新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室【標準仕様には無い魅力とは?】

2018年6月、トヨタのフラッグシップモデルの新型カローラ(Corolla)から、ハッチバックスタイルの”スポーツ(SPORT)”がデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの荷室は、後部座席を収納すると、背もたれ部分で大きな段差ができてしまうのが欠点の一つなのですが、オプションのデッキボードを備えると、ラゲッジスペースをフルフラットにすることができます。

>>>

ただ、メーカーオプション設定になっているデッキボードを装着すると、荷室・ラゲッジスペースの形や広さ、使い勝手に違いが…。

メーカーオプション設定になっているデッキボードを装着した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、デッキボード装着仕様の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

デッキボード装着モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室レビュー【広さや使い勝手を徹底解剖】

メーカーオプションのデッキボード(正式名称は、アジャスタブルデッキボード)を装着したモデルの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室

ちなみに、こちらは、標準仕様(=デッキボードを装着していないモデル)の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型カローラ スポーツの標準仕様の荷室

標準仕様の荷室フロアは、荷室開口部よりも一段低くなっていたのですが、デッキボード仕様の荷室フロアは、ちょうど荷室開口部の高さに…。なので、標準仕様と比較すると、デッキボード仕様の荷室・ラゲッジスペースの高さは低く感じます。

ただ、デッキボード仕様の荷室フロアは、荷室開口部と同じ高さになったため、荷室に積み込んだ荷物・アイテムの出し入れはしやすいようになっているように感じました。

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているラゲッジボードには、次のような魅力&メリットがありました。

魅力&メリット1:後部座席収納時のフルフラット性能

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているデッキボードを使用する一番のメリット&魅力は、後部座席を収納した時の段差が解消され、フルフラットになる事です。

実際にデッキボード装着モデルと標準仕様の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースを比較してみると、このような感じに…。

■デッキボード仕様の後部座席収納時の荷室

■標準仕様の後部座席収納時の荷室

標準仕様の場合、後部座席を収納すると、約120mmの段差が生じてしまいましたが、デッキボード仕様では、この段差が見事に解消。

フルフラットな荷室・ラゲッジスペースになっており、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が確認に良くなっているように感じました。

魅力&メリット2:小型ポケットを用意

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボード仕様の荷室・ラゲッジスペースで印象的だったのは、トランクの左右に小型ポケットが用意されていた事です。

■デッキボード仕様の小型ポケット

この新型モデルの小型ポケットは、500mlのペットボトルが収納できるくらいの深さを確保。奥行きや横幅も十分なサイズを備えているので、小さいアイテムや転がりやすいアイテムなどを収納するのいんは、ピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボード仕様に用意されている小型ポケットの仕切りは、簡単に取り外しできるのも好印象でした。

魅力&メリット3:荷室の使い勝手が格段にアップ

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボード装着仕様では、フロア下の部分も収納スペースとして仕様できるのも魅力の一つです。

今回新発売された新型モデルでは、このように床下収納(サブトランク)の用意はないんですよね。

■新型カローラ スポーツの荷室フロア下のスペース

しかし、デッキボード仕様では、フロア下を収納スペース(床下収納)として、仕様する事が可能です。

■デッキボード仕様の床下収納(サブトランク)

この新型モデルのデッキボード下のスペースの横幅は広いのですが、フロアからデッキモードまでの高さは約120mmしかありません。なので、背の高い荷物やアイテムを積み込むのには、ちょっと不向きです。

ただ、運転用の靴や洗車道具など普段使わないアイテムを収納しておくのには、とても良い収納スペースになっている感じが…。

標準仕様と比較すると、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボード仕様は、荷室容量は若干少なくなってしまっているようです。ただ、使い勝手に関しては、デッキボード仕様の方が圧倒的に良いように感じました。

魅力&メリット4:荷物を取り出しやすいデザインに…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボードを確認していて良いと思ったのが、荷物の取り出しやすさです。

この新型モデルに用意されているデッキボードは4対2対4になっており、左右どちらからでも開け閉めできるデザインになっています。

なので、デッキボードを上に持ち上げることなく、簡単にデッキボード下に収納した荷物・アイテムを取り出す事ができちゃいます。

この荷物の出し入れのしやすさ、使い勝手の良さも新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボードの良いところなのかなと思いました。

メーカーオプションのデッキボード(アジャスタブルデッキボード)を装着した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

標準仕様の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納した時に大きな段差があったのですが、デッキボード装着仕様では、フルフラットな荷室・ラゲッジスペースに…。

デッキボード下のスペースにも荷物を置けるデザインになっており、標準仕様の荷室・ラゲッジスペースよりも使い勝手は格段に良くなっているように感じました。

ちなみに、この4:2:4分割デッキボード(アジャスタブルデッキボード)のメーカーオプション価格は、8,640円となっています。

かなり安いと思いませんか?

オプション価格も安いですし、このデッキボードを装着する価値は大いにあるのかなと思いました。

>>> 新型カローラ スポーツの荷室サイズは意外と広い!【ラゲッジ寸法を計測してみた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする