新型カローラスポーツGグレード【シンプルモダンな内装を実車画像で徹底解剖】

ボディサイズが一回り大きくなり、存在感がアップしたトヨタのスポーティーハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年8月にデビューしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しているのですが、中間に位置しているのが、”Gグレード(ハイブリッドG)”です。

そんな”Gグレード(ハイブリッドG)”の特徴&魅力の一つが、シンプルながらも高級感溢れるデザインになっている内装・インテリアです。そのおかげもあり、この”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、他のグレードよりもオシャレな雰囲気に…。

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、どのような特徴があったのか?

実車画像を使って、”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアの特徴や魅力を徹底的に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツ Gグレードの内装は、どんなデザイン?

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■Gグレードの内装・インテリア

この”Gグレード(ハイブリッドG)”に採用されているインパネも他のグレードと同様に左右の広がりを強調した薄型デザインに…。

ただ、インパネやドア内側パネル、メーターなどに加飾が施されており、最廉価モデルの”GXグレード”の内装・インテリアよりも、格段に高級感がアップしたように感じました。

>>> 質感はイマイチ!?新型カローラスポーツGXの内装の実車画像インプレ

新型カローラスポーツ Gグレードの内装の5つの特徴&魅力とは?

このようにスタイリッシュなデザインになっている新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”ですが、内装・インテリアには、どのような特徴&魅力があったのでしょうか?

私が実際にこの新型モデルを試乗をして感じた、”Gグレード(ハイブリッドG)”ならではの魅力&特徴5つを紹介いたします。

魅力&特徴1.シンプルながらも上品なデザインを採用

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアの魅力の一つは、デザイン性の良さです。

他のグレードと異なり、この”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアでは、シルバーのステッチをアクセントカラーに採用。

■Gグレードのインパネ

■Gグレードのセンターコンソール

■Gグレードのドア内側パネル

シルバーのアクセントカラー採用した”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、シンプルながらも上質感が溢れるデザインに…。

スポーツモデルらしさを前面に押し出したGZグレードとは異なり、誰からも愛される上品な内装・インテリアになっているように感じました。

魅力&特徴2.ワンランク上の上質感を演出する質感の高さ

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアで印象的だったのは、素材の良さです。

例えば、この”Gグレード(ハイブリッドG)”のダッシュボードには、肌触りの良いソフトパッドを採用しています。

■Gグレードのダッシュボード

また、センターコンソールやドア内側パネルには、クッション性の良い合成レザーを採用。

■Gグレードのセンターコンソールボックス

■Gグレードのドア内側パネル

ファブリック素材を採用している最廉価モデルの”GXグレード”のものよりも、見た目のデザイン性だけではなく、使い心地も”Gグレード”の方が圧倒的に良いように感じました。

特徴&魅力3.大きく進化を遂げたハンドル&シフトレバー

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の特徴&魅力の一つが、ハンドルやシフトレバーです。

この中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”から、本革巻きのハンドルやシフトレバーに…。

■Gグレードのハンドル

■Gグレードのシフトレバー

本革巻きのハンドルやシフトレバーになった事で、高級感が格段にアップした感じが…。

また、最廉価モデルに採用されていたウレタン製のハンドルやシフトレバーよりも握り心地が良く、車格が増した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に相応しい仕様になっていました。

特徴&魅力4.加飾を施した専用デザインのメーターを標準装備

メーターも、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”Gグレード(ハイブリッドG)”の注目の装備の一つです。

■Gグレードのメーター

この”Gグレード(ハイブリッドG)”に用意されているメーターは、最廉価モデルのGXグレードと同じ3眼式のメーターになっています。

ただ、最廉価モデルのGXグレードと異なり、スピードメーターのリング周りに加飾を施したGグレード専用デザインに…。

このGグレードのメーターは、GXグレードのメーターを見た時に感じた安っぽさも一切なく、十分に満足できる質感の高さを備えているのが、好印象でした。

特徴&魅力5.Gグレードはスポーティーシートを標準装備

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、運転席のデザインも注目ポイントの一つですが、この”Gグレード”では、最廉価モデルの”GXグレード”と同じ、シルバーのステッチが入ったファブリック素材のスポーティーシートを標準装備しています。

■Gグレードのフロントシート

”Gグレード(ハイブリッドG)”に採用されているスポーティーシートは、サポート力も十分で、座り心地も良くなっています。

ただ、シート全体がファブリック素材となっているという事もあり、高級感や上質感に物足りなさが…。

個人的には、GXグレードとは異なるワンランク上のGグレード専用デザインのシートを用意しても、良かったのかなと思いました。

ちなみに、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”では、ブラン(サドルタン)のアクセントカラーを採用したオシャレな本革シートを用意しています。

■Gグレード専用オプション設定のサドルタン仕様の本革シート

メーカーオプションのサドルタン仕様にすると、スポーツモデルらしさがなくなり、温かみのある雰囲気に…。

ワンランク上のオシャレな内装・インテリアにしたい方には、ブラウン(サドルタン)をあしらったこの本革シートは、とても良いオプションなのかなと思いました。

>>> サドルタンの価格はいくら!?【新型カローラスポーツGグレードのオプション】

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

ダッシュボードやドア内側パネルにシルバーのステッチを施した”Gグレード(ハイブリッドG)”は、質感の良さが際立つシンプルなデザインに…。

この”Gグレード(ハイブリッドG)”の内装・インテリアは、スポーツモデルらしいアグレッシブさが控えめになっているので、上品なクルマに乗りたいと思っている人にもピッタリなグレードなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この”Gグレード(ハイブリッドG)”は特に女性からの人気が高いとの事。ただ、実際にこの”Gグレード(ハイブリッドG)”を確認してみると、女性からの人気が高いのも納得の仕上がりの良さでした。

もし、このGグレード(ハイブリッドG)を試乗する機会がありましたが、内装・インテリアのデザインや各アイテムの素材感などもしっかりと確認してみると、良いと思いますよ。

>>> 新型カローラスポーツの自動ブレーキ【競合車よりも優れている点とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする