新型ヤリスクロスZグレードの魅力と欠点【下位モデルにはない魅力が盛り沢山】

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ハイブリッド車/ガソリン車併あわせて7つのグレードを用意していますが、その最上位モデルに位置をするのが、”Zグレード/ハイブリッドZ”です。

先日、この新型モデルの各グレードを乗り比べをすることができたのですが、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”には、他のグレードにはない魅力やメリットがたくさんありまりた。

その一方、気になる部分もありましたが…。

そんな新型モデルの最上位”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットは、何だったのでしょうか?また、”Zグレード/ハイブリッドZ”の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力や欠点を、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのZグレードの魅力&メリットとは?

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”では、次のような魅力&メリットがありました。

スタイリッシュな見た目【Zグレードの魅力1】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力の一つは、スタイリッシュな外装・エクステリアです。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しているのですが、切削加工&ブラック塗装を施した18インチのアルミホイールを履いているのは、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみです。

■Zグレードに標準装備されている専用タイヤ

そのため、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、下位モデルとは一味異なる洗練さとスポーティーさを兼ね備えたサイドスタイルに…。

■18インチのタイヤを履いたZグレード

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、艶のあるピアノブラック加飾を施したフロントグリルを唯一採用。

■ピアノブラック加飾をしたZグレードのフロントグリル

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード”は、高級感が漂うフロントマスクに…。

このように”都会派SUV”と呼ぶのに相応しい洗練された見た目をしているのは、今回デビューを果たした新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

高級感がただよう内装・インテリア【Zグレードの魅力2】

また、高級感が漂うオシャレな内装・インテリアも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つです。

中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”ではブラックを基調にしたオーソドックスなデザインの内装・インテリアになっていました。

しかし、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、ダークブラウンを基調にした落ち着いた雰囲気の内装・インテリアに…。

■ダークブラウンを基調にしたZグレードの内装

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は3つのグレードの中で唯一、シートサイドにダ合成レザーをあしらったコンビシートを採用。

■Zグレードのコンビシート

そのおかげもあり、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”は、センスの良さを感じるお洒落な内装・インテリアになっていました。

また、”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードよりも開放感があり、他のグレードよりも車内空間がひと回り広く感じるのも好印象でした。

下位グレードにはない装備が盛り沢山【Zグレードの魅力3】

また、中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”に用意されていない機能や装備がたくさん備わっているのも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの魅力&メリットの一つです。

この新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみに用意されているアイテムや装備を確認してみたところ、次のようなものがありました。

■Zグレードのみに用意されている主な装備&機能

・ピアノブラック加飾付きアッパーグリル
・ウォッシャー連動・間欠フロントワイパー
・オプティトロンメーター
・運転席6ウェイパワーシート
・シートヒーター
・回転式アシストグリップ
・コートフック
・照明付きサンバイザー
・助手席シートバックポケット
・助手席シートアンダートレイ
・イルミネーテッドエントリーシステム
・アクセサリーソケット(2個)

このように見ると、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”と機能&装備がすごい充実していますよね。

シートヒーターや6ウェイパワーシートなど、”Zグレード/ハイブリッドZ”の快適装備の充実度に関しては、特に目を見張るものがありました。

■Zグレードに標準装備されているシートヒーター

このように他のグレードには用意されていない機能や装備が用意されているのも、この新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

専用オプションを多数用意【Zグレードの魅力4】

また、他のグレードでは用意されていない専用のオプションが多数用意されているのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の”Zグレード/ハイブリッドZ”の特徴の一つです。

その一つが、アダプティブヘッドライトです。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”では、LEDヘッドライトが標準装備されていますが、先行車や対向車を検知して、照射範囲を自動で調整するアダプティブヘッドライトをメーカーオプションで用意しています。

■ZグレードのLEDヘッドライト

また、ハンドル・ステアリングホイールをじんわりと温めてくれる”ステアリングヒーター”を装着することができるのも、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみです。

■Zグレードのハンドル

このように他のグレードでは装着することができないオプションを付けることができるのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”のメリットの一つなのかなと思いました。

新型ヤリスクロスのZグレードの欠点&デメリットとは?

このように様々な魅力&メリットがある新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”ですが、欠点&デメリットもありました。

最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”の欠点&デメリットは、何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

乗り出し価格の高さ【Zグレードの欠点1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”の欠点&デメリットの一つは、車体本体価格と乗り出し価格の高さです。

最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は機能や装備が充実していることもあり、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”よりも20万円ほど車体本体価格が高くなっています。

■ガソリン車の車体本体価格を比較

2WD 4WD
ガソリン車 Gグレード 2,020,000円 2,251,000円
ガソリン車 Zグレード 2,210,000円 2,441,000円

■ハイブリッド車の車体本体価格

2WD 4WD
ハイブリッドG 2,394,000円 2,625,000円
ハイブリッドZ 2,584,000円 2,815,000円

また、アダプティブヘッドライトやステアリングヒーターなどの”Zグレード/ハイブリッドZ”専用のオプションを装着すると、この2台のモデルの価格差は、さらに広がります。

このように中間モデルのGグレード/ハイブリッドGよりも購入金額がグンと高くなってしまうのは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

乗り心地【Zグレードの欠点2】

また、中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”よりも乗り心地が劣るのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の欠点&デメリットの一つです。

中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”は、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”よりもひと回りサイズが小さい16インチのタイヤ&ホイールを履いていたこともあり、当たりの柔らかいフラットでしなやかな乗り心地になっていました。

■新型ヤリスクロスのGグレード

一方、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードよりもサイズがひと回り大きい18インチサイズのタイヤ&ホイールを履いていたこともあり、ダイレクト感がある少し硬めの乗り心地に…。

■新型ヤリスクロスのZグレード

私は2台のモデルを乗り比べさせてもらったのですが、綺麗に舗装されたアスファルト道路では、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のZグレードとGグレードで乗り心地に大きな違いはありません。

2台のモデルを乗り比べて、やっと違いがわかる程度の差です。

ただ、マンホールの段差を乗り越えた時の衝撃のダイレクト感に大きな差が…。また、高速道路を運転した時に車内に侵入してくるロードノイズもひと回り大きく感じます。

他のグレードよりもひと回り大きい18インチのタイヤ&ホイールを採用した副作用ですが、硬めの乗り心地が苦手な方は、少し注意が必要なのかなと思いました。

まとめ:下位グレードにはない魅力がある新型ヤリスクロスのZグレード

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力と欠点を確認したところ、このようになっていました。

■Zグレードの魅力

・都市型SUVらしいスタイリッシュな見た目
・高級感ただよう内装
・機能や装備が充実
・専用のオプションを用意

■Zグレードの欠点

・他のグレードよりも圧倒的に高い乗り出し価格
・硬めの乗り心地とロードノイズの大きさ

スタイリッシュな見た目やダークブランを基調にしたお洒落な内装など、他のグレードにはない様々な魅力を備えていた最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”ですが、突き上げ感が大きい乗り心地など欠点&デメリットも…。

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は売れ行きも良く、とても人気が高くなっていますが、このような欠点&デメリットもあるので、購入する前はしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02