新型ヴェゼルのタイヤはグレードで違う【サイズ、メーカー&ブランドを確認】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、グレードによって、タイヤサイズが異なります。

また、履いているタイヤメーカー&ブランドにも違いがあるため、乗り心地にも違いが…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの各グレードが履いているタイヤの大きさは、どれくらいだったのでしょうか?また、どのメーカー&ブランドのタイヤを履いていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているタイヤのサイズやメーカー、ブランドを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

サイズ&大きさはどれくらい?【新型ヴェゼルのタイヤを徹底解剖】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は4つのグレードを用意していますが、各グレードのタイヤサイズを確認したところ、次のようになっていました。

Xグレード/Gグレードのタイヤサイズ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の廉価モデルに位置をする”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”のタイヤサイズは、このようになっています。

■Xグレード/Gグレードのタイヤサイズ

16インチ(215/60R16)

ハイブリッド車の最廉価モデル”Xグレード”と、この新型モデルの唯一のガソリン車”Gグレード”では、上位モデルよりもひと回り小さい16インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

ただ、この新型モデルのXグレードやGグレードでは、スタイリッシュな見た目を演出するブラック塗装&切削加工をほどこしたアルミホイールを装着していることもあり、廉価モデルとは思えない高級感&上質感を兼ね備えたサイドスタイルとなっていました。

Zグレード/PLaY(プレイ)のタイヤサイズ

一方、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”Zグレード”、”PLaY(プレイ)”のタイヤサイズを確認したところ、このようになっていました。

■Zグレード/PLaYのタイヤサイズ

18インチ(225/50R18)

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”Zグレード”や”プレイ(PLaY)”では、XグレードやGグレードよりもひと回り大きい18インチサイズのタイヤを標準装備。

そのおかげもあり、ZグレードやPLaY(プレイ)は、SUVらしいチカラ強さと迫力のあるサイドスタイルに…。

また、Zグレード/Pクリアブラック塗装をあしらったサイドシルやアーチモールを備えており、ヴェゼルらしい街中で映えるお洒落なサイドスタイルを演出しているのも好印象でした。

どこのメーカー&ブランドのタイヤを装着?【新型ヴェゼルのタイヤを徹底解剖】

また、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、グレードによって、履いているタイヤのメーカー&ブランドも違いがありました。

先日、この新型モデルを試乗した際に履いているタイヤメーカー&ブランドを確認してきたので、紹介したいと思います。

Xグレード/Gグレードのタイヤメーカー&ブランド

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデルに位置をするハイブリッド車の”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”に装着されているタイヤを確認してみたところ、このようになっていました。

■Xグレード/Gグレードのタイヤメーカー&ブランド

・ダンロップ エナセーブ EC300 (ENASAVE EC300)
・ハンコック キナジー エコ2 (KINERGY ECO2)

私が確認をした限りでは、この新型モデルの下位モデルに位置をするXグレード&Gグレードは、ダンロップの低燃費タイヤの”エナセーブ”、ハンコックのスタンダードタイヤ”キナジー エコ2″を履いていました。

■新型ヴェゼルのタイヤ:ダンロップ エナセーブEC300

■新型ヴェゼルのタイヤ:ハンコック キナジー エコ2

(引用:https://bestcarweb.jp/)

純正タイヤでアジア系のブランドを採用しているのは、ちょっと珍しいですよね。

個人的には、ハンコックのタイヤは、日本製よりもコスパは良いけど、性能はワンランク下がるようなイメージを持っていたので、「純正でハンコックのタイヤは、ちょっとな…」と、思っていました。

ただ、ディーラーさんの話によると、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に採用されているハンコック製の”キナジー エコ2″は、燃費や乗り心地、操安性能のバランスが取れたタイヤで、ダンロップのエナセーブにも勝るとも劣らない性能を備えているとのことですよ。

Zグレード/PLaY(プレイ)のタイヤメーカー&ブランド

一方、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”Zグレード”&”PLaY(プレイ)”の履いているタイヤのメーカー&ブランドを確認してみたところ、このようになっていました。

■ZグレードとPLaYののタイヤメーカー&ブランド

・ミシュラン プライマシー4 (MICHELIN PRIMACY4)

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデル”Zグレード”&”PLaY(プレイ)”では、ミシュランのプレミアムコンフォートタイヤ”プライマシー4 (PRIMACY4)”を採用。

■新型ヴェゼルのタイヤ:ミシュラン プライマシー4

そのおかげもあり、”Zグレード”&”PLaY(プレイ)”は、低燃費タイヤを履いていた下位モデルよりもグリップ感がよく、直進安定性に優れた乗り心地に…。

また、マンホールや高速道路のつなぎ目など、路面の凹凸をしっかりと吸収して、しなやかさを感じる乗り心地になっているも、プライマシー4 (PRIMACY4)を履いている上位モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:異なるサイズ&メーカーのタイヤを履いている新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)が履いているタイヤのサイズやメーカー、ブランドを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのタイヤのまとめ

・下位モデルは16インチ、上位モデルは18インチのタイヤを採用
・上位モデルと下位モデルでタイヤメーカー&ブランドが異なる
・乗り心地もグレードによって異なる

今回デビューを果たした新型モデルでは、下位モデルに位置をする”Xグレード”と”Gグレード”、上位モデルに位置をする”Zグレード”と”PLaY(プレイ)”でサイズやメーカーの異なるタイヤを装着。

そのため、グレードによって、乗り心地や走破性にも違いが…。

もしこれからこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の試乗に行かれる方は、グレードによって異なるタイヤサイズ&メーカーにも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、ディーラーさんに確認したところ、「装着するタイヤのメーカー&ブランドの指定をすることはできない。」とのことなので、ご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02