選べない色も!新型ヤリスクロスのボディカラーの種類や特徴、デメリットを徹底解説

2020年8月にトヨタからデビューをしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、このクルマのために開発をした新色を含めて15色のボディカラーをラインナップしています。

ただ、グレードによっては、選べることができないボディカラーがあるなど、色々と制約も…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、どのようなボディカラーを用意していたのでしょうか?また、グレードによって、選べるカラーにどのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているボディカラーの種類や特徴、注意点をどこよりも分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスに用意されているボディカラーは?【特徴や注目ポイントを紹介】

こちらが、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているボディカラーです。

■新型ヤリスクロスのボディカラー:モノトーン

・ホワイトパールクリスタリシャイン(※33,000円高)
・シルバーメタリック
・ブラックマイカ
・ダークブルーマイカメタリック
・グレイッシュブルー
・センシュアルレッドマイカ(※33,000円高)
・ベージュ
・ブラスゴールドメタリック

■新型ヤリスクロスのボディカラー:ツートン

・ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック(※55,000円高)
・ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ(※55,000円高)
・ブラックマイカ×シルバーメタリック(※55,000円高)
・ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタリシャイン(※77,000円高)
・ブラックマイカ×ベージュ(※55,000円高)
・ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ(※77,000円高)
・ブラックマイカ×グレイッシュブルー(※55,000円高)

新型ヤリスクロスは15種類のカラーバリエーションを用意

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、モノトーン/ツートンあわせて15色のカラーバリエーションを用意。

ホワイトパールクリスタリシャインやセンシュアルレッド、ブラスゴールドメタリックなど街中で映えるカラーから、汚れを気にすることなく使いこなせるベージュやグレイッシュブルーなどのSUVらしいカラーまで幅広いカラーバリエーションを用意していました。

■街中で映えるセンシュアルレッドマイカ

■SUVらしさを強調したベージュ

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、競合車・ライバル車よりもカラーバリエーションが多く用意されているのも、好印象でした。

■新型ヤリスクロスと競合車のカラーバリエーション比較

2色のボディカラーを新開発

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のボディカラーで注目なのが、このクルマのために新たに開発をされた新色です。

■新型ヤリスクロスで加わった新色

・ブラスゴールドメタリック
・シルバーメタリック

この新型モデルでは、2種類の新色がラインナップに加わっていましたが、ブラスゴールドメタリック”は、鮮やかさが控えめで大人っぽい品のあるゴールドカラーに…。

■新型ヤリスクロスのブラスゴールドメタリック

ゴールドと聞くと、煌びやかで派手な印象を持つかもしれませんが、この”ブラスゴールドメタリック”は、思ったよりも落ち着いたカラーで好印象でした。

また、新たに開発されたシルバーメタリック(カラーコード:1L0)は、今までのシルバーメタリック(カラーコード:1F7)をよりも明るさを抑えた一方、メタリック感が強くなった感じが…。

■新型ヤリスクロスのシルバーメタリック

今までのシルバーメタリックよりも光が当たっている部分と当たっていない部分のコントラストが美しい上品なシルバーカラーになっていました。

このように今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、ふたつの新色が加わっているので、ボディカラーを選ぶ際は注目してみてくださいね。

新型ヤリスクロスの色選びは要注意【選べるカラーはグレードでこんなに違う!】

競合車・ライバル車よりも多いカラーバリエーションを用意しているトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、好きなカラーを何でも選べるわけではありません。

グレードによっては、選ぶことができないボディカラーも…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、グレードによって選べるカラーにどのような違いがあるのでしょうか?

この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の各グレードが選ぶことができるボディカラーを確認してみたところ、次のようになっていました。

最廉価モデルのX系グレードに用意されているボディカラー

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”X系グレード”で選ぶことがボディカラーは、次のようになっていました。

■最廉価モデルのX系グレードで選ぶことができるボディカラー

・ホワイトパールクリスタリシャイン(※33,000円高)
・シルバーメタリック
・ブラックマイカ
・ダークブルーマイカメタリック
・グレイッシュブルー
・センシュアルレッドマイカ(※33,000円高)
・ベージュ
・ブラスゴールドメタリック

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”X系グレード”で選ぶことができるボディーカラーは、モノトーンのみの7色。

最廉価モデルのX系グレードでは天井に黒い塗装を施したツートンカラーは、選ぶことができないのでご注意くださいね。

G系グレード/Z系グレードで選ぶことができるボディカラー

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”G系グレード”、最上位モデルに位置をする”Z系グレード”で選ぶことができるボディカラーは、次のようになっていました。

■最廉価モデルのX系グレードで選ぶことができるボディカラー

・ホワイトパールクリスタリシャイン(※33,000円高)
・シルバーメタリック
・ブラックマイカ
・ダークブルーマイカメタリック
・グレイッシュブルー
・センシュアルレッドマイカ(※33,000円高)
・ベージュ
・ブラスゴールドメタリック
・ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック(※55,000円高)
・ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ(※55,000円高)
・ブラックマイカ×シルバーメタリック(※55,000円高)
・ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタリシャイン(※77,000円高)
・ブラックマイカ×ベージュ(※55,000円高)
・ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ(※77,000円高)
・ブラックマイカ×グレイッシュブルー(※55,000円高)

最廉価モデルに位置をする”X系グレード”は、モノトーンのみからしか選ぶことができませんでした。しかし、上位モデルに位置をするG系グレード/Z系グレードでは、モノトーン・ツートン問わず好きなカラーを選ぶことが可能になっています。

ボディとルーフのカラーが異なるツートンカラーを選ぶことができるのは、中間モデルに位置をする”G系グレード”と最上位モデルに位置をする”Z系グレード”のみとなっているので、ご注意くださいね。

まとめ:自分好みの一台を見つけることができる新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のボディカラーを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスのボディカラーのまとめ

・モノトーン8色、ツートン7色の合計15色を用意
・新色は、ブラスゴールドメタリックとシルバーメタリック
・X系グレードで選べるのは、モノトーンのみ
・G系/Z系グレードは、ツートンカラーを選ぶことも可能

この新型モデルでは、競合車・ライバル車よりも多いボディカラーを用意しているため、必ず自分の好きなカラーを見つけることができると思います。

ただ、グレードによって選べるボディカラーに違いがあるので、ご注意くださいね。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんのところは、天井に黒いルーフを採用したブラックマイカ×ホワイトパールクリスタリシャインのツートンカラーの人気が高いとのことでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02