使い勝手で気になる部分も…!?新型カローラ スポーツの荷室アレンジを徹底解剖

2018年6月、トヨタの看板車種カローラ(Corolla)からハッチバックスタイルの”スポーツ(SPORT)”が新発売されました。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、3ナンバーサイズになり、ステーションワゴンの”フィールダー”やセダンの”アクシオ”よりも伸びやかなデザインに…。

>>> 新型カローラ スポーツの外装【スポーツハッチバックの魅力を実車画像で徹底解剖】

ただ、荷室・ラゲッジスペースのアレンジや使い勝手に関して、ちょっと気になる部分もありました。

今回、トヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのようなアレンジを用意していたのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのアレンジや広さ、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの荷室を徹底解剖:開口部編

2018年6月にトヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のリヤ(後ろ姿)は、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの後ろ姿

そして、この新型モデルのテールゲート(バックドア)を開けると、このような感じに…。

■新型カローラスポーツの荷室開口部

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のテールゲート(バックドア)を開けてみると、広い荷室開口部が登場します。

これだけ広ければ、荷物の積み下ろしがラクそうですよね。

この新型モデルの荷室開口部は、競合車・ライバル車と比較して特に横幅が広くなっているため、ゴルフバックやベビーカーなど大きい荷物を積み込む時に助かるのかなと思いました。

新型カローラ スポーツのテールゲートは開け閉めがしやすいデザインに…

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認していて良いと思ったのは、テールゲート(バックドア)の開け閉めのしやすさです。

この新型モデルのテールゲートに備わっているグリップ(ハンドル)までの高さは約1,830mmとなっており、女性でもラクに手が届きます。

また、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のテールゲートの外版は特製の樹脂素材でできているため、競合車・ライバル車のテールゲートよりもとっても軽いです。

少ないチカラで開け閉めできるのは、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの良いところの一つだなと思いました。

この新型モデルのテールゲートで気になったところとは?

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室開口部を確認していて、気になったところも…。

それは荷室開口部・テールゲートの傾きです。

次の画像を見て頂ければ分かると思いますが、この新型モデルのテールゲートは傾斜が強くなっており、荷室開口部も垂直ではなく斜めになっています。

なので、背の高い荷物を積み込むには、ちょっと不向きな感じが…。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、スポーツハッチバックの中では背の高いモデルになっており、インプレッサ スポーツやシビック ハッチバックなどの競合車・ライバル車よりも荷室高は高くなっておりますが、この傾斜の強い荷室開口部は、ちょっと気になるところでした。

新型カローラスポーツの荷室チェック:アレンジ&使い勝手編

2018年8月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジルームのデザインは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの荷室

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さは、3ナンバーサイズのコンパクトハッチバックの中で平均的な広さになっています。

そんな新型新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースを見て良いと思ったのが、横幅の広さです。

今回新発売された新型モデルは、ホイールハウス部分の張り出しを最大限に削っているため、ビックリするくらい荷室の横幅が広くなっています。

そのおかげもあり、この新型モデルでは、ゴルフバッグを2つ横積みできるだけに荷室幅を確保しているようです。

このサイズのクルマで、ゴルフバックを横積みできるのは、ちょっとスゴイですよね。

今回新発売されたこのこの新型ハッチバックは、競合車・ライバル車と比較して広い荷室・ラゲッジスペースを備えているわけではありません。

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースの奥行き・横幅は十分な広さを確保しており、普段使いで困る事は少ないのかなと感じました。

荷室アレンジでは気になる部分も…

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、6対4分割方式を採用しており、左右独立して、後部座席を収納する事ができます。

実際にこの新型モデルの後部座席を収納してみると、このような感じに…。

■新型カローラ スポーツの後部座席収納時の荷室

また、このクルマの後部座席の背もたれをすべて収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、このようになります。

■後部座席をすべて収納した時の荷室の広さ

収納時、後部座席の背もたれが水平(フルフラット)になるのは、このクルマの良いところの一つです。

ただ、後部座席を収納した際、約120mmの段差ができてしまうのは、欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)は、後部座席を収納した際、背もたれの部分で大きな段差は生じません。

競合車の新型インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)と比較すると、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席収納時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、少々劣るのかなと思いました。

後部座席の段差を解決するためのアイテムも…

このように後部座席を収納時、大きな段差が生じてしまう新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースですが、この新型モデルでは、後部座席を収納した時にフラットにする事ができる”アジャスタブルデッキボード”をオプションで用意しています。

■新型カローラ スポーツのアジャスタブルデッキボード

アジャスタブルデッキボードを装着するのとしないのでは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が異なりますよね。

個人的には、後部座席を収納時、荷室・ラゲッジスペースはフルフラットになった方が、使いやすいと思っています。

もし後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの段差が気になるのなら、オプションで用意されている”アジャスタブルデッキボード”を使ってみるのも良い方法かもしれませんね。

ただ、この”アジャスタブルデッキボード”はメーカーオプションとなっており、後付けできないので、ご注意を…。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみたところ、このような広さ&アレンジになっていました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、実用的なサイズになっているので、普段使いで困る事のない広さを確保しています。

ただ、個人的には、後部座席を収納した時の大きな段差が、どうしても気になってしまいました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を、購入前にしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする