新型ヴェゼルのシート【全3種類の特徴や魅力、違いを実車画像で徹底解説】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、3種類のシートを用意しており、グレードによって、シートのデザインや素材が異なります。

そのため、この新型モデルは、グレードによって、車内の雰囲気や座り心地に大きな差が…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの各グレードは、どのようなシートを用意していたのでしょうか?また、グレードによって、シートにどんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されている全3種類のシートの特徴や魅力、違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのXグレード&Gグレードのシート

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の廉価モデル”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”のシートは、このようなデザインをしています。

■Xグレード/Gグレードのシート

廉価モデルはファブリックシートを採用

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の廉価モデル”Xグレード”、ガソリン車の”Gグレード”では、ブラックカラーのファブリックシートを標準装備。

■Xグレード/Gグレードのシートの特徴

シートカラー:ブラック
メインの素材:ファブリック
サイドの素材:ファブリック

この新型モデルのXグレード、Gグレードでは、シートのメイン部分/サイドどちらにもファブリック素材を採用。

■X&Gグレードのファブリック素材

一般的に、廉価モデルのファブリック素材のシートと聞くと、安っぽい感じがすると思いますよね。

しかし、この新型モデルではシートのメイン部分に、1本の糸の中にブラックとグレーを混ぜ合わせた”杢糸(もくいと)”を採用しているおかげで、廉価モデルならではの安っぽさは一切なし。

シートのメイン部分に入っているエンボス加工のラインも印象的で、モダンカジュアルな車内空間を演出するお洒落なシートデザインになっていました。

後部座席の中央にはリヤセンターアームレストを標準装備

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の廉価モデル”Xグレード”&”Gグレード”のシートを確認して良いと思ったのが、後部座席の中央にドリンクホルダー付きのセンターアームレストが標準装備されていたことです。

■新型ヴェゼルのリヤセンターアームレスト

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARISCROSS)もそうなのですが、廉価モデルでリヤセンターアームレストを備えているクルマって、それほど多くないんですよね。

そんな中、廉価グレードにあたる”Xグレード”や”Gグレード”でも、後部座席の快適性&利便性を高めてくれるリヤセンターアームレストが標準装備されているのは、競合車・ライバル車にはない新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の魅力の一つなのかなと思いました。

シートバックポケットは助手席側のみ

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、フロントシートの裏側に雑誌や地図、スマホなどを収納するのに便利なシートバックポケットを用意しています。

しかし、廉価モデルに位置をする”Xグレード”&”Gグレード”では、助手席側にのみシートバックポケットを用意しており、運転席側には、シートバックポケットを用意していません。

■Xグレード&Gグレードの運転席側のシートバック

この新型モデルのシートバックポケットは、スマホやiPhoneを収納するための小型ポケットも用意されいるため、意外と使い勝手は良いんですよね。

この使い勝手の良いシートバックポケットが助手席側にしか用意されていないのは、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のXグレード”や”Gグレード”と上位モデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

新型ヴェゼルのZグレードのシート

実用的な機能&装備が備わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の上位モデル”Zグレード”のシートは、このようなデザインをしています。

■Zグレードのシート

Zグレードはコンビシートを標準装備

ハイブリッド車の廉価モデル”Xグレード”&”Gグレード”では、ファブリックシートを採用していました。

しかし、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をする”Zグレード”では、合成レザーのような風合いを楽しめるプライムスムースをあしらったコンビシートを標準装備。

■Zグレードのシートの特徴

シートカラー:ブラック
メインの素材:ファブリック
サイドの素材:プライムスムーズ

Zグレードのシートに採用されているメイン部分の素材や質感は、廉価モデルの”Xグレード”&”Gグレード”と全く同じになっています。

■Zグレードのメイン部分のファブリック素材

ただ、Zグレードでは、シートサイドにプライムスムースをあしらっており、廉価モデル”Xグレード”や”Gグレード”とはひと味異なる高級感や品の良さがありました。

■Zグレードのシートサイドのプライムスムース

運転席側にもシートバックポケットを標準装備

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のZグレードと廉価モデルのシートで大きく異なるのは、シートバックポケットの数です。

廉価モデルの”Xグレード”&”Gグレードでは、助手席側のみにしかシートバックポケットが用意されていませんでしたが、このZグレードでは、運転席側にもシートバックポケットを用意。

■新型ヴェゼルの運転席側のシートバックポケット

この新型モデルのZグレードでは、後部座席まわりにもUSBポートが2つ備わっている事もあり、この運転席側のシートバックポケットもかなり重宝するのかなと思いました。

新型ヴェゼルのPLaY(プレイ)のシート

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”のシートは、このようなデザインをしています。

■PLaY(プレイ)のシート

PLaY(プレイ)はグレージュのコンビシートを採用

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位に位置をする”PLaY(プレイ)”では、シートサイドにグレージュカラーのプライムスムースをあしらったコンビシートを標準装備。

■PLaY(プレイ)のシートの特徴

シートカラー:ブラック×グレージュ
メインの素材:ファブリック
サイドの素材:プライムスムーズ

この新型モデルのZグレードでは、ブラックを基調にしたスタイリッシュなシートを採用していましたが、最上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”では、シートサイドにオレンジのステッチをあしらった遊び心のあるデザインに…。

■オレンジをあしらったPLaYのシートサイド

また、シートのメイン部分のセンターには、織物素材のリボンテープをあしらっており、他のグレードとはひと味異なるエレガントなシートになってるのも印象的でした。

シートの機能や装備はZグレードと同じ

このように見た目の印象が大きく異なる新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の”PLaY(プレイ)”ですが、備わっている機能&装備は、他のグレードと全く同じです。

引用:https://www.honda.co.jp/

例えば、シートバックポケット。

この新型モデルの最上位モデル”PLaY(プレイ)”は、一つ下のグレード”Zグレード”と同様に助手席側だけではなく、運転席側にもシートバックポケットを備えています。

また、後部座席の中央にリヤセンターアームレストもしっかりと用意されています。

この”PLaY(プレイ)”は最上位モデルなので当然と言えば当然なのですが、このように機能や装備が充実しているのも”PLaY(プレイ)”の良さの一つなのかなと思いました。

Zグレードよりも広く感じる車内空間

引用:https://www.honda.co.jp/

そんな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の最上位モデル”PLaY(プレイ)”の魅力の一つは、後部座席まわり居住スペースの広さです。

今回デビューを果たした新型モデルの”PLaY(プレイ)”では、シートサイドに明るいグレージュを、また、天井一面をガラス張りにしたパノラマルーフを採用していることもあり、他のグレードよりもひと回り広く感じます。

特に後部座席に座った時の窮屈感&圧迫感は、最上位モデルの”PLaY(プレイ)”とそれ以外のグレードで全然違います。

この圧迫感を感じない明るい車内空間は、他のグレードでは味わえない”PLaY(プレイ)”ならではの特権なのかなと思いまいした。

まとめ:グレードによって車内の高級感や快適さが異なる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトSUV”新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”のシートを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのシートのまとめ

・ブラックのファブリックシートを採用しているX&Gグレード
・ブラックのコンビシートを採用しているZグレード
・グレージュのコンビシートを採用しているPLaY

今回デビューを果たした新型モデルでは、グレードによって、シートに使用されている素材やカラーが異なります。

そのため、この新型モデルでは、グレードによって、車内の雰囲気や上質感に大きな差が…。

特にシートサイドにグレージュをあしらっているPLaY(プレイ)と他のグレードでは、車内の雰囲気や快適性に大きな差があるので、グレード選びで迷っている方は、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02