新型カローラ スポーツの荷室サイズは意外と広い!【ラゲッジ寸法を計測してみた】

低重心でワイドなシルエットが魅力のスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタから新発売されました。

今回新発売された新型モデルは3ナンバーサイズになったボディサイズを活かし、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない荷室・ラゲッジスペースを備えています。

>>> 使い勝手で気になる部分も…!?新型カローラ スポーツの荷室アレンジを徹底解剖

2018年6月に新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースの広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、どれくらい広くなるのでしょうか?

トヨタから新発売された新型スポーツハッチバックの荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの荷室サイズを確認:通常時の広さをチェック

2018年6月にトヨタ カローラからデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの通常時の荷室

今回デビューをしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトハッチバックの中では標準的な広さに…。

ただ、ホイールハウス部分が大きく削られているなど、見た目以上に使い勝手は良いのかなと思いました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席を使用時(通常時)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型カローラ スポーツの通常時の荷室サイズ
荷室長:約800mm
荷室幅:約980mm
荷室高:約770mm

※荷室幅は、最小部分で計測

今回トヨタから新しくデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室の奥行きは約800mmとなっており、コンパクトハッチバックの中では平均的な数値に…。

ただ、この新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの高さがあるため、実際の数値よりも一回り広く感じました。

荷室の横幅の広さに注目

また、今回新発売された新型新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースの良さは、横幅の広さです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの最小部分(ホイールハウスの間)の横幅は約980mmとなっているのですが、ホイールハウス後方(荷室開口部付近)の最大部分の広さは、約1,390mmに…。

後部座席を使用した状態でもゴルフバッグを2個収納できる広さを確保しているのは、ちょっと凄いなと感心をしてしまいました。

新型カローラ スポーツの荷室サイズを確認:後部座席収納時の広さ

また、2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納する事によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くする事ができます。

実際にこの新型モデルの肩口に用意されている”後部座席収納レバー”を操作して、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きを一番広くすると、このような感じに…。

■後部座席を収納した時の新型カローラ スポーツの荷室

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きはかなり広くなりますよね。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席を収納した時に荷室サイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型カローラ スポーツの後部座席収納時の荷室サイズ
・荷室長:約1,540mm
・荷室幅:約   980mm
・荷室高:約   770mm

※荷室幅は、最小部分で計測

後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約1,720mmに…。

後部座席を使用した状態での荷室の奥行きが約800mmだったので、後部座席を収納すると、荷室の奥行きがかなり広くなった印象を持ちます。

ただ、この新型モデルの奥行きは約1,540mmなので、車中泊をするのには、ちょっと窮屈なのかなと感じました。

後部座席を収納時は大きな段差が…。その高さは?

このように後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが大きくなりますが、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の場合、後部座席の背もたれの部分で大きく段差ができてしまいます。

■後部座席の背もたれ部分の段差

この後部座席を収納した時に生じるこの段差は、どれくらいなのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、後部座席の背もたれ部分の段差の大きさを確認したところ、この段差の高さは、約125mmとなっていました。

ちょっと大きいですよね。

このような大きい段差があると、荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物を奥に押し込む時、段差部分でつかえてしまうので不便なんですよね。

競合車・ライバル車の中には、後部座席を収納した際、フルフラットになる荷室・ラゲッジスペースを備えている車種もたくさんあります。

後部座席を収納した時の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さは十分でしたが、この大きな段差は少々気になってしまいました。

2018年6月にトヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

サイズ自体は十分に広く、実用的なデザインになっていました。

ただ、後部座席を収納した時に生じる荷室・ラゲッジスペースの大きな段差が、かなり気になります。

なので、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手自体は、競合車よりもちょっと劣る感じが…。

もしこれからこの新型モデルに行かれる方は、広さだけではなく、後部座席を収納した時に荷室の使い勝手などもしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする