新型カローラスポーツ モデリスタの外装を実車画像で徹底解剖【上質感がハンパ無い!?】

トヨタの代表車種”カローラ”のハッチバックモデル新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売されたこの新型スポーツハッチバックは3ナンバーに拡大された事もあり、兄弟車種のフィールダーやアクシオよりも存在感のあるデザインに…。

>>> 新型カローラ スポーツの外装【スポーツハッチバックの魅力を実車画像で徹底解剖】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、”モデリスタ(MODELLISTA)”のエアロパーツを備えると、さらに存在感と高級感がアップします。

今回新発売された新型スポーツハッチバックに”モデリスタ(MODELLISTA)”を装着した時の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ベースとなっているノーマルモデルとどんな違いがあるのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のカスタマイズモデル”モデリスタ(MODELLISTA)”の外装・エクステリアを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツ モデリスタの外装インプレッション

エアロパーツを備えた新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツ モデリスタの外装

ちなみに、こちらはエアロパーツを備えていないノーマルモデルの外装・エクステリアのデザインです。

■新型カローラスポーツ ノーマル車の外装

モデリスタ仕様とノーマルモデルでは、外装・エクステリアの雰囲気が全く異なりますよね。

エアロパーツやメッキ加飾を追加している新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)の方が、さらに存在感が増したような感じが…。

また、”モデリスタ(MODELLISTA)”は、エアロパーツやメッキ加飾のあしらい方が上手なので、カスタマイズモデルにありがちな”ギラつき感”が一切ありません。

この”さりげなさ”や”エレガント”さが、”モデリスタ(MODELLISTA)”の最大の魅力なのかなと思いました。

そんな新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)の外装・エクステリアの特徴&魅力をさらに掘り下げてみたいと思います。

魅力1:エアロパーツによってワイド感が増したフロントマスク

今回新発売された新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)の魅力の一つは、フロントマスクのデザインです。

この新型モデルはロー&ワイドなスタイリングが魅力ですが、モデリスタ仕様は、このワイド&ローをさらに強調したデザインに…。

そんな新型モデリスタ(MODELLISTA)で特に印象的だったのは、ロアグリルのデザインです。

この新型モデルでは元々、大きなロアグリルを備えていますが、モデリスタのフロントスポイラーのロアグリル部分を強調するブラックアウト化したデザインに…。

ノーマル仕様よりも低さを強調したデザインになっていました。

また、新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)のフロントスポイラーに備わっているメッキ加飾は、切れ上がっているデザインに…。ノーマル仕様よりもシャープなフロントマスクになっているなと感じました。

魅力2:スポーティーさが増したサイドのデザイン

また、今回新発売された新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)で印象的だったのは、サイドのデザインです。

今回新発売された”モデリスタ(MODELLISTA)”では、サイドのデザインにスポーティーさを加える専用デザインのホイールとサイドスカーフを用意しています。

サイドスカートはスピード感あふれるデザインに…

この”モデリスタ(MODELLISTA)”に用意されているサイドスカートは、前方にいくにつれて細くなっているメッキ加飾を採用。

運転の楽しさを追求した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)らしいスピード感を演出したデザインになっているように感じました。

また、フロントスポイラーのメッキ加飾と一続き(ひとつづき)になっているようなデザインになっているのも印象的でした。

モデリスタでは2種類の専用デザインのホイールを用意

今回新発売された新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)では、15インチと16インチサイズの専用ホイールを用意しているのですが、私が見たモデルでは、風車が回っているようなツイストスタイルが特徴の16インチサイズのホイールを装備。

最上位モデルのGZグレードに標準装備されている18インチのホイールでも十分にスポーティさを味わえるのですが、”モデリスタ(MODELLISTA)”専用のホイールの方がスピード感に溢れたデザインになっているように感じました。

特徴3:ワイド感とスタイリッシュさが増した後ろ姿

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、後ろ姿がカッコいいと好評ですが、この”モデリスタ(MODELLISTA)”は、このスタイリッシュさに磨きをかけています。

ワイド感を演出するモデリスタのリヤコンビネーションランプ

そんな新型モデリスタ(MODELLISTA)で印象的だったのが、リヤコンビネーションランプのデザインです。

■新型モデリスタのリヤコンビネーションランプ

この新型モデルのリヤコンビネーションランプは、元々横に長くワイド感を強調したデザインになっていたのですが、バックドアガーニッシュを備えたモデリスタ仕様はさらにワイド感がアップ。

どっしりとした安定感のある後ろ姿になっていました。

バックドアエアロプレートでスタイリッシュさがアップ

また、ルーフスポイラーを強調する”バックドアエアロプレート”も新型カローラスポーツ モデリスタ(COROLLA SPORT MODELLISTA)の注目のアイテムの一つです。

■モデリスタのバックドアエアロプレート

キラリと輝くバックドアガーニッシュとバックドアエアロプレートのおかげで、上質感がアップした感じが…。また、ノーマル仕様よりもスタイリッシュで立体的なデザインになっているのも、好印象でした。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のモデリスタ仕様の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

メッキ調の加飾やエアロパーツを備えているモデリスタ仕様は、ノーマルモデルよりも高級感・上質感のあるデザインになっています。

スポーティーな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にエレガントさを加えて、ワンランク上の車格の見た目にしたいと思っている人は、メッキやエアロパーツをさりげなくあしらう”モデリスタ(MODELLISTA)”は、ピッタリなのかなと思いました。

>>> HV車とガソリンは見分けられる!?新型カローラ スポーツの外装の違いを比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする