機能や装備が充実!新型ヤリスクロスGグレードの内装の特徴や魅力を徹底解剖

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の売れ筋グレードの一つが、価格と装備のバランスの良さが魅力の”Gグレード/ハイブリッドG”です。

先日、この新型モデルのGグレード/ハイブリッドGを見ることができたのですが、最廉価モデルのXグレードよりも内装に用意されている機能や装備が充実しており、使い勝手や居心地がが格段に良くなっていた感じが…。

そんな新型モデルのGグレードの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、中間モデルのGグレードの内装・インテリアでは、どのような機能や装備を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、トヨタから新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアの特徴や魅力を、余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ダッシュボードのデザインをチェック【新型ヤリスクロス Gグレードの内装1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの内装

Gグレードはブラック基調の内装を採用

中間モデルに位置をする”Gグレード”では、最廉価モデルのXグレードと同様にブラックを基調にした内装・インテリアとなっています。

ただ、最廉価モデルのXグレードとは異なり中間モデルのGグレードでは、ドア内側パネルのドアハンドル部分やシフトレバーのベース部分にシルバーの加飾を採用。

■Gグレードのドア内側パネル

■Gグレードのシフトレバー

また、ダッシュボードの左右に備わっている送風口(サイドレジスター)もピアノブラック調の加飾が…。

■Gグレードの送風口

そのおかげもあり、中間モデルのGグレードは、同じブラック基調のXグレードよりも大人っぽいシックな内装・インテリアになっていました。

ハンドルやシフトレバーは本革仕様

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、ハンドル&シフトレバーに使用されている素材です。

最廉価モデルのXグレードではシンプルなウレタン製のハンドル&ステアリングホイールになっていましたが、中間モデルのGグレードでは、高級感のある本革仕様に…。

■Gグレードのハンドル

■Gグレードのシフトレバー

そのため、Gグレードは、高級感&上質感のある運転席まわりに…。

このように洗練された大人っぽい内装・インテリアになっているのは、中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の魅力の一つなのかなと思いました。

2眼識のデジタルメーターを標準装備

スタイリッシュな運転席まわりになっている新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の”Gグレード/ハイブリッドG”ですが、メーターは、最廉価モデルのXグレードと同じ中央にカラーのマルチインフォメーションディスプレイを配した2眼式メーターを採用。

■Gグレードのメーター

洗練や未来感はオプティトロンメーターを採用している最上位モデルの”Zグレード”に及びませんが、ブラック基調のこのクルマのイメージにあったシックでスポーティーなデザインになっていました。

車内で快適に過ごせる装備&アイテムも充実

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”は、車内で快適に過ごせる便利アイテム&装備も充実しています。

その一つが、エアコンです。

最廉価モデルの”Xグレード”ではシンプルなマニュアルエアコンが標準装備されていましたが、中間モデルの”Gグレード”では、2つダイヤルが備わった使い勝手に優れるフルオートエアコンが標準装備。

■Gグレードのエアコン

また、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、通信用に加えて充電用のUSBポートがダッシュボードに用意されているのも好印象でした。

■GグレードのUSBポート

ダッシュボードのデザインをチェック【新型ヤリスクロス Gグレードの内装2】

ブラックを基調にしたスタイリッシュな内装・インテリアとなっていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”ですが、シートも専用デザインとなっていました。

ブラック基調のシートを採用しているGグレード

こちらが、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”に標準装備されているシートです。

■Gグレードのフロントシート

■Gグレードの後部座席

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”では、シートのメイン部分にダイヤモンド モチーフをあしらったオーソドックスなブラックシートを採用。

この新型モデルの中間モデル”Gグレード”では、シート全体に上級ファブリック素材を採用しているため、座った時の肌触りや弾力性はとても良いです。

ただ、ファブリックシートを採用していることもあり、高級感や上質感に関しては値段相当な感じ…。

もしお洒落なシート&車内空間を求めるのなら、シートサイドにブラウンの合成レザーを配した最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の方が良いのかなと思いました。

快適性を高める機能や装備は充実

ただ、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のシートは、機能や装備が充実しています。

その一つが、後部座席のセンターアームレストです。

中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の後部座席は背もたれの中央部分を手前に倒して、センターアームレストとして活用することができます。

■Gグレードの後部座席用センターアームレスト

また、オプションでスムーズな乗り降りをサポートする”運転席イージーリターンシート”に運転席を変更することができるのも、中間モデルのGグレードのみです。

■Gグレードのみに用意されている運転席イージーリターンシート

このように他のグレードにはない機能や装備を備えているのも、中間モデルのGグレード/ハイブリッドGの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:満足度の高い新型ヤリスクロスGグレードの内装

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

中間モデルのGグレードは、大人っぽいシックなブラック基調の内装・インテリアに…。

高級感や上質感は最上位モデルのZグレードに及びませんが、機能や装備は充実しており満足度の高いモデルに仕上がっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする