新型ヤリスクロスGグレードの外装の特徴は?実車画像で人気モデルを徹底解剖

トヨタから2020年8月にデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の人気モデルの一つが、中間グレードに位置をする”Gグレード”です。

最廉価モデルのXグレードの外装・エクステリアには少し物足りなさを感じたこの新型モデルですが、中間モデルのGグレードになると、上質感がグッと高まっています。

ただ、中間モデルのGグレードの外装・エクステリアにも残念なところは、ありましたが…。

そんな新型モデルの”Gグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの外装・エクステリアには、どのような特徴があったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”の外装・エクステリアを、実車画像を使って、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

落ち着いた雰囲気のフロントマスク【新型ヤリスクロスGグレードの外装1】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのフロントマスク

※メーカーオプションの18インチアルミホイールを装着しています。

Gグレードは落ち着いた雰囲気のフロントマスクに…

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード”は、フロントグリル部分に艶やのあるピアノブラック塗装を施していたこともあり、高級感ただよう煌びやか(きらびやか)なフロントマスクになっていました。

一方、中間モデルの”Gグレード”は、艶のないマットなブラック塗装のフロントグリルを採用。

■Gグレードのフロントグリル

高級感や上質感と言う点では、ピアノブラック塗装を施した最上位モデルのZグレードに及びませんが、中間モデルのGグレードは、シンプルで落ちついた雰囲気のフロントマスクになっていました。

ヘッドライトはハロゲンを採用

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”のフロントマスクで少々残念だったのが、ヘッドライトです。

最上位モデルの”Zグレード”では、日中の安全性を高めるデイライト付きのLEDヘッドライトを標準装備していましたが、中間モデルのGグレードでは、ハロゲン式のヘッドライトを標準装備。

そのため、中間モデルのGグレードと最上位モデルのZグレードとは、ヘッドライトを点灯した時のフロントマスクの雰囲気に違いが…。

■ヘッドライトを点灯した時のGグレード

■ヘッドライトを点灯した時のZグレード

Zグレードに標準装備されているLEDのヘッドライトは、オプションで用意されているため、Gグレードに装着してアップグレードすることも可能です。

■LEDヘッドライトを装着したGグレード

ただ、ガソリン車で約200万円、ハイブリッド車で約240万円という車体本体価格を見ると、スタイリッシュなLEDヘッドライトを標準装備して欲しかったなと思ってしまいました。

落ち着いた雰囲気のサイドスタイル【新型ヤリスクロスGグレードの外装2】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのサイドスタイル

シルバー塗装を施した専用デザインのホイールを標準装備

最上位モデルのZグレードでは、切削加工&ブラック塗装を施したホイールを履いていたため、スタイリッシュなサイドスタイルになっていましたが、中間モデルのGグレードでは、オーソドックスなシルバー塗装を施したアルミホイールを標準装備。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

また、タイヤ&ホイールサイズも、このカテゴリーでは標準的な大きさとなる16インチに…。

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”は、最上位モデルのZグレードと比較すると、落ち着いた雰囲気のサイドスタイルになっていました。

Gグレードは加飾付きのドア下のモールディング

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、クルマの足元に迫力を持たせる樹脂製のドア下モールディングが標準装備されているのですが、中間モデルの”Gグレード”に備わっているドア下モールディングでは、ロゴ部分に特別な加飾を施したデザインを採用。

■Gグレードのドア下モールディング

シルバー塗装を施した16インチのタイヤ&アルミホイールを履いた中間モデルの”Gグレード”は落ち着いた雰囲気のサイドスタイルになっているのですが、ドア下モールディングの加飾が良いアクセントになっていました。

どっしりと安定感のある後ろ姿【新型ヤリスクロスGグレードの外装3】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”の後ろ姿は、このようなデザインになっていました。

■Gグレードの後ろ姿

リヤコンビネーションランプ部分がブラックアウト化されリヤウィンドウと一体化したようなデザインが印象的なスタイリッシュな後ろ姿に…。

また、この新型モデルを後ろから見ると、フェンダーの張り出しが大きく、SUVらしいどっしりとした安定感のあるデザインになっているのも好印象でした。

テールランプ&ストップランプのみLEDを採用

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルのZグレードはフルLEDのリヤコンビネーションランプが標準装備されていましたが、中間モデルのGグレードでは、テールランプとストップランプのみLEDを搭載したライトを採用。

■Gグレードのリヤコンビネーションランプ

また、最上位モデルのZグレードのリヤコンビネーションランプ、赤いチューブがライン状に光るデザインになっていましたが、中間モデルのGグレードではこの赤いチューブは、残念ながら光りません。

■Gグレードのライトを点灯した時の様子

なので、夜間ドライブをしている時の後ろ姿の印象やスタイリッシュさは、最上位モデルのZグレードと中間モデルのGグレードで大きく異なるのかなと思いました。

まとめ:落ち着いた雰囲気が魅力の新型ヤリスクロスのGグレード

2020年8月にトヨタからデビューを方した新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

中間モデルのGグレードは、シルバー塗装を施したアルミホイールを履くなど最上位モデルのGグレードと比較すると、落ち着いた雰囲気の外装・エクステリアに…。

最上位モデルZグレードにあったようなゴージャス感や迫力は控えめになっていますが、老若男女幅広い年代の方に愛されるシンプルモダンなスタイルになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする