新型カローラ スポーツの後部座席はHVとガソリンで別設計!【違いを比較】

2018年6月、伸びやかなハッチバックボディが魅力の新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューを果たしましたね。

今回新発売された新型モデルは、1.2リットルターボエンジンを搭載したガソリン車と1.8リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車の2種類をラインナップ。外装や内装が違うため、全く異なる雰囲気のクルマに仕上がっていました。

>>> HV車とガソリンは見分けられる!?新型カローラ スポーツの外装の違いを比較

また、先日、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車を試乗した時に気づいたのですが、この2台のモデルは、後部座席の座り心地にも違いが…。

トヨタからデビューをした新型ハッチバックのハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの後部座席は、どこが違ったのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席の違いを、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの後部座席:ハイブリッドとガソリン車の違いとは?

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の後部座席

■ガソリン車の後部座席

ハイブリッド車の方はメーカーオプションのレザーシート(本革シート)だったため、見た目の印象は、全然違います。

ただ、このカラーを除けば、ハイブリッド車とガソリン車の後部座席の違いに気づく方は、ほとんどいないと思います。

しかし、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席には、次のような違いがありました。

後部座席の違い1:座面のクッション性

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席の大きな違いの一つは、座面のクッション性です。

ハイブリッド車の後部座席の座面の下には、バッテリーが積み込んでいるため、座面のクッション性がガソリン車よりも若干硬い感じが…。

なので、後部座席に座った時の座面の沈み込みがガソリン車よりも少なくなっており、長時間座っていると、若干お尻がちょっと痛くなりそうな座り心地です。

一方、ガソリン車の後部座席は、ハイブリッド車よりも座面のクッション性が良く、身体の凹凸に合わせてゆっくり沈み込ん感じの座り心地に…。お尻を優しく包み込むようなフィット感があり、長時間ドライブでも疲れにくい座り心地に…。

パッと見ただけでは大きな違いがなさそうな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席ですが、個人的には、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が座り心地は良いように感じました。

後部座席の違い2:足元空間(ニークリアランス)の広さ

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席では、足元空間(ニークリアランス)の広さも異なります。

特に異なるのは、フロントシート下のトンネルの広さです。

■ハイブリッド車のフロントシート下のトンネル

■ガソリン車のフロントシート下のトンネル

画像からは違いが分からないと思いますが、ハイブリッド車よりもガソリン車の方がフロントシート下のトンネルが広く、つま先がスッポリと収まるデザインに…。そのおかげもあり、ガソリン車の方が足元の自由度が高いように感じました。

この2台のモデルのフロントシート下のトンネルの高さの違いが気になったので、計測をしてみたところ、次のような違いがありました。

■新型カローラ スポーツのフロントシート下のトンネル比較
ハイブリッド車…約 90mm
ガソリン車 …約120mm

実際に2台のモデルのフロントシート下のトンネルの高さを確認してみたとろ、なんとガソリン車の方が約3cmもゆとりがある結果に…。

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席周りの足元空間(ニークリアランス)は元々あまり広くありません。

■新型カローラ スポーツの足元空間の広さ

なので、つま先を収める事ができるフロントシート下のトンネル(スペース)は、とても貴重です。

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の足元空間(ニークリアランス)の広さには違いがありません。ただ、フロントシート下のスペースのゆとりを考えると、ガソリン車の方が快適に過ごせるのかなと思いまいた。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車では、後部座席中央の足元空間にある盛り上がりの大きさも違います。

■ハイブリッド車の後部座席中央の盛り上がり

■ガソリン車の後部座席中央の盛り上がり

フロントシート下のトンネルの広さはガソリン車の方が広く手良かったですが、フロア中央にある盛り上がりは、ハイブリッド車の方が小さく、左右の移動がしやすいように感じました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の後部座席は、このようなデザインになっていました。

この2台のモデルの後部座席の見た目には、大きな違いがありません。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車の後部座席では、座面のクッション性や足元空間(ニークリアランス)に明らかな違いが…。

個人的には、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が快適に過ごせるように感じました。
もしこれから新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の試乗に行かれる方は、ハイブリッド車とガソリン車の後部座席の座り心地や快適性の違いにも注目をしてみてくださいね。

>>> カローラ スポーツのHVとガソリンのメーターの違いは小さい!?【実車画像で比較】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする