改悪…。新型ヴェゼルより先代の方が良いと思った残念な装備&機能

スタイリッシュな内外装や最新の安全装備など、2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも全方位的に進化を遂げました。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルよりも先代モデルの方が良かったと感じた機能&装備も…。

先代モデルの方が良かったと思ったこの新型モデルの残念な機能&装備は、なんだったのでしょうか?また、この新型モデルのドコが残念だったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも先代モデルの方が優れていると感じた機能&装備、アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

後部座席【新型ヴェゼルの残念だった装備&機能1】

20210年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも先代モデルの方が優れていると感じた装備&アイテムの一つが、後部座席です。

新型ヴェゼルの後部座席はリクライニング機能はナシ

先代モデルのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席は、わずかですが背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能が備わっていたんですよね。

■先代モデルの後部座席


しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、後部座席の背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能の用意はなし。

■新型ヴェゼルの後部座席

この新型モデルの背もたれの肩口に用意されているレバーを操作しても、先代モデルのように背もたれを後方に倒すことはできません。

ディーラーさんに、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席のリクライニング機能の搭載がなくなった理由を確認したところ、

「先代モデルよりも背もたれの角度を2度ほど後方に倒して快適性が増したため、、後部座席の背もたれをリクライニングをする必要がなくなった。」

と説明をしてくれました。

ただ、個人的には、先代モデルの後部座席のようにリクライニング機能を用意しても良かったのかなと思いました。

狭くなった頭上空間(ヘッドクリアランス)

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で気になったのは、頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さです。

今回デビューを果たした新型モデルは、天井の傾斜が強くなったため、後部座席まわりの頭上空間(ヘッドクリアランス)が先代モデルよりもひと回り狭いんですよね。

そのため、先代モデルと比較すると、少し窮屈感や圧迫感を強く感じやすくなっていました。

センターコンソール【新型ヴェゼルの残念だった装備&機能2】

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で残念に感じた装備&アイテムの一つが、センターコンソールです。

今回デビューを果たした新型モデルと先代モデルのセンターコンソールでは、使い勝手や収納力に大きな違いがありました。

先代モデルは上下2段に分かれたセンターコンソールを採用

先代モデルのセンターコンソールは上下2段組になっており、下段には大きな収納スペースが用意されていたんですよね。

■先代モデルのセンターコンソール

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、シフトレバーやドリンクホルダー、センターコンソールボックスなどを備えた比較的オーソドックスなデザインのセンターコンソールデザインとなっていました。

■新型ヴェゼルのセンタコンソール

そのため、先代モデルと比較して、運転席から手が届く範囲の収納スペースが少なくなってしまった感じが…。

また、先代モデルには用意されていたHDMIソケットが用意されていないのも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のセンターコンソールの残念なところの一つでした。

ドリンクホルダーの使い勝手も悪くなった

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で残念だったのは、センターコンソールに備わっているドリンクホルダーの使い勝手です。

先代モデルのセンターコンソールに備わっているドリンクホルダーは、収納するドリンクよって、深さを変えることができたんですよね。

■深さを調整できる先代モデルのドリンクホルダー

また、ストッパー部分が開閉式になっており、広い小物入れとして使用することができるのも魅力の一つでした。

■ドリンクホルダーとして使用時

■小物入れとして使用時

しかし、今回デビューを果たした新型モデルに用意されているドリンクホルダーは、先代モデルのような工夫がないオーソドックスなデザインに…。

■新型モデルのドリンクホルダー

この新型モデルのドリンクホルダーの使い勝手が悪いという訳ではないのですが、個人的には、様々な用途で使える先代モデルのドリンクホルダーの方が好みでした。

荷室・ラゲッジスペース【新型ヴェゼルの残念だった装備&機能3】

また、先代モデルよりも使い勝手が悪くなり、残念に感じたアイテム&装備の一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトSUVとしては、十分な広さと使い勝手を備えています。

ただ、先代モデルと比較すると、使い勝手が少し悪くなってしまったように感じました。

新型ヴェゼルは背の高い荷物が積み込みにくくなった

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースを確認して気になったのは、背の高い荷物の積み込みやすさです。

この新型モデルは見た目のデザイン性やスタイリッシュを意識したためか、先代モデルよりも後部座席斜め後ろにある”Cピラー”の傾斜がきつくなっているんですよね。

■新型ヴェゼルの荷室開口部

■先代モデルの荷室開口部

このように荷室・ラゲッジスペースを斜めからみると、開口部の傾斜の違いが一目瞭然ですよね。

そのため、先代モデルよりも背の高い荷物が積み込みにくくなったような感じが…。

この背の高い荷物を積み込むのに不向きな形になったのは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の気になるところでした。

先代モデルよりもひと回り荷室が狭い

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも通常時の荷室・ラゲッジスペースが狭くなったことも、残念に感じたことの一つです。

■新型ヴェゼルと先代モデルの荷室比較

上記の表を見て頂ければ分かると思いますが、新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、奥行き/横幅/高さすべて先代モデルよりもひと回り狭くなっています。

■先代よりひと回り狭くなった新型ヴェゼルの荷室

そのため、今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、先代モデルよりも積載性が悪くなったような感じが…。

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは相変わらず広かったのですが、通常時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きの狭さは少し気になりました。

まとめ:先代モデルより見劣りをする部分がある新型ヴェゼルの機能&装備

2021年4月にフルモデルチェンジヲして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルよりも明らかに進化をしましたが、先代モデルよりも使い勝手が悪くなった残念に感じた機能&装備もありました。

■先代モデルよりも使い勝手が悪くなった機能&装備のまとめ

・窮屈感がました後部座席
・収納力が減ったセンターコンソール
・奥行きがひと回り狭くなった荷室・ラゲッジスペース

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルの機能&装備を比べて特に気になったのは、後部座席まわりの装備&快適性です。

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは相変わらず良かったのですが、先代モデルよりも頭上空間が狭くなり、窮屈感&圧迫感が増したのは少し気になるところでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02