新型ヴェゼルの助手席は快適?【デザインや装備、居心地の良さ実車画像で徹底チェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、”そよ風アウトレット”や”左右独立温度コントロール式”のエアコンなど車内で快適に過ごすための機能や装備が充実しています。

そのおかげもあり、運転席だけではなく助手席も、競合車・ライバル車よりも快適で、居心地が良い快適な空間になっているように感じました。

そんな新型モデルの助手席は、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この新型モデルの助手席まわりには、どのような装備&アイテムを用意していたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席のデザインや装備、居心地の良さなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの助手席のデザインをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席は、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルの助手席
グレード:Zグレード

座面&背もたれが広く、ゆったりとした座り心地

今回デビューを果たした新型モデルの助手席は、トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)や日産のキックス(KICKS)などの競合車・ライバル車よりもシートの座面が広くなっています。

そのおかげもあり、窮屈感がないゆったりとした座り心地に…。

また、背もたれのサイズも大きく、座るとシートに優しく包み込まれるような安心感があるのが好印象でした。

新型ヴェゼルは助手席の足元空間も広々

クルマによっては、助手席の足元空間(ニークリアランス)に張り出しなどがあり、足回りが少し窮屈なクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席は、余計な張り出しなどがないスッキリ&広々とした足元空間(ニークリアランス)に…。

■新型ヴェゼルの助手席の足元空間

また、この新型モデルのダッシュボード・インパネは薄型デザインとなっており、足の動きを妨げないのも好印象でした。

シートのスライド&背もたれのリクライニングは手動式

シートのサイズの大きく、満足度の高い新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席ですが、少し残念だったのは、シートの前後位置や背もたれのリクライニングの角度の調整をスイッチ一つで行ってくれる“電動パワーシート”の用意がなかったことです。

なので、シート位置のスライドや背もたれの角度の調整は、手動で行わないといけません。

ただ、この新型モデルの助手席のシート位置の調整や背もたれのリクライニングは、軽いチカラで行うことができるため、思ったよりも面倒さはありませんでした。

快適に過ごすためのアイテムも充実!新型ヴェゼルの助手席の装備をチェック

このようにシートサイズも大きく、快適に過ごすことができる新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席ですが、機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

この新型モデルの助手席のまわりには、どのような機能&装備が用意されているのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新しく生まれ変わったこの新型モデルの助手席まわりの注目の機能&装備を包み隠さず紹介したいと思います。

そよ風アウトレット【助手席の注目のアイテム1】

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席まわりの注目のアイテムの一つが、”そよ風アウトレット”です。

■新型ヴェゼルのそよ風アウトレット

この新型モデルでは、エアコンの風を直接乗員に当てずに風を拡散することで、車内空間の温度を下げる”そよ風アウトレット”を、運転席側だけではなく助手席側にも設置。

エアコンの風が直接当たるのが苦手な人って、多いですよね。

この新型モデルでは、送風口に備わっているダイヤルのスイッチを上に向けて、”そよ風アウトレットモード”にするだけで、エアコンの風を直接当たるのを避けつつ、車内の温度をしっかりと下げてくれます。

画像引用:ベストカーWeb

また、運転席と助手席で別々に普通の送風口とそよ風アウトレットに変更することができます。

このようにエアコン嫌いの人でも快適に過ごせるようになっているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートヒーター【助手席の注目のアイテム2】

また、シートヒーターも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席の注目のアイテムの一つです。

ハイブリッド車の上位に位置をする”Zグレード”と”PLaY(プレイ)”のみになっていしまうのですが、この新型モデルでは、3段階から調節することができるシートヒーターを助手席側にも用意。

3段階から温度を調節することができるのって、かなり嬉しいですよね。

また、この新型モデルのシートヒーターのスイッチは、エアコンパネルの左右外側に備わっており、ドライバーさんのことを気にせずにシートヒーターの温度調整することができるのは、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

エアコン&ヒーター【助手席の注目のアイテム3】

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、エアコン/ヒーターにも嬉しい機能が備わっています。

■新型ヴェゼルのエアコン&ヒーター

この新型モデルでは、全グレードにフルオートエアコンを標準装備しているのですが、ハイブリッド車の上位モデルに位置をする”Zグレード”のみ、運転席と助手席で温度を別々に設定をすることができる”左右独立温度コントロール機能”を搭載。

なので、ドライブ中、ちょっと寒いなと思ったら、ドライバーさんに気兼ねなく設定温度を変更することができます。

このように運転席と助手席で別々にエアコンやヒーターの温度を設定をすることができるようになっているのも、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つなのかなと思いました。

サンバイザー【助手席の注目のアイテム4】

また、助手席の目の前に備わっているサンバイザーも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の注目のアイテムの一つです。

この新型モデルでは、助手席側にもバニティミラー付きのサンバイザーを採用。

■新型ヴェゼルのミラー付きのサンバイザー

また、ミラー脇には照明が用意されており、リッド(蓋)を開けると、ライトが点灯してます。

サンバイザーにバニティミラーが付いていると、車内で軽くお化粧や口紅を直したい時に助かりますよね。

このように女性に嬉しい装備&アイテムが用意されているのも、この新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:広さも快適性も兼ね備えている新型ヴェゼルの助手席

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の助手席は、このようなデザインになっていました。

■新型ヴェゼルの助手席のまとめ

・シートサイズが大きく、ゆったりとした座り心地
・居住スペースが広く、足元空間も広々
・そよ風アウトレットなど機能や装備も充実

今回デビューを果たした新型モデルは、コンパクトSUVの中でも特に車内空間が広いこともあり、助手席まわりもゆったり&広々としていて非常に快適です。

また、そよ風アウトレットや運転席と助手席で別々に温度調節をすることができるエアコン/ヒーター、3段階から温度を調節することができるシートヒーターなど機能や装備が充実しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02