トヨタ新型カローラスポーツの内装【GZとGの違いを実車画像で徹底解剖】

2018年6月、トヨタの代表車種”カローラ”の第3弾として、ハッチバックスタイルの新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)がデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意していますが、特に人気が高いのは、最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”です。

最上位モデルの”GZグレード”はスポーツモデルらしさを前面に押し出したデザインになっているのに対し、中間モデルの”Gグレード”は上品さを追求したデザインに…。そのおかげもあり、外装・エクステリアは、全く異なる雰囲気に…。

>>> 新型カローラスポーツのGZとGの外装の違いを実車画像で比較【全然違う!?】

また、この2つのグレードは、内装・インテリアにも大きな違いがありました。

2018年8月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”のそれぞれの内装・インテリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、どのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューをした新型スポーツハッチバックの”GZグレード”と”Gグレード”の内装・インテリアの違いを、実車画像を使って徹底レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのGZグレードとGグレードの内装は、どんなデザイン?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■GZグレードの内装・インテリア

>>> GZグレードの内装・インテリアをもっと詳しく確認をしていみる

■Gグレードの内装・インテリア

>>> Gグレードの内装・インテリアをもっと詳しく確認をしていみる

最廉価モデルのGXグレード(ハイブリッドGX)と異なり、どちらのモデルも本革巻きのハンドルやシフトレバーを備えており、”カローラ(COROLLA)”とは思えない上質なデザインに…。

■新型カローラスポーツの本革巻きのハンドル

また、左右独立式のフルオートエアコンや電動パーキングブレーキ&ブレーキホールドなど、どちらのモデルも十分に満足できる機能を備えているのも好印象でした。

新型カローラスポーツのGZグレードとGグレードの内装は、どんなデザイン?

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の内装・インテリアですが、実際に見比べてみると、様々な違いが…。

そんな2台のモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

違い1:ステッチのカラー

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の大きな違いの一つがステッチのカラーです。

この新型モデルでは、ダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルなど様々な場所にステッチが施されているのですが、この2台のモデルでは、ステッチのカラーに違いがありました。

こちらは、最上位モデル”GZグレード”のダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルです。

■GZグレードのダッシュボード

■GZグレードのセンターコンソール

■GZグレードのドア内側パネル

ご覧いただければ分かると思いますが、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、レッドのステッチを採用。スポーツモデルらしいアグレッシブさを感じる内装・インテリアになっていました。

一方、こちらは、中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”のダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルのデザインです。

■Gグレードのダッシュボード

■Gグレードのセンターコンソール

■Gグレードのドア内側パネル

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード”では、シルバーのステッチを採用。

レッドのステッチを用いてスポーツモデルらしさを演出していた”GZグレード”とは異なり、モダンスタイリッシュな内装・インテリアを演出しているように感じました。

違い2:メーター

また、メータのデザインも新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の大きな違いの一つです。

■GZグレードのメーター

■Gグレードのメーター

このように2台のモデルのメーターを見比べると、印象が大きく異なりますよね。

最上位モデルの”GZグレード”は、中央部分に7インチサイズのディスプレイを配置したフルデジタル表示のメーターを採用していたのに対し、Gグレードは、オーソドックスな3眼式のメーターを標準装備。

やはりフルデジタル表示を採用している”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のメーターの方が先進性のある感じが…。また、運転席に座った時の気分の高揚感も、だいぶ違いました。

ちなみに、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のメーターは、ガソリン車とハイブリッド車でも若干の違いがあります。

>>> 新型カローラ スポーツのHVとガソリンのメーターの違い【実車画像で比較】

よく見ないと、ハイブリッド車とガソリン車のメーターの違いは気づかないので、是非とも注目をしてみてくださいね。

違い3:ドア内側パネル

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の内装・インテリアを見比べてみて、驚いたのがドア内側パネルのデザインの違いがです。

■Gグレードのドア内側パネル

■GZグレードのドア内側パネル

最上位グレードの”GZグレード”のは、ドア内側パネルにピアノブラック塗装とシルバーの加飾が…。

若干ギラギラとし過ぎかなと言った印象もありましたが、”GZグレード(ハイブリッドGZ)”のキャラクターにマッチをしたワクワク感を駆り立てるアグレッシブなデザインになっているように感じました。

違い4:フロントシート

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の最大の違いが、フロントシートのデザインです。

今回新発売された新型モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”では、最廉価モデルの”GXグレード”と同様のスポーティーシートを標準装備。

■Gグレードのスポーティーシート

一方、最上位モデルの”GZグレード(ハイブリッドGZ)”では、Gグレード(ハイブリッドG)に採用されているスポーティーシートよりもサポート力を高めたスポーツシートを標準装備。

■GZグレードのスポーツシート

そのおかげもあり、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GZグレード”と”Gグレード”では、座り心地やホールド感に違いが…。

サイドサポートがしっかりとしている”スポーツーシート”の方がホールド力があり、座った瞬間に自然にスッと背筋が伸びるような座り心地に…。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード(ハイブリッド)”に用意されているスポーツシートは、

「えっ!?こんな高機能なシートがカローラに備わってて良いの!?」

と、ビックリをしてしまうくらい高機能な仕上がりになっていました。

>>> 新型カローラスポーツのスポーツシートとスポーティシート【座席の違いを徹底解剖】

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード”と中間グレード”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

レッドのステッチを採用した最上位モデルの”GZグレード”は、刺激的なデザインになっていたのに対し、中間モデルの”Gグレード”は、生活感を感じさせないスタイリッシュなデザインになっていました。

どちらのモデルも質感は高いですが、車内の雰囲気は同じクルマと思えないほど違いがあるので、内装・インテリアの雰囲気の好みでグレード選びをしても良いのかもしれませんね。

>>> グレードによって違いが!?新型カローラスポーツのオプションを徹底レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする