新型ヤリスクロスの荷室の欠点【実車を見て気になった3つのポイント】

トヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力の一つと言えば、多彩なアレンジを備えた荷室・ラゲッジスペースです。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジルームを、先日、じっくりと確認してきたのですが、気になった部分、ちょっと残念に感じた部分も…。

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?また、競合車よりも劣っていると感じた部分は、どこだったのでしょうか?

私がこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを実際に使って気になったこと、残念に感じた事を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

多彩なアレンジは一部グレードのみ【新型ヤリスクロスの荷室の欠点1】

先ほども申し上げた通り、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力の一つは、後部座席の中央を収納することができる”4対2対4分割方式”の後部座席と、2段階から高さを調整することができるデッキボードを活かした多彩な荷室・ラゲッジスペースのアレンジです。

なので、この新型モデルでは、このように競合車・ライバル車ではできないような多彩な荷室アレンジを行うことができます。

■新型ヤリスクロスの多彩な荷室アレンジ

ただ、多彩な荷室アレンジを楽しむことができる4対2対4分割方式の後部座席&6対4分割方式を採用しているのは、この新型モデルの一部のグレードのみです。

■多彩なアレンジを楽しめるグレード

・Zグレード/ハイブリッドZの2DWモデル
・Gグレード/ハイブリッドGの2WDモデル

これ以外のグレードでは、先ほど紹介をしたようなバリエーション豊かな荷室アレンジを楽しむことができないので注意が必要です。

6対4分割方式の後部座席&デッキボードなしのXグレード

多彩な荷室アレンジを楽しむことができなグレードの一つが、ガソリン車の最廉価モデルに位置をするXグレードです。

最廉価モデルに位置をする”Xグレード”では、後部座席の中央が収納することができる”4対2対4分割方式”の後部座席ではなく、オーソドックスな6対4分割方式の後部座席となっています。

■Xグレードの後部座席

また、デッキボードの用意もありません。

なので、最廉価モデルのXグレードの荷室アレンジは、後部座席の背もたれを収納して荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くするくらいしかありませんでした。

■Xグレードの荷室

デッキボードの高さが固定される4WD車

また、本格的な走りを楽しむことができる4WD車も、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)らしい多彩な荷室アレンジを味わうことができないモデルの一つです。

2WD車の上位モデルでは、高さを2段階から調整することができるデッキボードが標準装備されています。

■高さを調節することができる2WD車のデッキボード

しかし、この新型モデルの4WD車の荷室フロアは、掃き出し口と同じ高さに固定されてしまっています。

■荷室フロアの高さが固定タイプの4WD車の荷室

なので、4WD車では、荷室・ラゲッジスペースの荷室の高さを調整することができません。また、荷室容量も2WD車よりも劣ります。

このように新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の特徴でもある多彩な荷室アレンジを楽しめないモデルも多数あるので、グレード選びをする際は、ご注意くださいね。

床下収納のデザイン&使い勝手【新型ヤリスクロスの荷室の欠点2】

また、2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)を確認してみて残念に感じたことの一つが、デッキボードの下に備わっている床下収納(サブトランク)のデザインと使い勝手です。

デッキボードを持ち上げると、床下収納(サブトランク)が登場するのですが、2WD仕様/4WD仕様どちらも発泡スチロール素材に…。

■2WD車の床下収納

■4WD車の床下収納

なので、見た目的にちょっとチープな感じが…

ちなみに、こちらは競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の床下収納(サブトランク)は、このようなデザインになっています。

■ヴェゼルの床下収納

発泡スチロール素材とプラスチック素材では、やっぱり見た目のデザイン性が大きく異なりますよね。

プラスチック素材の床下収納(サブトランク)を採用しているヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と比較すると、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の床下収納は少しランクが下がるように感じました。

お手入れが大変な新型ヤリスクロスの床下収納

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に採用されている発泡スチロール素材の床下収納は、お手入れがしにくいのも欠点&デメリットの一つです。

ホンダのヴェゼルにも採用されているプラスチック素材の床下収納(サブトランク)では、汚れた時、雑巾でサッと拭き取ることができるので、お手入れが簡単なんですよね。

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)にも採用されている発泡スチロール素材の床下収納は、汚れが染み込んでしまうので、お手入れがしにくいです。長年使っていると、傷などもつきますし…。

このメンテナンスの大変さも、この新型モデルに採用されている床下収納(サブトランク)の欠点&デメリットの一つかなと思いました。

ラゲッジスペースの広さ&容量【新型ヤリスクロスの荷室の欠点3】

また、荷室・ラゲッジスペースの広さ&容量も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の気になったことの一つです。

後部座席を収納した時の広さに大きな違いが…

この新型モデルの通常時(後部座席を使用した時)の荷室・ラゲッジスペースの広さは、競合車・ライバル車に決して劣っていません。

■新型ヤリスクロスの競合車の荷室サイズ

むしろ荷室の奥行きに関しては、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の方が広いです。

しかし、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きには、歴然たる差が…。

■後部座席を収納した時の荷室サイズ

なので、大量の荷物の積み込みや車中泊には、少し不向きな感じが…。

この新型モデルは、ボディサイズが小さいこともありますが、後部座席を収納した時の荷室サイズの狭さは、少し気になりました。

荷室容量にも大きな差が…

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)と競合車・ライバル車では、荷室容量にも大きな差がありました。

■新型ヤリスクロスと競合車の荷室容量

このように見ると、この新型モデルの荷室は競合車・ライバル車よりも小さいと言うが一目瞭然ですね。

絶対的なサイズ&容量が競合車よりも劣ることも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:購入する前に新型ヤリスクロスの荷室をしっかりとチェックしよう

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースを、先日、確認してきたのですが、このようなところが気になりました。

■新型ヤリスクロスの荷室の欠点&デメリット

・多彩なアレンジを用意しているのは2WDの上位モデルのみ
・チープ感が満載の床下収納(サブトランク)
・競合車よりもひと回り小さいサイズ&荷室容量

私がこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認して特に気になったのが、後部座席を収納した時の広さです。

ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)などの競合車の荷室を見た後に、この新型モデルの荷室を見ると、「あっ、やっぱり狭いな…」と感じてしまいます。

4対2対4分割方式の後部座席や6対4分割方式のデッキボードを活かした多彩なアレンジなど、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の荷室・ラゲッジスペースには、競合車にはない魅力があります。

ただ、この新型モデルの荷室にも様々な欠点&デメリットもあるので、購入する前には細かいところまでしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02