年齢層で違う!?新型カローラスポーツの人気グレード

スポーツモデルらしい踏ん張り感のあるスタイルが魅力のコンパクトハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードをライナップ。グレードによって、外装や内装の雰囲気や特徴が大きく異なります。

>>> 新型カローラスポーツのグ3つのグレード【各モデルの特徴や魅力を分りやすく紹介】

また、購入されていくお客さんの年齢層によって、新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)の人気グレード・売れ筋モデルが大きく異なります。

今回、新発売された新型モデルの人気グレードは、何なのか?また、どのような年齢層のお客さんがこの新型モデルを購入されていくのか?

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗した際、いつもお世話になっているディーラーさんに人気グレード・売れ筋モデルを教えて貰ったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの人気グレードは何?

2018年6月にトヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しております。

■新型カローラスポーツのグレードラインナップ
・GZグレード/ハイブリッドGZ
・Gグレード /ハイブリッドG
・GZグレード/ハイブリッドGX

このように3つのグレードを用意しているこの新型スポーツハッチバックですが、いつもお世話になっているディーラーさん数店舗に人気グレードを確認したところ、一番人気は、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”となっています。

そして、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”が”GZグレード(ハイブリッドGZ)”に続いてます。

ただ、この2台のモデルの売れ行きもは、ほとんど差がないみたい…。

実際に私はいつもお世話になっているトヨタカローラのお店6店舗に確認を取ってみたのですが、6店舗のうち4店舗では、

「”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と”Gグレード(ハイブリッドG)”の売れ行きは、同じくらいですよ~。」

と言われましたし…。

ちなみに、基本的な機能や装備が充実している新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、ほとんど売れていないとの事でした。

なので、今回新発売された新型モデルは、実質的には、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”が人気を二分していると言うのが実情のようですよ。

新型カローラスポーツを購入していくお客さんの年齢層は?

このように最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”に人気が集中している新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)。

ただ、私が話を聞いたほとんどのディーラーさんが言っていたのですが、”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と”Gグレード(ハイブリッドG)”では、購入していくお客さんの年齢層が大きく異なるそうです。

最上位モデルGZグレードの購入者の年齢層は?

お話を聞いたディーラーさんの話によると、最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の購入していくお客さんの年齢層は、20代~30代くらいの比較的若い方が多いようです。

また、女性よりも男性の方に人気が高くなっているそうです。

GZグレードが若い人に人気の理由はデザイン性

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の購入者の年齢層が若い理由の一つは、外装や内装のデザイン性です。

、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の見た目は、18インチサイズの切削加工を施した専用デザインのホイールやマフラーを模したサテンメッキ調の加飾を施すなど、かなりアグレッシブなデザインになっています。

■GZグレードの外装

内装・インテリアもレッドのステッチを採用するなど、アグレッシブなデザインに…。

■GZグレードの内装

この新型モデルのシートには左右の張り出しの量や角度を最適化し、ホールド力を高めたスポーツシートを採用するなど、スポーツモデルらしさを前面に押し出したのも、若い年齢層のお客さんに人気が高い理由の一つなのかなと思いました。

走りの良さもGZグレードも人気の理由の一つ

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が若年層に人気が高い理由の一つが、走りの良さです。

先ほども申し上げた通り、この最上位”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、他のグレードよりも扁平率が低い18インチのタイヤを標準装備しています。

■GZグレードに標準装備されている18インチタイヤ

そのため、カーブを曲がった時のタイヤの接地感やグリップ力、操舵フィーリングは、他のグレードよりも格段に良くなっています。

また、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”は、5段階から選択できるドライブモードスイッチを装備する事もできるのも、若い年齢層に人気が高い理由の一つなのかなと思いました。

中間モデルGグレード(ハイブリッドG)の購入者の年齢層は?

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の購入者の年齢層は、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”よりも若干高めに…。

ディーラーさんの話によると、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”は、40代~50代くらいの方が多いようです。

また、男性よりも女性人気が高いのも、この”Gグレード(ハイブリッドG)”の特徴の一つのようでした。

Gグレードの年齢層がGZグレードよりも高い理由は、見た目のデザイン

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の購入者の年齢層が高い理由の一つが、見た目のデザインです。

この”Gグレード(ハイブリッドG)”は、シルバー塗装を施した16インチホイールを標準装備するなど、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”よりも落ち着いたデザインに…。

■Gグレードの外装

また、内装・インテリアも、シルバーのステッチを施したシンプルモダンなデザインに…。

■Gグレードの内装

スポーツモデルらしさは、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”よりも劣ります。

ただ、シルバーのステッチを施した”Gグレード(ハイブリッドG)”の方が、シンプルで長年乗り続けても飽きの来ないデザインになっているように感じました。

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”は専用のオプションとして、車内を華やかに彩ってくれる”サドルタン仕様”を用意。

■Gグレード専用オプションサドルタン仕様

このようにオシャレな内装・インテリアに変更できるのも、この”Gグレード(ハイブリッドG)”が女性人気が高い理由の一つなのかなと思いました。

>>> 新型カローラスポーツのサドルタンのシートはオシャレ!?実車画像で徹底解剖

購入しやすい価格設定も魅力の一つ

また、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”よりもお求めやすい価格設定になっているのも、中間モデルの魅力の一つです。

■新型カローラスポーツのGZとGの価格比較
・GZグレード
ハイブリッド車:2,689,200円
ガソリン車(FF):2,419,200円
・Gグレード
ハイブリッド車:2,527,200円
ガソリン車(FF):2,2572,00円

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車同士を比較すると、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”の方が、約16万円ほど高くなっています。

この金額差は、大きいですよね。

運転の楽しさは最上位モデルの”GZグレード”に劣りますが、普段使いとして使用するのに十分な走破性や機能を備えていますし、コストパフォーマンス(コスパ)で優れる”Gグレード”の人気が高いのは、当然なのかなと思いました。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”と中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”が人気モデルとなっています。

ただ、今回新発売されたトヨタの新型スポーツハッチバックは、

「えっ!?これって本当に同じクルマなの!?」

と、ビックリしてしまうくらい、グレードによって、外装や内装のデザインからドライブフィーリングまで明らかに違います。

トヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の購入を検討している方は、グレードによるデザインや乗り心地の違いを確認して、自分に一番ピッタリなモデルを探してみてくださいね。

>>> 新型カローラスポーツの内装【それぞれのグレードの特徴を実車画像で紹介】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする