専用デザインを採用!新型ヤリスクロス ハイブリッドのメーターの実車画像インプレ

トヨタから新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車のメーターは、ガソリン車とは異なる専用デザインとなっています。

また、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも違いが…。

そのため、この新型モデルのハイブリッド車は、ガソリン車とは全く異なるテイストの運転席まわりになっていました。

ガソリン車と似て非なるハイブリッド車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車のメーターを、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロス ハイブリッドZのメーターの実車画像レビュー

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車の最上位モデルに位置をする”ハイブリッドZ”のメーターは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッドZのメーター

ハイブリッドZはパワーインジケーターを搭載

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”ハイブリッドZ”のメーターは、ガソリン車の最上位モデル”Zグレード”と同じく中央に大きなスピードメーターを、そして、右側にはガソリンタンクの残量計を配置したオプティトロンメーターを採用しています。

■ハイブリッドZのスピードメーター

■ハイブリッドZのガソリンタンク容量

ただ、ガソリン車とは異なりハイブリッド車の最上位モデル”ハイブリッドZ”では、メーターの左側にエネルギーの出力と回生状況を表す”パワーインジケーター”を搭載。

■ハイブリッドZのパワーインジケーター

3つのカラーに分かれたパワーインジケーターを搭載していたハイブリッドZは、ガソリン車とは一味異なる上品さが漂うメーターになっていました。

マルチインフォメーションディスプレイも専用デザイン

また、オプティトロンメーターを採用している新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッドZでは、中央にあるスピードメーターの内側に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイが用意されています。

■ハイブリッドZのマルチインフォメーションディスプレイ

ただ、ハイブリッド車には、エネルギーの流れを表す”エネルギーモニター”を用意するなど、ガソリン車とは異なる表示項目を用意。

■ハイブリッド車専用のエネルギーモニター

また、”エコアクセルガイド/エコジャッジ”や”EV走行時間表示”もハイブリッド車専用の表示項目となっています。

■エコアクセルガイド/エコジャッジ

■EV走行時間表示

このようにガソリン車とは異なる表示項目を用意しているのも、ハイブリッド車のメーターの特徴の一つなのかなと思いました。

ちなみに、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイでは、エネルギーモニター以外に次のような表示項目を用意していました。

■ドライブインフォメーション

■燃費表示

■オーディオ表示

■安全支援系表示

■車両設定画面

■警告画面

ハイブリッドZのメーターはデザインの変更が可能

また、メーターのデザインをデジタル表示とアナログ表示の2つのタイプから選ぶことができるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッドZのメーターの特徴の一つです。

メーターの表示の変更は、マルチインフォメーションディスプレイの車両設定画面から行うことができるのですが、実際にメーターの表示を切り替えてみると、このような感じに…。

■アナログ表示をした時のハイブリッドZのメーター

■デジタル表示をした時のハイブリッドZのメーター

アナログ表示とデジタル表示では見た目の印象が大きく異なりますよね。

このようにメーターを好きなデザインに変更することができるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車の最上位モデル”ハイブリッドZ”のメーターの魅力の一つなのかなと思いました。

新型ヤリスクロス ハイブリッドG/Xのメーターの実車画像レビュー

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車の中間モデルに位置をする”ハイブリッドG”と最廉価モデルに位置をする”ハイブリッドX”のメーターは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッドG/Xのメーター

ハイブリッドG/Xは2眼式メーターを採用

最上位モデルの”ハイブリッドZ”では、中央に大きなスピードメーターを配置した3眼式のオプティトロンメーターを採用していました。

しかし、新型ヤリスクロスのハイブリッド車の中間モデルの”ハイブリッドG”と最廉価モデルの”ハイブリッドX”では右側にスピードメーター、そして、左側にハイブリッド車専用のパワーインジゲーターを配した2眼式のデジタルメーターを標準装備しています。

■ハイブリッドG/Xのスピードメーター

最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターZ”に標準装備されているオプティトロンメーターとメーターの雰囲気が異なりますが、これはこれでカッコいい感じが…。

RAV4のハイブリッド車の下位モデルに用意されているオーソドックスなアナログメーターよりも全然良いです。

■RAV4の下位モデルのアナログメーター

また、車速やシフトレバーのポジションが大きく表示されるため、視認性に優れているのも好印象。

中間モデルの”ハイブリッドG”や最廉価モデルの”ハイブリッドX”でも、チープさを感じないスタイリッシュなメーターを採用しているのは、この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の良いところの一つなのかなと思いました。

メーターの中央にマルチインフォメーションディスプレイを配置

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッドG/Xに搭載されている2眼式のデジタルメーターでは、2つのメーターパネルの間に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。

■ハイブリッドG/Xのマルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイの液晶画面のサイズは4.3インチとなっていることもあり、マルチインフォメーションディスプレイのデザインは、最上位モデルの”ハイブリッドZ”と若干違います。

■ハイブリッドZのEV走行時間表示

■ハイブリッドGのEV走行時間表示

ただ、この新型モデルのメーターは、余計な加飾などを抑えたスッキリとしたデザインになっているため、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、思ったよりも見やすくなっていました。

また、このハイブリッドG/Xのデジタルメーターでは、マルチインフォメーションディスプレイの画面が運転席のちょうど目の前にあり、視線を少し下に移動するだけで確認することができるのも好印象でした。

まとめ:特別感のある新型ヤリスクロス ハイブリッドのメーター

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車に用意されているメーターは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのハイブリッド車のメーターは、エネルギーの出力/回生状況を表す”パワーインジケーター”を搭載するなど、ガソリン車とは異なる専用デザインに…。

また、機能や装備が上位モデルに劣る最廉価モデル”ハイブリッドX”でも、メーターのデザインにチープさがないのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルのガソリン車のメーターのデザインや特徴は、こちらの記事にまとめてあります。

ハイブリッド車とは異なるガソリン車のメーターのデザインや視認性を確認したい方は、こちらの記事を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする