ノートより進化をした新型オーラのハンドル【デザイン、機能&操舵感を徹底解剖】

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)は、ベースとなっているノート e POWER と同じデザインのハンドル・ ステアリングホイールを採用しています。

ただ、この新型モデルの方が豪華な作りに…。

また、新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールには、ノートe-POWERには備わっていない機能&装備も備わっていました。

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ベースとなっているノートe-POWERのハンドルとは、どのような違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールのデザインや機能、ノートe-POWERとの違いを確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのハンドルのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのハンドル

本革巻きのハンドルを全グレードに標準装備

スポークの上部のピアノブラック調の加飾や日産の新エンブレムなど、ハンドル・ステアリングホイールの基本的なデザインは、この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERと同じになっています。

■ノートe-POWERのハンドル

ただ、ノートe-POWERとは異なり、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを全グレード標準装備。

■新型オーラの本革巻きのハンドル

プレミアムコンパクトカーと呼ぶのに相応しい高級感&上質感ただようハンドル・ステアリングホイールになっていました。

ステアリングヒーターの標準装備は4WD車のみ

また、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)は、ハンドルのグリップ部分をじんわりと温めてくれるステアリングヒーターが用意されています。

ただ、ステアリングヒーターが標準装備されているのは、Gグレード/Gレザーエディションの4WD車のみ。

残念ながら2WD車では、ステアリングヒーターは、メーカーオプションとして用意されていました。

新型オーラのステアリングスイッチをデザイン&使い勝手をチェック

また、今回デビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールには、使い勝手の良いステアリングスイッチを備えているのも魅力の一つです。

この新型モデルに用意されているステアリングスイッチは、どのようなことができるのか?紹介したいと思います。

メーター表示の切り替えができる左側のステアリングスイッチ

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のハンドルの左側に備わっているステアリングスイッチは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの左側のステアリングスイッチ

この新型モデルでは、メーターの中央に備わっているマルチインフォメーションディスプレイ(マルチインフォ)の表示を切り替えスイッチとボリューム調整や早送り/巻き戻などオーディオ関係のスイッチを、ハンドルの左側に用意。

マルチインフォメーションディスプレイの表示の切り替えは、左右のキーとダイヤルレバーで行うことができるようになっており、運転中の操作がしやすいのも好印象でした。

プロパイロット操作ができる右側のステアリングスイッチ

一方、新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールの右側に備わっているステアリングスイッチは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの右側のステアリングスイッチ

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールの右側には、日産車が誇る自動運転支援技術のプロパイロット機能、通話&発話スイッチを用意。

プロパイロットの起動や車速の設定は、上下にスライドをして操作をするトグルスイッチで行えるようになっており、ハンドルの左側に備わっているダイヤル式のスイッチと同様、操作がしやすかったです。

機能が追加されたショートカットキー

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)がノートe-POWERよりも大きく進化を遂げた部分が、ハンドル・ステアリングホイールの左側の右下に用意されているショートカットスイッチです。

■新型オーラのショートカットスイッチ

この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERのショートカットスイッチでは、オーディオソースの表示や運転支援システムの設定のみしか行うことができませんでした。

■ノートe-POWERのショートカット画面

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)では、ショートカットスイッチから運転支援システムの設定だけではなく、オーディオソースの切り替えやパーソナルディスプレイ設定、メーター画面の切り替えも行えるように進化。

■新型オーラのショートカット画面

このようにハンドル・ステアリングホイールから操作できる範囲が広がっているのも、今回デビューを果たしたこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型オーラのハンドルの操舵感は変わった?【試乗をした感想】

このように使い勝手の良いデザインになっている新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールですが、ノートe-POWERとは、ステアリングフィールに違いがありました。

この新型モデルのステアリングフィールは、どのような感じだったのか?試乗をした感想を紹介します。

新型オーラはスッキリとした軽めのステアリングフィール

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、ベースとなっているノートe-POWERよりも車体重量が40kgほど重たくなっています。

ただ、この新型モデルでは、パワステがしっかりと効いていることもあり、ハンドル・ステアリングホイールの操舵感は非常に軽く、ノートe-POWERよりもスッキリとした乗り心地に…。

また、この新型モデルは、サスペンションの柔軟性が、いっそう増しており、路面の細かい振動や凹凸をバネ下でしっかりと吸収してくれます。

高速道路でのジョイント部分の段差を乗り越えた時の突き上げ感もマイルドになっており、プレミアムコンパクトカーと呼ぶのに相応しい上品な乗り心地になっていました。

直進安定性はイマイチ

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)を試乗していて気になったのは、高速域での直進安定性です。

今回デビューを果たした新型モデルは、軽めのステアリングフィールになっていることもあり、高速道路を運転をしていると、ハンドルの微修正に追われます。

新型オーラ(AURA)は軽めのステアリングフィールになっており、女性でもストレスなく操舵できるようになっているのはとても良いと思います。

ただ、スピードに応じて、ステアリングが適度な重さになるよう制御を搭載するなど、直進安定性を高め、高速道路など高速域で運転をしている時でもストレスなく安心して運転できるようしてくれたら最高でした。

まとめ:ノートより高級感&操舵感が高まった新型オーラのハンドル

2021年8月にデビュー果たした新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラのハンドルのまとめ

・本革巻きのハンドルを全グレード標準装備
・ステアリングヒーターは4WD車のみ標準装備
・ステアリングスイッチの操作性が向上
・ノートe-POWERよりも軽めのステアリングフィール
・高速域での直進安定性はイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルは、ハンドル・ステアリングホイールを全グレード標準装備するなど、ノートe-POWERよりも高級感ただようデザインに…。

また、高速域でも直進安定性は気になるものの、スッキリとした軽めの操舵感で、女性でも楽に運転をできるようになっていたのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02