新型ヤリスクロス ハイブリッドとガソリンの内装の違いは多い【実車画像で比較】

2020年8月にトヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の外装・エクステリアに関しては、ハイブリッド車とガソリン車でほとんど違いはありません。

ただ、内装・インテリアに関しては、主要アイテム&アイテムにも違いがあり、予想以上の差が…。

そんな新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車の内装は、どのような違いがあったのか?

トヨタからデビューを果たした人気車種新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアの主な違いを、実車画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロス ハイブリッドとガソリン車の内装のデザインをチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■ハイブリッド車の内装
グレード:ハイブリッドZ

■ガソリン車の内装
グレード:Zグレード

上質感を演出した居心地の良い内装

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、街中を颯爽と走り抜けることを想定した”都市型SUV”と言うことで、ギア感やチカラ強さよりも、上質感や居心地の良さ目指したデザインに…。

特にダークブラウンを基調にした最上位モデル”ハイブリッドZ/Zグレード”の内装・インテリアは、他のグレードよりもコンパクトカーの”ヤリス(YARIS)”をベースにしたSUVとは思えないほど高級感&上質感のある内装・インテリアになっていました。

ちなみに、この新型モデルは、メーターのデザインやシートの形状などグレードによって様々な違いがあります。

また、グレードによっては、後部座席の中央に専用のアームレストが用意されていないなど、快適装備にも大きな差があるので、ご注意くださいね。

新型ヤリスクロスの内装【ハイブリッドとガソリン車の違いとは?】

このようなデザインになっていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアですが、装備やパーツを見比べてみると、様々な違いがありました。

そんな新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアの違いを、紹介したいと思います。

メーター【ハイブリッド車とガソリン車の内装の違い1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアで大きく異なるのが、メーターのデザインです。

■ハイブリッド車のメーター

■ガソリン車のメーター

グレードによってメーターのデザインは異なるのですが、ハイブリッド車では、エネルギーの出力&回生状況を表す”パワーインジケーター”が全グレードに標準装備されています。

■ハイブリッド車のパワーインジケーター

一方、ガソリン車には、パワーインジケーターの代わりにエンジンの回転数を表す”タコメーター”を搭載。

■ガソリン車のタコメーター

そのため、ハイブリッド車とガソリン車では、メーターの雰囲気やテイストに若干の違いがありました。

ちなみに、この新型モデルでは、燃費や航続可能距離など様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイも用意されています。

ただ、このマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も、ハイブリッド車とガソリン車で異なるのでご注意くださいね。

ディスプレイオーディオ【ハイブリッドとガソリンの違い2】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、スマホを接続するとナビとしても活用することができる”ディスプレイオーディオ”が全グレードに標準装備されているのですが、ハイブリッド車とガソリン車では、機能が若干異なります。

■新型ヤリスクロスのディスプレイオーディオ

この新型モデルのハイブリッド車では、ディスプレイオーディオの大画面でエンジンやモモーター、バッテリー間での”エネルギーモニター画面”が用意sれています。

■ハイブリッド車のエネルギーモニター画面

また、ハイブリッド車では、トリップインフォメーション画面で減速によって回収したエネルギー量を確認することができるのも特徴の一つです。

■ハイブリッド車のトリップインフォメーション

一方、ガソリン車では、平均燃費や経過時間、航続可能距離を表す画面は用意されいるものの、ハイブリッド車のようにエネルギーモニター画面などの用意はありません。

■ガソリン車のトリップインフォメーション

このようにハイブリッド車とガソリン車では、ディスプレイオーディオの表示画面が異なるので、ご注意くださいね。

シフトレバー【ハイブリッド車とガソリン車の内装の違い3】

運転席と助手席の間に用意されているシフトレバーも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つです。

この新型モデルでは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも操作がしやすいストレートゲート式のシフトレバーを標準装備しています。

■ハイブリッド車のシフトレバー

■ガソリン車のシフトレバー

ただ、ガソリン車のみ手動でシフトアップ&シフトダウンを行うことができる”マニュアルモード”を用意。

■ガソリン車のマニュアルモード

そのため、キビキビとした走破性や運転をする楽しさに関しては、ガソリン車の方が一枚も二枚も上手なのかなと思いました。

シートの作り【ハイブリッド車とガソリン車の内装の違い4】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアを見比べて驚いたことの一つが、シートです。

こちらの画像を見て頂ければ分かると思うのですが、今回デビューを果たしたこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車では、後部座席のシートの作りに違いがあります。

■ハイブリッド車の後部座席

■ガソリン車の後部座席

そのため、座面に厚みのあるガソリン車の後部座席の方が、もっちりとしたクッション性の良い座り心地に…。

この後部座席の座り心地の良さ&クッション性も、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

オプション【ハイブリッド車とガソリン車の内装の違い5】

また、トヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”のハイブリッド車とガソリン車では、装着できるオプションにも違いがありました。

その一つが、トヨタチームメイトです。

この新型モデルでは、ハンドルの自動操舵だけではなく、アクセルとブレーキの操作も自動で行ってくれる駐車支援システム”トヨタチームメイト”を用意していますが、この機能を装着することができるのは、ハイブリッド車のみです。

【ヤリスクロス】トヨタ チームメイト

また、荷室・ラゲッジスペースの壁面にAC100V/1500Wまで対応のアクセサリーコンセントを装着することができるのも、ハイブリッド車のみです。

■ハイブリッド車のアクセサリーコンセント

このように装着することができるアイテムに違いがあるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

まとめ:内装の装備や機能に様々な違いがある新型ヤリスクロス

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアを見比べてみたところ、主要な機能や装備に様々な違いがありました。

■ハイブリッド車とガソリン車の内装の主な違い

・メーター
・ディスプレイオーディオ
・シフトレバー
・後部座席の作り
・用意されているオプション

このようにこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車では、主要アイムや装備、オプションに様々な違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする