新型ヤリスクロスの床下収納は2WDと4WDで違い【実車画像でサイズや広さをチェック】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に荷室・ラゲッジスペースには、床下収納(サブトランク)が標準装備されています。

ただ、荷室・ラゲッジスペースと同様に床下収納(サブトランク)のサイズや使い勝手も、2WD車と4WD車で異なります。

この新型モデルの2WD車/4WD車の床下収納(サブトランク)は、どのようなデザイン&使い勝手になっていたのでしょうか?また、2WD車と4WD車の床下収納(サブトランク)は、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車の床下収納(サブトランク)のデザインや使い勝手を確認してみることにしましょう。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

2WD車の床下収納【新型ヤリスクロスの荷室の実車画像レビュー】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の2WD車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■2WD車の荷室・ラゲッジスペース

6対4分割方式のデッキボードを備えている2WD車の荷室・ラゲッジスペースですが、この下には、このようなデザインの床下収納(サブトランク)が用意されていました。

■2WD車の床下収納(サブトランク)

新型ヤリスクロスの床下収納は発泡スチロール素材

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、シンプルな発泡スチロール素材の床下収納(サブトランク)を採用。

発泡スチロール素材の床下収納(サブトランク)は長年使うと黒ずんでくるなど、劣化が早いのが欠点&デメリットなんですよね。

個人的には、耐久性に優れ、お掃除がしやすいプラスチック素材の床下収納(サブトランク)の方が良いように感じました。

サイズ&収納力は十分

シンプルな発泡スチロール素材の床下収納(サブトランク)を標準装備していた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、サイズは広く、使い勝手は良いような感じが…。

この新型モデルの床下収納(サブトランク)の右側にはパンク修理キットなどが収納されるため、荷物を収納することができないのですが、アイテムを収納することができるスペース(中央と左側)のサイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■2WD車の床下収納の収納可能なスペース

■2WD車の床下収納のサイズ

奥行き:約300mm
横幅   :約390mm
深さ   :約130mm
※奥行きは最大部で計測
※横幅は中央と左側収納スペースの合計数値

この新型モデルの床下収納の深さは約130mmと浅めになっているため、収納することができるアイテムは限られてしまいます。

ただ、スポンジやタオルなど洗車道具やフロントガラスに霜が降りてる時に重宝する氷解スプレーなどを積み込んでおくのには、ちょうど良いスペースになっていました。

また、仕切りがあるため、アイテム別に分けて収納することができるようになっていたのも好印象でした。

収納するまでの手間の多さが欠点

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車の床下収納(サブトランク)を使用して気になったのは、荷物を収納するまでの手間の多さです。

この新型モデルの2WD車は、6対4分割方式のデッキボードと荷室フロアの両方を取り外すして、ようやく床下収納(サブトランク)が出現します。

■2WD車のデッキボード

■2WD車の荷室フロア

なので、床下収納(サブトランク)を使うまでにかなりの手間が多いです。

このデッキボードやフロアを取り外す手間を考えると、頻繁に使うアイテムを積み込むというよりは、時々使うアイテムを収納しておくのに向いているのかなと思いまいした。

4WD車の床下収納【新型ヤリスクロスの荷室の実車画像レビュー】

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車の床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

こちらが、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型ヤリスクロスの4WD車の荷室

そして、デッキボードを持ち上げると、このような形の床下収納(サブトランク)が登場しました。

■新型ヤリスクロスの4WD車の床下収納

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車に用意されている床下収納(サブトランク)は、2WD車と同様に発泡スチロール素材となっています。

ただ、4WD車の床下収納(サブトランク)は、2WD車のものとは異なるデザイン&サイズ、使い勝手になっていました。

2WD車よりもひと回り大きい4WD車の床下収納

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車の床下収納(サブトランク)の広さ&サイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■4WD車の床下収納の収納可能なスペース

■4WD車の床下収納のサイズ

奥行き:約345mm
横幅   :約390mm
深さ   :約130mm
※右下の床下収納スペースを計測

※奥行き/横幅/深さは最大部で計測
※横幅は中央と左側収納スペースの合計数値

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車の床下収納(サブトランク)の奥行きや横幅は、2WD車よりもひと回大きいサイズに…。

また、収納スペースに仕切りもなく、大きいアイテムが収納しやすくなっているのも、2WD車にはない4WD車の床下収納(サブトランク)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

荷物の出し入れがしやすい4WD車の床下収納

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車の床下収納(サブトランク)を使って良いと思ったことの一つが、荷物の出し入れのしやすさです。

2WD車とは異なり、4WD車はデッキボードを一枚持ち上げるだけで、すぐに床下収納(サブトランク)をアクセスすることができるので、とっても楽です。

また、持ち上げたデッキボードを荷室・ラゲッジスペースに立て掛けておけるのも、4WD車の良いところの一つだと思いました。

まとめ:2Wと4WDで使い勝手&サイズが異なる新型ヤリスクロスの床下収納

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車/4WD車に用意されている床下収納(サブトランク)のデザインやサイズ、使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの床下収納のまとめ

・床下収納(サブトランク)は発泡スチロール性
・2WD車と4WD車で床下収納のデザインが異なる
・4WD車の方が2WD車よりも床下収納のサイズがひと回り大きい

この新型モデルの床下収納(サブトランク)は、2WD車/4WD車どちらも発泡スチロール製に…。

ただ、荷室・ラゲッジスペースと同様に床下収納(サブトランク)のサイズや使い勝手も2WD車と4WD車で異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02