新型ヤリスクロスのナビキット【スマホのナビアプリより劣る欠点&デメリットとは?】

ディスプレイオーディオが標準装備されている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)でナビ機能を使用するには、スマホの地図アプリを使用するか、メーカーオプションの”ナビキット”を装着するしかありません。

GPSの精度や通信料がかからないところなど、スマホ/iPhoneのナビアプリにはない様々な魅力&メリットがあるこの新型モデルのナビキットですが、欠点・デメリットも…。

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)にディーラーオプションで用意されているナビキットの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?また、実際に使用してみて、スマホ/iPhoneの接続の方が優れていると感じたところは、何だったのでしょうか?

ディーラーオプションで用意されている”ナビキット”の欠点&デメリットを、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

初期投資【新型ヤリスクロスのナビキットの欠点1】

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているナビキットの欠点&デメリットの一つが、初期投資の高さです。

ナビキットは、スマホ/iPhoneの地図アプリとは異なりナビを使用した際の通信料はかかりませんが、最初にディーラーオプション代がかかってしまいます。

新型ヤリスクロスのナビキットの価格はいくら?

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、2種類のナビキットを用意しており、それぞれ価格が異なります。

■新型ヤリスクロスのナビキット

・エントリーナビキット:66,000円+工賃
・T-Connectナビキット:11,000円+工賃

この新型モデルでは、地図の無料更新や声を認識して目的地を探索してくれる”エージェント機能”が搭載されていないエントリータイプのナビキットでも、6万6000円の初期費用がかかります。

普通のディーラーオプションやメーカーオプションのナビを装着すると15万円以上もすることを考えると、この新型モデルに用意されているナビキットの価格は、だいぶ良心的なお値段だと思います。

ただ、コスパ(コストパフォーマンス)に関しては、安くても6万円以上もかかるナビキットよりも、スマホやiPhoneをディスプレイオーディオに繋いでナビアプリを使った方が圧倒的に良い感じが…。

できるだけ新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)を安く購入したい、使用したいと思っている方には、ナビキットと無料のナビアプリの価格差は、かなり大きく感じるのかなと思ってしまいました。

ナビの機能【新型ヤリスクロスのナビキットの欠点2】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のナビキットを確認して残念に感じたことの一つが、普通のナビに備わっていた機能や装備が用意されていなかったことです。

テレビ視聴がオプション設定

普通のナビに用意されていて、この新型モデルのナビキットに用意されていない機能&アイテムの一つが、テレビ視聴する機能です。

ほとんどの車載ナビでは、TVを見る機能が標準装備されています。

しかし、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているナビキットでテレビを視聴するには、33,000円(税込)の”TVオプション”を申し込まないといけない設定になっていました。

CD/DVDもオプション設定

また、試乗をしている最中にディーラーさんに教えて貰った驚いたのですが、この新型モデルのナビキットは、標準仕様のままではCD/DVDも再生することができません。

この新型モデルのナビキットでCDやDVDを再生するには、ディーラーオプションで用意されてる”CD・DVDデッキ(オプション価格:41,250円+工賃)”を装着する必要があるようです。

■新型ヤリスクロスのCD/DVDデッキ

ちょっとコレは残念ですよね。

この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているナビキットは、”テレビ視聴”や”CD/DVD再生機能”を省いたことによって、オプション価格を安く抑えたのかもしれません。

ただ、個人的には、テレビ視聴やCD/DVDの再生はオプションでは、オプションではなく標準装備しておいて貰いたかったです。

ちなみに、この新型モデルのナビキットに用意されているCD/DVDデッキは、助手席の下に設置されます。

CD/DVDデッキを装着すると、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に標準装備されている”助手席アンダートレイ”は撤去されてしまうので、ご注意くださいね。

■新型ヤリスクロスの助手席アンダートレイ

地図の更新【新型ヤリスクロスのナビキットの欠点3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のナビキットを確認して残念に感じたことの一つが、地図の更新です。

エントリータイプでは地図の更新はなし

この新型モデルでは2種類のナビキットを用意していますが、オプション価格が安いエントリータイプでは、地図の無料更新は行われません。

上位モデルに位置をするT-Connectナビキットでも、3年間のみの期限付きとなっており
、それ以降は有料となってしまいます。

一方、スマホ/iPhoneのナビアプリは、無料でリアルタイムに地図の更新をおこなってくれます。また、無料期間の期限もありません。

この差は、ちょっと大きいですよね。

スマホのナビアプリにはない様々な魅力を備えている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のナビキットですが、地図の更新に関しては、ナビキットよりもナビアプリの方が圧倒的に優れているのかなと感じてしまいました。

まとめ:エンターテインメントが物足りない新型ヤリスクロスのナビキット

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のディスプレイオーディオにナビ機能を追加する”ナビキット”を試乗した際に使わせてもらったのですが、次のような欠点&デメリットが気になりました。

■新型ヤリスクロスのナビキットの欠点

・ナビキットは2種類用意
・TVやCD/DVDはオプション設定
・ナビキットは記事更新に制限があり

この新型モデルのナビキットのナビの性能に関しては、一般的な車載ナビに劣っていると感じるシーンはありませんでした。

ただ、TVの視聴やCD/DVDの再生などエンターテインメントに関しては、一般的な車載ナビよりも劣っているのかなと感じてしまいました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02