新型カローラ スポーツの内装の実車画像インプレ【シンプルだけど使い勝手は上々!?】

2018年6月、低重心なシルエットな魅力のスポーツハッチバックモデル新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、トヨタからデビューをしました。

“フィールダー”&”アクシオ”に続くカローラシリーズの第三弾として登場をした”スポーツ”は3ナンバーサイズに拡大され、他の2台のモデルよりも伸びやかなデザインに…。

>>> 新型カローラ スポーツの外装【スポーツハッチバックの魅力を実車画像で徹底解剖】

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インテリアに関しても、スポーツモデルらしくシンプルなデザインに…。ただ、機能的で使い勝手が良い内装・インテリアになっているように感じました。

そんな新型ハッチバックの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴・魅力があったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インテリアを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの内装インプレ:インパネは、どんなデザインだった?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のインパネ・運転席周りのデザインは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツのインパネ
グレード:GZグレード

今回新発売された新型モデルに用意されているインパネは、横に伸びやかな水平基調を意識したデザインに…。シンプルながらもスタイリッシュでスポーツモデルらしいインパネになっていました。

また、この新型モデルのインパネ下部は、運転席&助手席の下の部分が大きくえぐれており、フロントシート周りの足元空間が広く、乗り降りがしやすいデザインになっているのも好印象でした。

グレードによって、インパネのデザインに若干の違いが…

このようなスタイリッシュなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インテリアですが、グレードによって、若干デザインが異なります。

その一つが、インパネに施されたステッチです。

例えば、今回私が見たモデル最上位の”GZグレード”では、スポーティーさを演出するレッドのステッチが施されていましたが、最廉価モデルの”GXグレード”では、ステッチが施されていないシンプルなデザインに…。

■GZグレードのインパネ

■GXグレードのインパネ

また、メーターのデザインなど、インパネの加飾パーツ以外にも様々な違いが…。

なので、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、内装・インテリアの雰囲気が全く異なります。

もしこの新型モデルの購入を検討しているのなら、グレードによる内装・インテリアのデザインの違いにも注目をしてみてくださいね。

機能や装備は大充実

このようにシンプルでスタイリッシュなデザインをしている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インパネですが、機能や装備は充実しています。

例えば、この新型モデルでは、電子式のパーキングブレーキが全グレード標準装備されています。

■新型カローラ スポーツの電子式パーキングブレーキ

また、この新型モデルのオーバーヘッドコンソール部分には、救急車のようなマークをしたスイッチが用意されているのですが、これは、緊急時にコールセンターへ接続をする”ヘルプネット”スイッチです。

■新型カローラ スポーツのヘルプネットスイッチ

高級車と呼ばれるクラスでは、イザという時に助かる”ヘルプネット”が標準装備されているのは当たり前ですが、このクラスのクルマで装着されているのは、かなり珍しい事なんです。

このように機能や装備が充実しているのも、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インパネの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

収納スペースはやや少なめ

このよう見た目のデザイン、機能性どれをとっても優れている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インパネですが、ちょっと残念に感じたのは、収納スペースの少なさです。

グローブボックスやセンターコンソールなど基本的な収納スペース・小物入れは用意されていませんが、全体的にちょっと少ないような…。

■新型カローラ スポーツのグローブボックス

■新型カローラ スポーツのセンターコンソールトレー

この新型モデルをファミリーカーとして使用するには、収納スペース・小物入れの個数や配置で少し困るのかなと思いました。

新型カローラ スポーツの内装インプレ:シートのデザインを徹底チェック

2018年6月にデビューをしたトヨタの新型スポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツのフロントシート

■新型カローラ スポーツの後部座席

今回新発売された新型モデルはその名の通り、スポーツモデルという事もあり、体をがっしりとサポートをしてくれるホールド力があるシート設計に…。

シートのショルダー部分がヘッドレスト脇まで伸びており、スポーツモデルと呼ぶのに相応しいシートデザインになっているように感じました。

新型カローラスポーツでは2種類のシートデザインを用意

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、”スポーツシート”と”スポーティーシート”と呼ばれる2種類のシートを用意しており、グレードによって、シートのデザインが異なります。

■新型カローラ スポーツのスポーツシート
対象グレード:GZ系グレード

■新型カローラ スポーティーシート
対象グレード:G系グレード、GX系グレード

ドアを開けた瞬間に目に飛び込んで切るメッキ調の加飾が印象的な”スポーツシート”は、最上位モデルの”GZグレード”に標準装備。

下位モデルの”Gグレード”や”G系グレード”に採用されている”スポーティシート”でも十分なサポート力がありますが、最上位モデル”GZグレード”に採用されている”スポーツシート”は、左右のサポートの張り出し量や角度を最適化した専用デザインのシートに…。

正直に言って、”カローラ(COROLLA)”には、「ちょっともったいなさすぎる。」と感じるシート設計&座り心地になっていました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルでは、シンプルながらもスタイリッシュなデザインのインパネに…。長年乗っても飽きが来ないデザインになっているように感じました。

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の内装・インテリアの見どころの一つは、新開発されたシートです。

競合車・ライバル車では味わえない座り心地の良さとサポート力を兼ね備えたシートは、この新型モデルの魅力&メリットの一つです。

もしこの新型モデルを見に行く際は、運転席に座って、スポーツモデルらしい座り心地やサポート力を確かめてみてくださいね。

「こんなスゴイシートがカローラに標準装備されているの!?」って、きっとあなたもビックリすると思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする