ヴェゼルと競合車のステップ高&シート高

また、今回デビューを果たした新型モデルは、ドア開口部の天井のラインが下がっているため、乗り降りをする際、ぶつからないように頭を下げなければいけないのも気になるところでした。

後部座席のドアの開け閉めのしやすさは競合車よりも劣る

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で気になったのは、後部座席のドアの開け閉めのしやすさです。

この新型モデルの後部座席は、先代モデルと同様にサイドウィンドウ後方に埋め込んで存在感を消した”ヒドゥン型”のドアハンドルを採用しています。

■新型ヴェゼルの後部座席のドアハンドル

操作性の悪さが指摘されているこのドアハンドルですが、今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルよりもドアハンドルの位置を60mmほど低くし、地上からの高さを1,230mmとしたおかげで、操作性は少し高まったような感じが…。

ただ、後部座席のドアの開け閉めは、オーソドックスなドアハンドルを採用している競合車・ライバル車に遠く及ばないのかなと感じました。

まとめ:開口部が広く乗降性に優れる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の乗降性・乗り降りのしやすさを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの乗降性のまとめ

・競合車よりもドア開口部が広く、乗り降りしやすい
・シート&ステップ高は、競合車よりも高め
・衣類の裾が汚れにくいオーバーラップ方式のサイドシルを採用
・後部座席のドアの開け閉めのしやすさは、競合車よりも劣る

後部座席のドアの開け閉めのしやすさなど、競合車よりも劣る部分はあるものの、この新型モデルは、ドア開口部が比較的広いため、乗り降りしやすいような感じが…。

また、サイドシル全体をドアパネルがカバーする”オーバーラップ方式”のサイドシルを採用しているおかげで、乗り降りをする際、スカートやズボンの裾が汚れるのを気にしなくてすむのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02