予想以上の使いやすさ!新型ヤリスクロスの荷室の特徴&アレンジを実車画像で徹底解剖

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力&メリットの一つと言えば何といっても、広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。

この新型モデルのFF車の上位グレードは、競合車・ライバル車と比較にならないほど多彩なアレンジが用意されており、荷物の量や大きさに応じて、荷室の形を自由自在に変更することが可能です。

また、コンパクトSUVで初となる機能が備わっていたのも好印象でした。

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの荷室は、どのような特徴&アレンジを備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルに用意されている荷室・ラゲッジルームの特徴や魅力、使い勝手を、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロス(FF車)の荷室【他のモデルにはない特徴&魅力とは?】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の上位モデル”Gグレード”&”Zグレード”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型ヤリスクロスの荷室
グレード:Zグレード(FF車)

ベースとなっているコンパクトカーのヤリス(YARIS)よりも一回り広くなっているこの新型モデルの荷室ですが、FF車の上位モデルは、次のような特徴&魅力を備えていました。

高さを調節できるデッキボードを装着【FF車の荷室の特徴1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の上位モデルに備わっている荷室&ラゲッジスペースの特徴&魅力の一つは、2段階から高さを調節することができるデッキボードを荷室フロアに備えていることです。

そのため、積み込む荷物の量や大きさに応じて、このように荷室・ラゲッジスペースの高さを調整することができます。

■デッキボードを上段に設置した時の様子

■デッキボードを下段に設置した時の様子

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の上位モデルに備わっているデッキボードは、ちょっと珍しい6対4分割方式となっています。

なので、このようにデッキボードの片方だけを下段に設置するなんてことも可能です。

デッキボード自体はそれほど珍しいアイテムではありませんが、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の上位モデルは、荷物の大きさや量、種類によって、より細かな荷室アレンジができるようになっていたのには好感が持てました

4対2対4分割方式の後部座席を採用【FF車の荷室の特徴2】

また、競合車・ライバル車で良くある6対4分割方式ではなく、このクラスではちょっと珍しい4対2対4の3分割できる後部座席を採用しているのも、この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の特徴&魅力の一つです。

■4対2対4分割方式の新型ヤリスクロスの後部座席

そのため、この新型モデルでは、後部座席の中央部分のみを収納して、”4人乗車+長尺物”なんて、アレンジをすることもできちゃいます。

■新型ヤリスクロスの4人乗車+長尺物のアレンジ

また、後部座席の中央を全部収納して、荷室・ラゲッジスペースをフルフラットにすることもできちゃいます。

■フルフラットにした時の新型ヤリスクロスの荷室

このように荷物の量や大きさに応じて様々な荷室アレンジをすることができるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの魅力やメリットの一つなのかなと思いました。

足で開閉できるハンズフリー機能を搭載【FF車の荷室の特徴3】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の上位モデルでは、足の動きを検知して、自動でバックドアを開閉する”ハンズフリー機能付きのパワーバックドア”をオプションで装着することができるのも魅力の一つです。

私も実際にこの新型モデルに用意されているパワーバックドアのハンズフリー機能を確かめてみたのですが、ハリアーに搭載されていたものよりもレスポンス&開閉速度が速く、使い勝手が格段に良くなった感じが…。

【ヤリスクロス】ハンズフリーパワーバックドアの使い方

荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込まない方は、わざわざオプションでハンズフリー機能付きのパワーバックドアを装着する必要はありません。

ただ、キャンプやバーベキューなど両手いっぱいに荷物を抱える機会が多い方には、足の出し入れだけで荷室の扉を開閉することができるこのハンズフリー機能付きのパワーバックドアは、非常に助かるアイテムなのかなと思いました。

新型ヤリスクロス(FF車)の荷室の使い勝手は?【アレンジを実車画像でチェック】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の上位モデルは、高さを調節することができるデッキボードや4対2対4の後部座席を活かした荷室アレンジを用意しています。

なので、この新型モデルのFF車の上位グレードのアレンジは、他のグレードとは比べものにならないほど多いです。また、使い勝手も良かったです。

この新型モデルのFF車の上位グレードでは、どのような荷室アレンジを用意していたのでしょうか?実車画像を使って、この新型モデルの荷室アレンジを紹介したいと思います。

スタンダードモード【FF車の荷室アレンジ1】

後部座席を収納しないノーマルモード時(5人乗車時)の新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■ノーマルモード時の荷室・ラゲッジスペース
デッキボードの高さ:上段

高さを調整できるデッキボードを上段に設置すると、荷室・ラゲッジスペースの掃き出し口と同じ高さに…。

そのため、荷物の積み下ろしをスムーズに行えます。

一方、デッキボードを下段に設置すると、荷室・ラゲッジスペースの開口部よりも一段低くなり、深さが増します。

■ノーマルモード時の荷室・ラゲッジスペース
デッキボードの高さ:下段

背の高い荷物を積み込む時だけではなく、ボールなどの転がりやすいアイテムを収納する時にもこの深さのあるラゲッジスペースは、重宝するのかなと思いました。

4:2:4モード【FF車の荷室アレンジ2】

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の上位モデルに用意されている”4:2:4モード”とは、後部座席の中央部分のみを収納した長尺物を積み込むのに便利な荷室アレンジです。

■4:2:4モードの荷室
デッキボードの高さ:上段

■4:2:4モードの荷室
デッキボードの高さ:下段

後部座席の中央部分を収納すると、ダッシュボードまで貫通する広々とした空間が…。

これなら、釣り竿やスキー板などもラクラク収納することができそうですよね。

また、デッキボードを上段に設置すると、収納した後部座席の中央部分との段差がないフルフラットなスペースとなるのも好印象でした。

6:4モード【FF車の荷室アレンジ3】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、大きい荷物を積み込むのに便利な”6:4モード”の荷室アレンジも用意しています。

こちらは、後部座席の片側+中央を収納した3人乗車をイメージした”6:4モード”の荷室・ラゲッジスペースです。

■6:4モード(後部座席の片側+中央収納時)
デッキボードの高さ:上段

■4:2:4モードの荷室(後部座席の片側+中央収納時)
デッキボードの高さ:下段

後部座席の片側+中央部分を収納すると、積載スペースがかなり広くなりますね。

また、デッキボードの高さを調整することによって、段差をなくすことができるので、使い勝手もかなり良い感じが…。

一方、こちらは、4人乗車することができる後部座席の片側のみを収納した”6:4モード”の荷室・ラゲッジスペースです。

■6:4モード(後部座席の片側収納時)
デッキボードの高さ:上段

■4:2:4モードの荷室(後部座席の片側収納時)
デッキボードの高さ:下段

後部座席の片側のみを収納する”6:4モード”は多くのクルマに用意されているオーソドックスな荷室アレンジです。

ただ、デッキボードの高さを自由自在に変更することができる新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の方が競合車よりも、6:4モード時の使い勝手も良いように感じました。

フルフラットモード【FF車の荷室アレンジ4】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の後部座席の背もたれをすべて収納すると、広大なラゲッジ空間が目の前に広がる”フルフラットモード”になります。

■フルフラットモード
デッキボードの高さ:上段

■フルフラットモード
デッキボードの高さ:下段

この新型モデルは背もたれに厚みがあるためか、後部座席部分は水平ではなく手前下がりになっていますが、デッキボードを上段に設置すると段差のないフラットとな荷室・ラゲッジスペースに…。

この新型モデルはヤリス(YARIS)をベースにしたコンパクトSUVなので、後部座席を収納しても車中泊をするには少し奥行きが足りません。

ただ、このフルフラットモードは、大きい荷物を積み込むのには重宝するアレンジなのかなと思いました。

まとめ:多彩なアレンジを用意している新型ヤリスクロスFF車の荷室

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザイン&使い勝手を備えていました。

■新型ヤリスクロスのFF車の荷室まとめ

・2段階から調整できるデッキボードを標準装備
・長尺物も積み込める3分割タイプの後部座席を採用
・ハンズフリー機能付きのパワーバックドアを標準装備

2段階から設定することができるデッキボードと後部座席の中央部分のみも収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を備えたこの新型モデルのFF車の荷室アレンジは、まさに無限大。

使い勝手やアレンジパターンの多彩さに関しては、コンパクトSUVの中でこのクルマに並ぶものはないんじゃないかと思うほど、この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のFF車の荷室・ラゲッジスペースは充実をしていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02