機能&装備に大きな差が!新型ヤリスクロスのGとXグレードの内装の違いを比較

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルの”Gグレード”と最廉価モデルの”Xグレード”は、ブラックの内装・インテリアをしています。

ただ、この2台のモデルは、機能や装備にも大きな差が…。

なので、中間モデルのGグレードと最廉価モデルのXグレードでは、車内の雰囲気や高級感に大きな違いがありました。

中間モデルの”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、GグレードとXグレードの内装・インテリアには、どのような差があるのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”の内装・インテリアを違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのGグレードとXグレードの内装をチェック

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルの”Gグレード”と最廉価モデルの”Xグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

機能&装備で大きく劣るXグレード

最廉価モデルに位置をする”Xグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■Xグレードの内装

最廉価モデルのXグレードでも、スマホを繋ぐだけでナビとして使うことができるディスプレイオーディオを標準装備するなど、基本的な機能&装備はしっかりと用意されています。

ただ、エアコンがマニュアルになるなど、上位モデルと比較すると、機能や装備が少し劣るのでご注意を…。

機能や装備が充実しているGグレードの内装

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの内装・インテリア

中間モデルのGグレードは、最廉価モデルのXグレードと同じブラックの内装色を採用しています。

ただ、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールやフルオートエアコンなど、Xグレードよりも機能や装備が充実しています。

また、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用するなど使い勝手に優れているのも、Gグレードの魅力の一つですよ。

新型ヤリスクロスのGグレードとXグレードの内装はドコが違う?【実車画像で比較】

このようなデザインになっている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードの内装・インテリアですが、どのパーツ&装備に違いがあったのでしょうか?

この2台のモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

ダッシュボード【GグレードとXグレードの内装の違い1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードの内装の大きな違いの一つが、ダッシュボードのデザインです。

この新型モデルは、Gグレード/Xグレードどちらもオーソドックスなブラックの内装色を採用しています。

■Xグレードのダッシュボード

■Gグレードのダッシュボード

どちらもブラックを基調にしたダッシュボーを採用しているのですが、中間モデルの”Gグレード”のみシフトレバーや助手席側のパネル、ドア内側パネルにシルバーをあしらっています。

■Xグレードのシフトレバー

■Gグレードのシフトレバー

そのおかげもあり、中間モデルのGグレードの内装・インテリアは、最廉価モデルのXグレードよりも高級感のあるデザインになっていました。

ハンドル【GグレードとXグレードの内装の違い2】

ダッシュボードのデザインが異なる新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードですが、運転席まわりの装備&アイテムも違いがありました。

その一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

中間モデルに位置をする”Gグレード”では本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを備えていたのに対し、最廉価モデルのXグレードでは、ウレタン製に…。

■Gグレードのハンドル

■Xグレードのハンドル

そのため、GグレードとXグレードは、見た目の高級感やグリップ感に大きな差がありました。

ディスプレイオーディオ【GグレードとXグレードの違い3】

また、ダッシュボードの中央に備わっているディスプレイオーディオも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”の違いの一つです。

最廉価モデルのXグレードでは、7インチサイズのディスプレイオーディオを備えていました。

■Xグレードのディスプレイオーディオ

一方、中間モデルのGグレードは、仮面サイズがひと回り大きい8インチサイズのディスプレイオーディオを標準装備。

■Gグレードのディスプレイオーディオ

そのため、Gグレードのディスプレイオーディオの方が視認性が良いです。

また、中間モデルのGグレードのディスプレイオーディオは、ベゼルが薄くスタイリッシュなデザインになっているのも好印象でした。

エアコン【GグレードとXグレードの内装の違い4】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、エアコン/ヒーターも異なります。

最廉価モデルのXグレードでは、シンプルなマニュアルエアコンを標準装備。

■Xグレードのエアコン

一方、中間モデルのGグレードでは、使い勝手&快適性に優れるフルオートエアコンを標準装備。

■Gグレードのエアコン

また、Gグレードのフルオートエアコンでは、燃費性能を優先する”エコ ヒートクルー(ECO/HTEA COOL)”を備えるなど機能性に優れているにも好印象でした。

USBポート【GグレードとXグレードの内装の違い5】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードでは、スマホやiPhoneを充電するのに重宝をするUSBポートの数も異なります。

最廉価モデルに位置をするXグレードは、ディスプレイオーディオーに繋ぐための”接続用”のUSBポートのみ用意。

■XグレードのUSBポート

一方、中間モデルに位置をする”Gグレード”は、”接続用”のUSBポートに加えて、2.1Aまで対応の”充電用”のUSBポートも搭載。

■GグレードのUSBポート
このように車内の快適性&利便性を高める便利アイテムも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードの大きな違いの一つなのかなと思いました。

バックモニター【GグレードとXグレードの内装の違い6】

また、駐車や後退をする時に後方の視界をサポートしてくれるバックモニターも、GグレードとXグレードの違いの一つです。

中間モデルのGグレードでは、バックモニターが標準装備されているのに対し、最廉価モデルのXグレードではオプション設定に…。

このように最廉価モデルのXグレードは、他のグレードでは標準装備されている機能やアイテムが、オプション設定になっているのでご注意くださいね。

スピーカー【GグレードとXグレードの内装の違い7】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードでは、スピーカーの数が異なります。

上位モデルに位置をする”Gグレード”では、後部座席も含めて6つのスピーカーを標準装備しているのに対し、最廉価モデルのXグレードに用意されているスピーカーは2個のみ。

フロントシート【GグレードとXグレードの内装の違い8】

また、フロントシート(運転席/助手席)も、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードとXグレードの大きな違いの一つです。

最廉価モデルのXグレードは、スポーティーさが漂う”ヘッドレスト一体型”のフロントシートを採用。

■Xグレードのフロントシート

一方、中間モデルのGグレードは、ヘッドレストを取り外しすることができるオーソドックスなセパレートシートを標準装備。

■Gグレードのフロントシート

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードと最廉価モデルのXグレードのフロントシートは、異なる座り心地になっていました。

後部座席【GグレードとXグレードの内装の違い9】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルのGグレードと最廉価モデルのXグレードは、後部座席も異なります。

最廉価モデルのXグレードは、オーソドックスな6対4分割方式の後部座席を標準装備しています。

■Xグレードの後部座席

一方、中間モデルに位置をするGグレードは、長尺物を積み込むのに便利な4対2対4分割方式の後部座席を採用。

■Gグレードの後部座席

また、Gグレードは、後部座席の中央部分の背もたれを前方に倒すと快適性を高めてくれるアームレストに早変わりするのも好印象でした。

デッキボード【GグレードとXグレードの内装の違い10】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”の大きな違いの一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

上位モデルに位置をする”Gグレード”では、後部座席の高さを調節することができるデッキボードが標準装備されています。

■Gグレードの荷室

一方、最廉価モデルのXグレードでは、デッキボードの用意はなし。

■Xグレードの荷室

なので、最廉価モデルのXグレードは、後部座席を収納すると、大きな段差が生じてしまいます。

この後部座席の使い勝手の違いも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”の内装・インテリアの大きな違いの一つなのかなと思いました。

まとめ:機能や装備に大きな差がある新型ヤリスクロスのGグレードとXグレード

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”と最廉価モデル”Xグレード”の内装・インテリアを比較したところ、このような違いがありました。

■新型ヤリスクロスのGとXの内装の違い

・ダッシュボードの加飾
・ハンドル
・エアコン/ヒーター
・ディスプレイオーディオ
・USBポート
・バックモニター
・スピーカー
・フロントシート
・後部座席
・デッキボード

この新型モデルのGグレードとXグレードでは、車内の高級感だけではなく、後部座席や荷室の使い勝手に大きな違いが…。

200万円を切るXグレードの価格は魅力ですが、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力や良さを最大限に味わいたいのなら、上位モデルに位置をする”Gグレード”の方なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02