新型ヴェゼルの安全装備は競合車よりココが凄い【魅力&欠点を徹底解剖】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、ホンダの最新モデルと言うこともあり、安全装備も充実しています。

そんな新型モデルの安全装備にも、残念なところが…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、どのような安全装備を備えていたのでしょうか?また、この新型モデルの安全装備の魅力やメリット、欠点は何だったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている安全装備の魅力やメリット、欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルの安全装備はココが凄い!【魅力やメリットを徹底解説】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、次のような安全装備を備えています。

■新型ヴェゼルの主な安全装備

・衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・車線維持支援システム(LKAS)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・ブラインドスポットインフォメーション
・マルチビューカメラシステム
・後退出庫サポート

今回デビューを果たした新型モデルでは、自動ブレーキや誤発進抑制機能、ドライバーや同乗者の身を守ってくれる様々な安全装備を備えてます。

また、この新型モデルの安全装備は、競合車・ライバル車にはない次のような特徴&メリットがありました。

競合車にはない特徴を備えた自動ブレーキ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の安全装備の注目ポイントの一つが、衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の良さです。

自動ブレーキ自体は、競合車・ライバル車にも備わっていますが、この新型モデルには、競合車・ライバル車よりも信頼度の高い衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)を備えていました。

その一つが、衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の対応速度です。

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)や日産の新型キックス(KICKS)など競合車・ライバル車の多くは、時速約10km/h以上のスピードで走行すると、衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)が作動するようになっています。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)は、時速約5km/hから作動するようになっています。

また、右折時の対向車も検知できるようになっているのも、この新型モデルの衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ブラインドスポットインフォメーションが標準装備

また、高速道路での車線変更をする際に重宝をするブラインドスポットインフォメーションが標準装備となっているのも、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特徴&魅力の一つです。

サイドミラーに備わっているインジケーターで、隣の車線を走っているクルマの存在をお知らせしてくれるブラインドスポットインフォメーションですが、メーカーオプションで用意しているクルマが多いですよね。

■新型ヴェゼルのブラインドスポットインフォのインジケーター

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”と”Zグレード”のみになってしまうのですが、このブラインドスポットインフォメーションを標準装備。

このように他のクルマでは、メーカーオプション設定になっている安全装備がこの新型モデルでは、標準装備となっているのも魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

競合車にはない安全装備を搭載

また、競合車・ライバル車にはない安全装備を備えているのも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つです。

その一つが、路肩を歩いている歩行者との衝突を未然に防いでくれる”歩行者事故低減ステアリング”です。

歩行者事故低減ステアリングとは、クルマが車線から外れ、路側帯にいる歩行者と衝突しそうな際、マルチインフォメーションディスプレイの表示と警告音で注意を喚起します。

また、衝突する恐れがあると判断した場合、ステアリングを制御して、衝突回避行動をサポートします。

また、Zグレードのみに備わっている機能なのですが、進行方向を照らしてくれる”アクティブコーナリングライト”を備えているのも、この新型モデルならでは機能の一つです。

■新型ヴェゼルのヘッドライト

このように競合車・ライバル車に用意されていない安全装備を備えているのも、新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力&メリットの一つですよ。

新型ヴェゼルの安全装備のココが残念【欠点やデメリットを徹底解説】

競合車・ライバル車にはない様々な魅力がある新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の安全装備ですが、欠点&デメリットもありました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの安全装備の欠点&デメリットは、何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

装着するまでのハードルが高い後退出庫サポート

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の安全装備で気になったことの一つは、、”後退時出庫サポート”です。

後退時出庫サポートとは、駐車場からバックで出庫する際、左右後方から接近をしてくるクルマを検知するとナビの画面と警告音でお知らせをしてくれる機能です。

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CORSS)では、この後退出庫サポートは、メーカーオプションとして用意しているのですが、この新型モデルでは、純正ナビの機能の一つとして用意されています。

■新型ヴェゼルの純正ナビ

そのため、この新型モデルでは、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着しないと、後退時出庫サポートを使用することができません。

しかも、後退出庫サポートは、上位モデルに位置をするプレイ(PLaY)とZグレード専用の機能となっております。

つまり、後退出庫サポートを装着することができるは、

・メーカーオプションの純正ナビを装着したZグレード
・純正ナビが標準装備となっているプレイ(PLaY)

この2つのグレードのみと言うことに…。

逆に、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の廉価モデルに位置をするGグレードやXグレードでは、純正ナビを装着したとしても、後退時出庫サポートを使用することができないので、ご注意くださいね。

アラウンドビューモニターを装着できるのは上位モデルのみ

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の安全装備で残念だったのは、アラウンドビューモニター(正式名称は、マルチビューカメラシステム)”です。

アラウンドビューモニターとは、真上から見下ろす視点でクルマの周囲を確認することができる機能です。

日産の新型キックス(KICKS)やトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)などの競合車・ライバル車では、ほぼ全グレードにアラウンドビューモニターを装着することができるようになっているんですよね。

■新型キックスのアラウンドビューモニター

しかし、この新型モデルでは、アラウンドビューモニター(マルチビューカメラシステム)を装着することができるのは、上位モデルに位置をする”プレイ(PLaY)”とZグレードのみです。

また、アラウンドビューモニター(マルチビューカメラシステム)を装着するのには、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着する必要があります。

このようにアラウンドビューモニター(マルチビューカメラシステム)を装着する条件が厳しいのも、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の残念なところでした。

まとめ:競合車よりも安全装備が充実しているホンダの新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の安全装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの安全装備のメリット

・最先端の機能を備えている自動ブレーキ
・標準装備となっているブラインドスポットインフォメーション
・他のグレードにはない安全装備を用意

■新型ヴェゼルの安全装備の欠点&デメリット

・後退出庫サポートには純正ナビが必要
・アラウンドビューモニターは上位モデルのみ

アラウンドビューモニターや後退出庫サポートなどの欠点&デメリットもありますが、今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりも充実した安全装備を備えています。

スタイリッシュな見た目やコンパクトSUVとは思えない広々とした車内空間などが注目を集めていますが、この充実した安全装備も、競合車・ライバル車にはないこの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02