標準仕様とサドルタンの内装の違いは?新型カローラスポーツGグレードを比較

低重心なスポーティーシルエットに生まれ変わったトヨタの代表車種新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中で中間モデルに位置するのが、シルバーのステッチが印象的な”Gグレード(ハイブリッドG)”です。

>>> 新型カローラスポーツGグレードの内装はココに注目【専用装備を実車画像で紹介】

ただ、この”Gグレード(ハイブリッドG)”は、メーカーオプションで、車内をおしゃれに彩るサドルタン仕様に変更する事が可能です。

先日、標準仕様とサドルタン仕様を見比べる事ができたのですが、全く違う雰囲気の内装・インテリアに…。

今回デビューをした新型モデルのGグレードの標準仕様とメーカーオプションのサドルタン仕様の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっているのか?また、この2つのモデルの内装・インテリアは、どのような違いがあるのか?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”に用意されている2つの内装・インテリアのデザインを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツGグレードの内装インプレ【標準仕様とサドルタン仕様を実車画像でチェック】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの標準仕様の内装

>>> Gグレードの標準仕様の内装の詳細は、コチラの記事を確認

一方、こちらは、”Gグレード(ハイブリッドG)”専用のメーカーオプション設定になっているサドルタン仕様の内装・インテリアです。

■Gグレードのサドルタン仕様の内装

>>> Gグレードのサドルタン仕様の内装の詳細は、コチラの記事を確認

同じグレードとは思えないほど、内装・インテリアの雰囲気は異なりますよね。

標準仕様は、シンプルさと洗練さが特徴のモダンテイストな内装・インテリアになっていたのに対し、ブラウンを車内にあしらったサドルタン仕様の内装・インテリアは、どこか温かみのある北欧テイストに…。

ただ、どちらの仕様も、今までの”カローラ像”とは大きくかけ離れた高級感と上質感を兼ね備えたオシャレなデザインになっているように感じました。

新型カローラスポーツの内装【標準仕様とサドルタン仕様の違いは?】

このように車内の雰囲気が大きく異なる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGグレードの標準仕様とサドルタン仕様ですが、具体的には、どのような装備やパーツに違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

違い1.ステッチのカラー

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様の内装の大きな違いの一つが、ステッチのカラーです。

標準仕様では、ハンドルやダッシュボード、ドア内側パネルにスタイリッシュなシルバーのステッチを採用しています。

■標準仕様に採用されているシルバーステッチ

シルバーのステッチが良いアクセントカラーになっていますよね。

一方、メーカーオプション設定になっているサドルタン仕様では、ブラウン(サドルタン)カラーのステッチに…。

■サドルタン仕様のブラウンのステッチ

ハンドルやダッシュボード、ドア内側パネルに施されているブラウンのステッチのおかげで、サドルタン仕様の内装・インテリアは、大人っぽくてオシャレな雰囲気に…。

ステッチのカラーが異なるだけで、車内の雰囲気は大きく異なります。

もし、これからこの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の試乗に行かれる方は、ぜひともステッチのカラーの違いにも注目をしてみてくださいね。

違い2.シフトレバー周りのデザイン

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様では、シフトレバー周りのデザインに違いがあります。

■標準仕様のシフトレバー

■サドルタン仕様のシフトレバー

標準仕様のシフトレバーは、ブラックのソフトパッドをベースにシルバーのステッチをアクセントカラーを採用しているに対し、サドルタン仕様は、ブラウンカラーに変更。

このブラウンカラーの加飾が良いワンポイントアクセントになって、オシャレ感を上手に演出しているように感じました。

違い3.センターコンソールボックス

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様では、センターコンソールボックスのカラーも異なります。

■標準仕様のセンターコンソールボックス

■サドルタン仕様のシフトレバー

どちらのモデルもブラック表皮のセンターコンソールボックスを採用していますが、標準仕様とサドルタン仕様では、ステッチのカラーに違いが…。

ただ、サドルタン仕様のセンターコンソールのステッチは、あまり目立たない感じが…。

個人的には、サドルタン仕様のセンターコンソールは、ステッチのカラーをブラウンにするだけではなく、表皮自体をブラウンにしても良かったのかなと思いました。

違い4.ドア内側パネル

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様とサドルタン仕様では、ドア内側パネルのデザインにも違いがあります。

■標準仕様のドア内側パネル

■サドルタン仕様のドア内側パネル

この2台のモデルで大きく異なるのは、ドア内側アームレストのデザインです。

標準仕様のドア内側アームレストは、ブラックにシルバーのステッチを採用したスタイリッシュなデザインになっているのに対し、サドルタン仕様では、ブラウンカラーに…。

■標準仕様のドア内側アームレスト

■サドルタン仕様のドア内側アームレスト

また、トリム部分のステッチのカラーにも違いがあり、標準仕様よりもサドルタン仕様のドア内側パネルの方が、華やかなデザインになっていました。

違い5.シートデザイン

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様の大きな違いの一つが、シートデザインです。

こちらが、標準仕様の”Gグレード(ハイブリッドG)”のシートです。

■標準仕様のシート

標準仕様のシートは、ブラックをベースにシートサイドにシルバーのステッチを施した、スポーツモデルらしいシンプルなデザインに…。

一方、ブラウンとベージュを組み合わせたサドルタン仕様のシートは、スポーツハッチバックとは思えないオシャレなデザインになっていました。

■サドルタン仕様のシート

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様のシートでは、使用されている素材にも違いがあります。

標準仕様のシートでは、伸縮性のあるファブリック素材が採用されているため、柔らかな座り心地になっています。

■標準仕様に使用されているシート素材

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のサドルタン仕様のメイン部分もファブリック素材となっているため、標準シートと同じような柔らかな座り心地を味わう事ができます。

■サドルタン仕様のメイン部分のシート素材

ただ、シートサイドのブラウンの部分には本革が採用されているため、標準仕様のシートよりもホールド感やサポート力が良い感じが…。

■サドルタン仕様のシートサイドに採用されているブラウン本革

また、この座り心地の違いは、後部座席でも感じる事ができます。

個人的には、標準仕様のシートよりもメーカーオプションのサドルタン仕様のシートの方が座り心地がワンランクもツーランクも上のように感じました。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の標準仕様とサドルタン仕様の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

標準仕様のシートはシンプルなモダンスタイリッシュなデザインになっていたのに対し、メーカーオプションのサドルタン仕様は、どこか温かみのある優しいデザインに…。

標準仕様の内装・インテリアでも十分に満足できるスタイリッシュなデザインになっていますが、ナチュラル感のあるデザインがお好みの方は、メーカーオプション設定になっているサドルタン仕様にしても良いかもしれませんね。

>>> サドルタンの価格はいくら!?【新型カローラスポーツGグレードのオプション】

ちなみに、このサドルタン仕様のメーカーオプション価格は、決して安い金額ではありませんが、この金額の価値は十分にあると思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする