新型ヤリスクロスのサイズ&車内の広さ【ヤリスとの違いを比較してみた】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、コンパクトSUVの中では小さめのボディサイズになっています。

ただ、この新型モデルのベースになっている人気コンパクトカーのヤリス(YARIS)と比較すると、ひと回り大きいボディサイズに…。

また、車内の広さにも違いがありました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルのボディサイズの大きさ&車内の広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、ベースとなっている人気コンパクトカーとのボディサイズ&車内の広さの差は、どれくらいだったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のボディサイズ&車内の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスとヤリスのボディサイズを比較

トヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”とベースとなっているコンパクトカーの”ヤリス(YARIS)”のボディサイズを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスとヤリスのサイズ比較
グレード:ハイブリッドZ

ヤリスよりも存在感がある新型ヤリスクロス

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、全高/全幅/全高すべてのサイズがベースモデルの”ヤリス(YARIS)”よりもひと回り大きくなっています。

■新型ヤリスクロスの外装

■新型ヤリスの外装

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースとなっている”ヤリス(YARIS)”よりも存在感のある外装・エクステリアになっていました。

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ヤリス(YARIS)よりも240mmほど全長が長くなっているのですが、そのほとんどがフロントオーバーハングとリヤオーバーハングに充てられています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースとなっている新型ヤリス(YARIS)よりもひと回り大きくて、使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースとなっていました。

ホイールベースの違いはタイヤの大きさが原因

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)とベースのヤリス(YARIS)は、ホイールベースが10mmほど長くなっています。

ただ、これは、タイヤサイズが影響しているようです。

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ベースとなっているヤリス(YARIS)よりもひと回り大きい18インチサイズのタイヤ&ホイールを用意しています。

■新型ヤリスクロスの18インチタイヤ

ただ、ヤリスのホイールベースのままでは、この新型モデルに用意されている大径タイヤ&ホイールが、車内の広さや快適性が妨げてられてしまうため、フロントタイヤを8mmほど前に移動したようですよ。

運転席からの見晴らしが良い新型ヤリスクロス

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ベースとなっているコンパクトカー仕様のヤリス(YARIS)よりも最低地上高が35mmほど高くなっています。

そのおかげもあり、この新型モデルはSUVらしい見た目に…。

また、この新型モデルは運転席からの見晴らしが良く、運転がしやすくなっていたのも好印象でした。

ただ、最低地上高が高いこの新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの開口部が競合車・ライバルさ車の中でも少し高かめの設定になっています。

なので、スーツケースやベビーカーなどの重たい荷物を頻繁に積み込む方は、荷室・ラゲッジスペースに高さにご注意くださいね。

新型ヤリスクロスとヤリスの車内の広さを比較

ベースの新型ヤリス(YARIS)よりも全長が240mmほど大きくなっていたSUV仕様の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、車内も広くなっていたのでしょうか?

この新型モデルと新型ヤリスの車内の広さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ヤリスクロスとヤリスの車内の広さを比較

新型ヤリスクロスとヤリスの室内長&室内幅は全く同じ

全長が240mm異なる新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)と新型ヤリスですが、室内の長さや横幅に関しては、まったく同じ広さになっていました。

ただ、コンパクトカー仕様の新型ヤリスよりもSUV仕様の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の方が全高が25mmほど高くなっているおかげで、後部座席に座った時の窮屈感や圧迫感が軽減されているのは、好印象でした。

後部座席の着座位置は新型ヤリスクロスの方が高め

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ベースとなっている新型ヤリス(YARIS)よりも全高が高いこともあり、後部座席の着座位置が20mmほど高くなっており、660mmに設定。

■新型ヤリスクロスの後部座席

そのおかげもあり、ベースの新型ヤリス(YARIS)よりも開放感のある後部座席になっていました。

また、新型モデルとヤリス(YARIS)の前後間の距離(フロントシートと後部座席の距離)は全く同じ広さなのですが、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の着座位置が高くなったおかげで、足の収まりが良くなっていたのも好印象でした。

まとめ:サイズ以上の存在感がある新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたコンパクトSUV仕様の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)と、ベースになっているコンパクトカーのヤリス(YARIS)のボディサイズを比較してみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型ヤリスクロスのボディサイズのまとめ

・ベースのヤリスよりもひと回り大きいボディサイズ
・ホイールベースの長さはほとんど変わらない
・最低地上高が高くSUVらしい見た目に…
・ヤリスよりも快適な後部座席まわり

ベースになっているコンパクトカーのヤリス(YARIS)よりも全長/全幅/全高よりもひと回り大きくなっている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、迫力のある見た目に…。

また、天井が高く、後部座席まわりの居住性に優れているのも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02