新型ヤリスクロスGグレードの魅力と欠点【価格と装備のバランスが最高】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をしているのが、コスパの良さが魅力の”Gグレード/ハイブリッドG”です。

機能や装備に関しては、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”には及ばない部分もありますが、この”Gグレード/ハイブリッドG”には、最上モデルにはない魅力&メリットが…。

トヨタから新発売をしたこの新型SUVの中間モデル”ハイブリッドG/Gグレード”は、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?逆に、この”ハイブリッドG/Gグレードの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の売れ筋モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力や欠点を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロス Gグレードの魅力&メリットとは?【実車画像で徹底解説】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”ハイブリッドG/Gグレード”は、次のような特徴&魅力を備えていました。

幅広い層に愛されるシンプルな見た目【Gグレードの魅力1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力と言えば、幅広い年齢層の方に愛されそうな落ち着いた雰囲気の外装・エクステリアです。

■Gグレードの外装・エクステリア

この新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”は、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”とは異なりシルバー塗装を施した16インチのアルミホイールを標準装備しています。

■Gグレードの16インチタイヤ

切削加工&ブラック塗装を施した18インチタイヤを標準装備している最上位モデルのZグレードと比べると迫力やスポーティーさは見劣りします。

ただ、中間モデルの”Gグレード”は、最上位モデルの”Zグレード”とは一味異なる落ち着いた雰囲気のサイドスタイルに…。

かと言って、安っぽさも一切ありません。

シンプルで飽きのこない落ち着いたデザインが好みの方には、シルバーの16インチのタイヤ&ホイールをあしらった新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”は、ピッタリなモデルなのかなと思いました。

お値段以上の機能&装備が充実【Gグレードの魅力2】

また、満足度の高い機能&装備を用意しているのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力の一つです。

その一つが、エアコン&ヒーターです。

この新型モデルの最廉価に位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”では、マニュアル式のエアコン/ヒーターが標準仕様となっていましたが、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、2つダイヤルを備えたフルオートエアコンを標準装備。

■Gグレードのフルオートエアコン

また、このGグレード/ハイブリッドGのFF車では、6対4分割方式のデッキボードを標準装備しており、荷物の量や大きさに応じて、荷室の形や高さを自由自在にアレンジすることができます。

このようにお値段以上の機能や装備が備わっているのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

運転席のカスタマイズ【Gグレードの魅力3】

また、運転席も、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の見逃せないポイントの一つです。

Gグレード/ハイブリッドGに標準装備されている運転席は、他のグレードと変わらないオーソドックスなデザインになっています。

ただ、このGグレード/ハイブリッドGでは、手動式でありながらシートの前後位置を記憶しておくことができる”イージーリターンシート”をメーカーオプションで用意。

【ヤリス】アトラクションムービー 運転席イージーリターン機能編

また、運転席を回転させて乗り降りをしやすくする”ターンチルトシート”を、装着することも可能です。

ヤリス(ターンチルトシート)

私も実際にターチルトシートを備えたクルマを試乗することができたのですが、足回りが広くなるため、本当に乗り降りが楽でした。

このように乗り降りがしやすいように運転席をカスタマイズすることができるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、”イージーリターンシート”や”ターンチルトシート”が装着することができるのは、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”のみです。最上位モデルの”Zグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”では、装着することができないのでご注意くださいね。

新型ヤリスクロス Gグレードの欠点&デメリットとは?【実車画像で徹底解説】

このような魅力&メリットを備えている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”ですが、実車を見て、ちょっと残念に感じるところもありました。

中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”を実際に見て残念に感じてしまったところ、欠点は、どこだったのか?包み隠さずお話したいと思います。

快適装備の物足りなさ【Gグレードの欠点1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”を確認して残念だったことの一つが、車内で快適に過ごすための機能&装備が不足していたことです。

例えば、シートヒーター。

最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、真冬の寒い日に重宝をする運転席&助手席のシートヒーターが標準装備されていましたが、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では用意はなし。

■Zグレードのみに用意されているシートヒーター

また、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、シートバックポケットやシートアンダートレイなどの用意もなく、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”と比較すると、収納スペース&小物入れも少なくなっています。

■Zグレードのみに用意されているシートアンダーボックス

このように新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”は、車内で快適に過ごすアイテムが少し不足してるのが、気になるところでした。

先進装備の物足りなさ【Gグレードの欠点2】

また、先進装備が充実していないのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の残念だったことの一つです。

この新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、スムーズな運転をサポートする電子式のパーキングブレーキやオートブレーキホールドは標準装備されています。

■電子式パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

ただ、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”では、ハロゲンヘッドライトが標準装備。

■Gグレードのハロゲンヘッドライト

スタイリッシュな見た目を演出するLEDヘッドライトは、メーカーオプションとなっています。

軽自動車でもLEDヘッドライトが標準装備されていることを考えると、この新型モデルでもLEDヘッドライトは標準装備にして貰いたかったですよね。

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”では、フロントガラスに車速や標識などを表示してくれるヘッドアップディスプレイ(HUD)の用意もありません。

■Zグレードのヘッドアップディスプレイ

このように最新の機能や装備に欠けるのは、中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:お値段以上の機能&装備を備えている新型ヤリスクロスのGグレード

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”は、このようなと魅力や欠点がありました。

■新型ヤリスクロス Gグレードの魅力&特徴

・シンプルスタイリッシュな見た目
・基本的な機能や装備は充実している
・カスタマイズできる運転席

■新型ヤリスクロス Gグレードの欠点&デメリット

・シートヒーターなどの安全装備の用意はなし
・LEDヘッドライトなどの先進装備の用意もなし

多彩なアレンジを楽しめる荷室・ラゲッジスペースや運転を楽にしてくれるオートブレーキホールドなどが備わっているこの新型モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”は、車体本体価格以上の満足度を味わるグレードになっています。

ただ、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”シートヒーター”などの快適装備が用意されていないのは、個人的には、もの凄く残念でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02