新型オーラのセンターコンソール【デザインや使い勝手、ノートとの違いを徹底解剖】

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)は、ベースのノートe-POWERとは違う専用デザインのセンターコンソールを備えています。

この新型モデルに用意されているセンターコンソールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されている使い勝手は、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)のセンターコンソールのデザインや使い勝手、ノートe-POWERとの違いを確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのセンターコンソール【デザインをチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のセンターコンソールは、このようなデザインをしています。

■新型ノートオーラのセンターコンソール

上下2段組の大型センターコンソールを搭載

今回デビューを果たした新型モデルでは、ベースとなっているノートe-POWERと同じ上下2段組の大型センターコンソールを標準装備。

センターコンソールの下段は、大きいサイズの収納スペースになっており、見た目のデザインだけではなく使い勝手に優れるデザインになっていました。

ノートe-POWERとは違う専用デザイン

また、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のセンターコンソールは、ノートe-POWERとは使用されている素材が違う専用デザインになっていました。

ベースとなっているノートe-POWERでは、シフトレバーの後方のアームレスト部分にブラックの合成レザーをあしらったスタイリッシュなデザインになっていました。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのセンターコンソールは、シフトレバーまわりの木目調パネルを、そして、アームレスト部分にツイード調の織物をあしらった上品&オシャレなデザインにまっていました。

新型オーラのセンターコンソールは2種類のカラーを用意

2021年8月にデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)の上位モデルに位置をするGレザーエディションは2つの内装色を用意しているのですが、選ぶインテリカラーによって、センターコンソールの色も異なります。

オーソドックスなブラックの内装色・インテリアカラーを選ぶと、ブラックのツイード調の織物にダークブラウンカラーの木目調パネルを組あわせたデザインのセンターコンソールを採用。

■ブラックの内装色のセンターコンソール

一方、華やかな車内空間を演出するエアリーグレーの内装色・インテリアカラーでは、明るめのグレーカラーのツイード調の織物とライトブランの木目調パネルを採用。

■ライトグレーの内装色のセンターコンソール

ブラックの内装色よりも車内が明るく、優しい印象の内装・インテリアになっていました。

新型ノートオーラのセンターコンソールまわりの装備【使い勝手をチェック】

ベースとなっているノートe-POWERよりも高級感&上質感のあるデザインになっている新型オーラ(AURA)のセンターコンソールですが、どのような装備&アイテムを備えているのでしょうか?

この新型モデルのセンターコンソールに備わっている機能&装備を紹介したいと思います。

シフトレバー

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のセンターコンソールに備わっている装備&アイテムの一つが、シフトレバーです。

■新型オーラのシフトレバー

この新型モデルでは、ノートe-POWERと同じ前後にノブをスライドして使用をする電子式のシフトレバーを標準装備しています。

また、シフトレバーの後方部分には電動式のパーキングブレーキを、そして、シフトレバー脇には、ドライブモード切替スイッチやEVモードスイッチ、オートブレーキホールドなどのスイッチを搭載。

シフトレバーまわりに運転に関連するスイッチを集約しており、運転中の操作がしやすくなっているのも好印象でした。

ただ、シフトレバーまわりはピアノブラック調の加飾となっているため、指紋やホコリ、チリなどの汚れたが目立つのが少し気になるところでした。

パワースイッチ

ダッシュボードのハンドル付近に備えているクルマが多いですが、今回デビューを果たした新型モデルでは、センターコンソールの前方部分に電源のON/OFFをする際に使用をするパワースイッチを搭載しています。

■新型オーラのパワースイッチ

運転席から近い位置にあるため操作性は非常に良いのですが、シフトレバーと同様、指紋やホコリやチリが目立ちやすいのが気になるところでした。

アームレスト付きセンターコンソールボックス

また、新型オーラ(AURA)のシフトレバーの後方には、ツイード調の織物をあしらったアームレスト付きのセンターコンソールボックスを用意しています。

■新型オーラのアームレスト付きのセンターコンソールボックス

このアームレスト付きのセンターコンソールボックスの表面にあしらわれているツイード調の素材は、ざっくりとした織り方が特徴なので、他のファブリック生地よりもザラザラとした肌触りに…。

なので、腕を置いた時の心地よさは、合成レザーを採用しているノートe-POWERの方が良いかもしれません。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソールボックス

また、この新型モデルのアームレスト付きのセンターコンソールボックスの蓋(リッド)を持ち上げると内部は収納スペースになっています。

■新型オーラのセンターコンソールボックスの内部

ただ、見た目とはうらはらに思ったよりもサイズが小さく、使い勝手があまり良さそうじゃないのも気になるところでした。

センターコンソール下部

また、新型オーラ(AURA)のセンターコンソールの下部は、ボックスタイプのティッシュが置けるくらい大きいサイズの収納スペースになっています。

■新型ノートオーラのセンターコンソール下部

運転席から手が届く範囲にこのような大きな収納スペースが用意されていると、かなり助かりますよね。

ただ、収納したアイテムの取り出しやすさに関してはイマイチなので、普段はあまり使わないアイテムなどを収納しておくのが良いのかなと思いました。

HDMI端子

また、新型オーラ(AURA)のセンターコンソールの下部の前方部分には、ナビの画面に映像を映しだすことができるHDMI端子を備えています。

■新型オーラのHDMI端子

HDMI端子を備えているのは嬉しいですが、センターコンソールの下部に備わっているため、ケーブルの抜き差しは少し大変です。

個人的には、センターコンソールの前方のUSBポート部分にHDMI端子も一緒に用意しても良かったのかなと思いました。

まとめ:上品な見た目に生まれ変わった新型オーラのセンターコンソール

2021年8月にデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)のセンターコンソールは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラのセンターコンソールのまとめ

・上下2段組の大型センターコンソールを標準装備
・基本設計はノートe-POWERと同じ
・ツイード調織物と木目調パネルを組み合わせた上品なデザイン
・内装色によってセンターコンソールの色も異なる

ツイード調の織物と木目調のパネルを組み合わせたデザインをしているこの新型モデルのセンターコンソールは、ベースとなっているノートe-POWERよりも上品なデザインに…。

また、センターコンソールの下部が収納スペースになっているなど、収納力&使い勝手に優れるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02