新型ヤリスクロスの3つのグレードの特徴は?【魅力や違いを徹底解剖】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)はハイブリッド車3つ、ガソリン車は4つ、合わせて7つのグレードを用意しています。

■新型ヤリスクロスのグレードラインナップ

・Xグレード/XBパッケージ/ハイブリッドX
・Gグレード/ハイブリッドG
・Zグレード/ハイブリッドZ

この新型モデルは、グレードによって外装や内装のデザインだけではなく、シートの形も異なります。なので、座り心地に大きな差が…。

また、この新型モデルは、グレードによって荷室の使い勝手やアレンジ性能にも違いがありました。

そんな新型モデルの各グレードは、どのような特徴を備えていたのでしょうか?また、グレードによって、外装や内装は、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の各グレードの特徴や魅力、違いを分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

Xグレードって、どんなクルマ?【新型ヤリスクロスのグレード比較1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をするのが、”Xグレード/ハイブリッドX”です。

この最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”は専用デザインのシートが用意されるなど、他のグレードにはない魅力が盛り沢山。

そんな新型モデルの最廉価に位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”の魅力や特徴を分かりやすく紹介したいと思います。

他のグレードとの違いが一目で分かる外装

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Xグレードの外装・エクステリア

“Xグレード/ハイブリッドX”の基本的な外装のデザインは、上位モデルと大きく変わりません。

ただ、最廉価モデルのXグレードのみ16インチのスチールホイールを標準装備しています。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

また、上位2つのグレードでは、ロゴの部分に加飾が施されたドア下モールディングを標準装備していましたが、最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”では、加飾がなくシンプルなデザインに…。

■Xグレードのドア下モールディング

そのため、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”は、他のグレードとは一味異なるシンプルさを感じる外装・エクステリアとなっていました。

ホールド感の高いシートが魅力のXグレードの内装

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Xグレードの内装・インテリア

最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”は、ブラックを基調にしたシンプルな内装・インテリアに…。

ダッシュボードの中央に備わっているディスプレイオーディオはベゼルが大きい7インチサイズに、また、ハンドルはシンプルなウレタン素材になっており、お世辞にも高級感のある内装とは言えません。

ただ、スポーツシートのような背筋がピンと伸びるようなホールド感の高い”ヘッドレスト一体型シート”を採用しているのは、最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”の内装・インテリアの良いとことだと思いました。

■Xグレードのフロントシート

Xグレードの車体本体価格と主な装備

■Xグレードの車体本体価格

■Xグレードの主要装備

価格の安さが魅力の新型ヤリスクロスの最廉価モデル”Xグレード”の詳細レビューは、こちらにまとめてあります。

最廉価モデルのXグレードをもっと詳しく確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Gグレードってどんなクルマ?【新型ヤリスクロスのグレード比較2】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をするのが、機能&装備と価格のバランスの良さが魅力の”Gグレード/ハイブリッドG”です。

機能や装備が充実していて、高い満足感を得られることができる中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”ですが、外装や内装には次のような特徴がありました。

飽きのこないシンプルモダンな外装・エクステリア

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの外装

最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”では、フルホイールキャップ付きのスチールホイールを履いていましたが、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、16インチサイズのアルミホイールを標準装備。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

ただ、このGグレード/ハイブリッドGは、シルバー塗装を施したホイールを装着していることもあり、老若男女問わず幅広い層に愛されるシンプルモダンなスタイルに…。

また、ロゴ部分が加飾されたドア下モールディングも良いアクセントになっていて、最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”よりもワンランク上の上質感&高級感を演出しているのも好印象でした。

充実した機能や装備が魅力の内装

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの内装・インテリア

この新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”の内装・インテリアは、最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”と同じブラックを基調にした内装・インテリアとなっています。

ただ、ハンドル・スタリングホイールが本革仕様になるなど、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXよりも高級感&上質感がただようシックな内装・インテリアに…。

また、後部座席の中央部分のみを収納することができる”4対2対4分割方式”の後部座席や6対4分割方式のデッキボードを活かした多彩な荷室アレンジを用意しているのも、中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の良いところでした。

Gグレードの車体本体価格と主な装備

■Gグレードの車体本体価格

■Gグレードの主要装備

充実した快適装備などなど…新型ヤリスクロス(YARISCROSS)中間モデルの”Gグレード”は、ここには書ききれなかった魅力がまだまだたくさんあります。

中間モデルのGグレードをもっと詳しく確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Zグレードって、どんなクルマ?【新型ヤリスクロスのグレード比較3】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をするのが、都市型SUVと呼ぶのに相応しい高級感あふれるデザインが魅力の”Zグレード/ハイブリッドZ”です。

そんな新型モデルの最上位に位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”を確認してみたところ、次のような特徴&魅力を備えていました。

街中で映えるスタイリッシュな外装

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Zグレードの外装・エクステリア

最上位モデルのZグレードは3つのグレードの中で唯一、切削加工&ブラック塗装を施したスタイリッシュなアルミホイールを標準装備。

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、他のグレードよりもひと回り大きい18インチタイヤを装着。

■Zグレードのタイヤ

洗練さと迫力を兼ね備えたワンランク上のサイドスタイルになっていました。

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、LEDヘッドライトが標準装備になるなど、他のグレードよりもワンランク上の先進アイテムが備わっているのも好印象でした。

ブラウンを基調にしたお洒落な内装

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■Zグレードの内装

最廉価モデルのXグレードや中間モデルのGグレードでは、ブラックを基調にしたシックな内装・インテリアをしていましたが、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、ブラウンを基調にしたお洒落なデザインに…。

また、シートも、サイドに合成レザーをあしらった高級感のあるデザインに…。

■Zグレードのシート

他のグレードよりも高級感があり、快適で居心地の良い車内空間になっていました。

また、シートヒーターなどZグレードのみに用意されているアイテム&機能も多数あり、機能や装備が充実しているのも好印象でした。

Zグレードの車体本体価格と主な装備

■Zグレードの車体本体価格

■Zグレードの主要装備

他のグレードにはない先進のアイテムなど、新型ヤリスクロス(YARISCROSS)中間モデルの”Zグレード”は、ここには書ききれなかった魅力がまだまだたくさんあります。

最上位モデルのZグレードをもっと詳しく確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ:グレードによって特徴が異なる新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の各グレードの特徴や魅力を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルはグレードによって、内外装のデザインや機能&装備に大きな差が…。

グレード選びをする際は、グレードによる内外装のデザインや機能&装備の違いに注目をするのが良さそうですね。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ハイブリッド車とガソリン車を用意していますが、外装や内装に違いがあります。

このハイブリッド車とガソリン車の外装&内装の違いも要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02