ファミリーカーとしては物足りない!新型ヤリスクロスの収納&小物入れをチェック

ベースとなっているコンパクトカーのヤリス(YARIS)よりもボディサイズがひと回り広くなった新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ファミリーカーとして使っても十分に満足できる居住スペースを備えています。

また、広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースも、ベースになっているヤリス(YARIS)にはない魅力&メリットの一つです。

ただ、車内に用意されている収納スペース・小物入れに関しては、ちょっと物足りなさが…。また、サイズも全体的に小さい感じが…。

そんな新型モデルには、どのような収納スペース&小物入れを用意していたのでしょうか?また、このクルマの車内に用意されている収納スペース&小物入れの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている収納スペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

運転席まわりの収納の使い勝手は?【新型ヤリスクロスの収納スペースをチェック】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のダッシュボード・運転席まわりは、このようなデザインになっています。

■ヤリスクロスのダッシュボード

都市型SUVと呼ぶのに相応しいスタイリッシュなデザインになっているこの新型モデルの内装・インテリアですが、運転席まわりの収納スペース・小物入れを確認してみたところ、次のようになっていました。

スマホを置くのに便利なフロントコンソールボックス

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、センターコンソールの前方にボックス型の収納スペース・小物入れ”フロントコンソールボックス”を用意しています。

■新型ヤリスクロスのフロントコンソールボックス

奥行きはスマホを入れてピッタリくらいなので、それ程大きくありません。

ただ、このフロント近ロールボックスのすぐ上にUSBポートがあるため、充電するためのスマホやiPhone置き場として重宝するのかなと思いました。

薄型アイテムを置くのに重宝をするセンターオープントレイ

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)には、ディスプレイオーディオの真下に薄型アイテムを置くのに重宝をする”センターオープントレイ”を用意しています。

■新型ヤリスクロスのセンターオープントレイ

ご覧いただければ分かると思いますが、このクルマに用意されているセンターオープントレイは高さがあまりないため、スマホや女性の長財布など収納するアイテムは限られてしまいます。

ただ、このセンターオープントレイは窪み(くぼみ)が深くなっており、収納したアイテムが落ちにくくなっているのは好印象でした。

平均的なサイズを確保しているグローブボックス

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているグローブボックスの広さは、このようになっています。

■新型ヤリスクロスのグローブボックス

オーソドックスなデザインになっていたこの新型モデルのグローブボックスですが、収納量はまずまずで、大きいサイズのボックスティッシュがちょうどスッポリと収納することができるくらいのサイズ感になっていました。

様々な用途に使用可能なセンターコンソールボックス

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の運転席と助手席の間には、様々な用途に使用することができるセンターコンソールボックスを用意しています。

■新型ヤリスクロスのセンターコンソールボックス

この新型モデルのセンターコンソールボックスの底面は、2つ穴があいており、ドリンクホルダーやスマホ置き場として使うことができます。

また、この新型モデルに用意されているセンタコンソールボックス自体は意外と広く、薄型のボックスティッシュや大きめのポーチなどを置けるようになっていたのも好印象でした。

大きいアイテムを収納するのに重宝するシートアンダートレイ

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の助手席の下には、引き出して使用をする”シートアンダートレイ”を用意しています。

写真を取り忘れてしまったのですがこの新型モデルのシートアンダートレイは深さも十分で、運転用の靴や折り畳み傘などを置いておくのに重宝する感じが…。

また、車検証など普段はあまり使わないアイテムを収納しておくのも、良いアイディアなのかなと思いました。

サイズの小ささが気になるドア内側パネルのポケット

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のフロントシートのドア内側パネルには、ペットボトルを収納することができるドリンクホルダーとポケットが用意されています。

■新型ヤリスクロスのドア内側パネル ポケット

ただ、この新型モデルのドア内側パネルのポケットはサイズが小さいため、思ったよりも使い勝手はよくないのかなと思ってしまいました。

後部座席まわりの使い勝手は?【新型ヤリスクロスの収納スペースをチェック】

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている後部座席まわりの収納スペース&小物入れのサイズや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されている後部座席まわりの収納スペース&小物入れを確認してきたので、紹介したいと思います。

ちょっとしたアイテムの収納に便利なリヤコンソールボックス

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のセンターコンソールの後方には、ボックス型の収納スペース”リヤコンソールボックス”が用意されています。

■新型ヤリスクロスのリヤコンソールボックス

この新型モデルに用意されているリヤコンソールボックスはサイズが小さく、ミントタブレットやガムなど収納できるアイテムが限られてしまうのが少々残念でした。

使い勝手の良いセンターアームレストのドリンクホルダー

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の上位モデルは、後部座席の中央をセンターアームレストとして使うことができるのですが、このセンターアームレストには、ドリンクホルダーが2個用意されています。

■センターアームレスト部分のドリンクホルダー

センターアームレスト部分のドリンクホルダーは、2つの穴が繋がっており、小物入れやスマホ置き場としても使えるデザインに…。

この新型モデルは、後部座席まわりの収納スペースがそれほど多くないので、様々な用途で使うことができるドリンクホルダーは、重宝するのかなと思いました。

ちなみに、後部座席の中央をセンターアームレストとして使える4対2対4分割方式の後部座席を採用しているのは、FF車のGグレード/ハイブリッドG以上のモデルです。

FF車の最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”や4WD車では、オーソドックスな6対4分割方式となっており、後部座席の中央をセンターアームレストとして使うことができないので、ご注意くださいね。

最上位モデルにはシートバックポケットを用意

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、助手席側のシートバックに雑誌やタブレット端末を収納するのに便利なシートバックポケットを用意しています。

■新型ヤリスクロスのシートバックポケット

ただ、助手席シートバックポケットを用意しているのは、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみ。下位モデルには、シートバックポケットが用意されていなので、ご注意くださいね。

収納力に限りがあるドア内側パネルのポケット

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、後部座席のドア内側パネルの下部には、フロントシートと同様に収納スペースを用意しています。

■新型ヤリスクロスのドア内側パネルのポケット

ただ、この新型モデルに用意されている後部座席用のドア内側パネルの収納スペースは、フロントシートのものよりも一回り小さいサイズに…。

なので、ペットボルトを収納すると、他のアイテムを収納することができません。

個人的には、ドリンクホルダー+αくらいの余裕は欲しいなと思ったのですが、このクルマのサイズを考えると、このくらいの広さになってしまうのは、仕方ないのかもしれませんね。

まとめ:数&使い勝手ともに少し物足りない新型ヤリスクロスの収納スペース

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、車内のデッドスペースを活かして、様々な収納スペース・小物入れを用意していました。

新型ヤリスクロスの収納スペースの特徴

・数は必要最小限
・サイズも全体的に小さめ

この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えているだけに余計に収納スペース・小物入れの使い勝手の悪さが際立っている感じが…。

個人的には、荷室だけでなく収納スペース・小物入れの使い勝手にも、もう少しこだわって欲しかったなと、実際にこのクルマをを見て感じてしまいました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、収納スペース・小物入れの数や配置、使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする