ここに注目!新型ヤリスクロスの内装の魅力や特徴、欠点をサクッとまとめてみた

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力の一つは、スッキリとした見た目と実用性の高さが魅力の内装・インテリアです。

また、この新型モデルは、グレードによって、車内の機能や装備だけではなく、車内の雰囲気や質感に大きな差が…。

そんな新型モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴や特徴を備えていたのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアの特徴や魅力、残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスの内装・インテリアの特徴

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ヤリスクロスの内装

スッキリとしたシンプルな内装・インテリア

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアは、このクルマのベースになっている”ヤリス(YARIS)”のイメージを踏襲していることもあり、SUVらしいギア感や無骨さよりもシンプルモダンなデザインに…。

■新型ヤリスの内装

また、スマホ/ナビを接続するだけでナビとして使用することができるディスプレイオーディオや電動のパーキングブレーキ&オートブレーキホールドが全グレードに標準装備されるなど、使い勝手に優れたデザインになっていました。

グレードによって異なる内装色

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、大きく分けてガソリン車/ハイブリッド車それぞれ3つのグレードを用意しているのですが、グレードによって、内装色(インテリアカラー)や車内の加飾に差があります。

■新型ヤリスクロスの内装色

そのため、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、グレードによって、車内の雰囲気に差がありました。

また、この新型モデルは、グレードによって全然違う機能や装備も要注目ですよ。

シートのデザイン&素材もグレードによって異なる

3030年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、内装色(インテリアカラー)だけではなく、シートのデザインやカラー、使用されている素材もグレードによってことなります。

■新型ヤリスクロスのシート

最上位モデルに位置をするZ系グレードでは、シートサイドに合成レザーをあしらったお洒落なシートを標準装備していたのに対し、最廉価モデルのX系グレードは、スポーティーな雰囲気が漂うヘッドレストと背もたれが一体なったシートを採用。

そのおかげもあり、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、グレードによって、見た目のデザインが違うだけではなく、座り心地にも大きな違いがありました。

新型ヤリスクロスの内装の魅力&注目ポイント

グレードによって車内の雰囲気が大きく異なるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアですが、注目の機能&装備も盛り沢山です。

競合車・ライバル車に勝るとも劣らないこの新型モデルならではの魅力&メリットは、なんだったのでしょうか?

この新型モデルの内装・インテリアの注目ポイントを余すところなく紹介したいと思います。

快適な運転をサポートする機能が充実

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、快適な運転をサポートする機能や装備が充実しているところです。

その一つが、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドです。

この新型mドエルでは、発進や停車をスムーズに行うことができる電動パーキングブレーキや、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドが全グレードに標準装備されています。

■電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドスイッチ

また、スマホやiPhoneを接続するだけで、ナビアプリを車の大画面に映しだすことができるディスプレイオーディオも全グレード標準装備となっています。

■新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ

スマホ/iPhoneのナビアプリは、GPSの精度や通信量などのデメリットがあるため、長距離ドライブをする方には不向きです。

ただ、普段使いでこのクルマの購入を検討している人には、無料で使えるスマホナビで十分なような感じが…。

このように快適な運転をサポートしてくれるアイテム&装備が充実しているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、こちらの記事では、この新型モデルに搭載されている各機能や装備を詳しくまとめてあります。もしこの新型モデルの各機能や装備が気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

充実した安全装備

また、安全装備が充実しているのも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力&メリットの一つです。

その一つが、ヘルプネットです。

■新型ヤリスクロスのヘルプネット

この新型モデルでは、病気や事故にあった際、専用のオペレーターに連絡をすることができるヘルプネットを全グレードに標準装備しています。

また、この新型モデルでは、アクセルやハンドルの操作を自動で行ってくれる自動駐車支援システムの”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”や、車の周囲360度見渡すことができる”パノラミックモニター”なども用意しています。
※トヨタチームメイトは、ハイブリッド車のみ

このように最新の安全装備が用意されているのも、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートアレンジのバリエーションの多さ

また、シートアレンジのバリエーションの多さも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力&注目ポイントの一つです。

そんな新型モデルのシートアレンジのバリエーションの多さを支えているのが、後部座席の使い勝手の良さです。

この新型モデルは、後部座席の中央部分のみ収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しているんですよね。

■新型ヤリスクロスの4対2対4分割方式の後部座席

なので、後部座席の中央部分のみを収納するなど、荷物の量や応じて自由自在に後部座席の形を変更することができるんですよね。

また、この自由自在に姿を変える後部座席のおかげで、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手もコンパクトSUVの中でトップクラスです。

コンパクトな車内空間を十分に活かした多彩なシートアレンジも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

新型ヤリスクロスの内装の欠点&残念なところとは?

このように魅力な機能&装備を備えているトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、内装・インテリアを確認してみたところ、欠点&残念に感じたところもありました。

この新型モデルの内装・インテリアの欠点&デメリットとは何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

アームレストの用意はなし

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアで残念だったことの一つが、フロントシートにアームレストの用意がなかったことです。

競合車・ライバル車では、このようにアームレストとしても使用することができるセンターコンソールボックスを用意しているんですよね。

■キックスのアームレスト付きセンターコンソールボックス

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルには、アームレスト機能付きのセンターコンソールボックスの用意はなし。

一応、ディーラーオプションで運転席に装着することができるアームレストは用意しているのですが、かなり安っぽい感じが…。

■新型ヤリスクロスのオプションのアームレスト

この運転中の快適性を高めてくれるアームレストが用意されていなかったのは、この新型モデルの残念なところの一つでした。

収納スペースの少なさ

また、収納スペース・小物入れの少なさも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の欠点&デメリットの一つです。

この新型モデルでも、グローブボックスやセンターコンソールトレイなど、基本的な収納スペースや小物入れは用意しています。

■新型ヤリスクロスのグローブボックス

■新型ヤリスクロスのセンターコンソールトレイ

ただ、ファミリーカーとして使用するには、ちょっと収納スペースが少ない感じが…。

この収納スペースの少なさも、今回デビューを果たしたこの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内相・インテリアを確認していて、ちょっと残念に感じたことの一つでした。

後部座席の足元空間の広さ&装備

また、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアの欠点&デメリットの一つです。

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりもボディサイズが小さいこともあり、後部座席の足元空間(ニークリアランス)も狭めの設定に…。

■新型ヤリスクロスの後部座席の足元の広さ

成人男性でも何とか座ることができますが、どうしも窮屈さは感じてしまいます。

なので、この新型モデルをファミリカーとして検討している方は、試乗をする際に後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さも忘れずにチェックをしてみてくださいね。

また、この新型モデルの後部座席は機能や装備が物足りないのも、気になるところの一つdせいた。

USBポートの数&使い勝手

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアを確認して残念に感じてしまったことの一つが、USBポートの数と使い勝手です。

この新型モデルでは、フロントシートまわりに最大2個のUSBポートが用意されていますが、残念ながら後部座席まわりのUSBポートの用意はなし。

後部座席に乗車する人のことを考えると、スマホや携帯を充電するのに重宝するUSBポートを後部座席まわりにも用意しておいて欲しかったような感じが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のキックス(KICKS)では、フロントシートだけではなく、後部座席にもしっかりとUSBポートが用意されていたんですよね。

■日産キックスのUSBポート

ちょっとコレは羨ましいですよね。

足元空間が狭い新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席ですが、このように機能や装備が競合車よりも劣るのも気になるところの一つでした。

まとめ:新型ヤリスクロスは長く乗り続けることができる一台

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の内装・インテリアは、このような魅力&デメリットがありました。

■新型ヤリスクロスの内装の魅力

・グレードで異なるインテリアカラー&シート
・運転をサポートする快適アイテムが充実
・充実した安全装備
・多彩なシートアレンジ

■新型ヤリスクロスの内装の欠点

・収納の少なさ
・フロントシートにアームレストの用意はなし
・足元空間が狭い後部座席
・後部座席まわりのUSBポート

後部座席まわりの足元空間の狭さやUSBポートなど気になるところもある新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の内装・インテリアですが、最新の安全装備システムや快適装備など、競合車・ライバル車にはない魅力やメリットも…。

また、多彩なアレンジを備えている荷室・ラゲッジスペースも競合車・ライバル車にはない魅力の一つです。

この新型モデルは、実用的な機能や装備はしっかりと備えていることもあり、長く乗り続けることができるクルマに仕上がっているのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02