HVとガソリンでどれくらい違う!?新型CRV/CR-Vの荷室容量を大公開!

2018年8月、高い実用性とプレミアム感が魅力のホンダのクロスオーバーSUV新型CRV/CR-Vが、日本再デビューを果たしました。

2年半ぶりに復活をしたこの新型SUVは、ガソリン車に加えて、2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車もラインナップに加えましたが、外装や内装に違いが…

>>> 3つの違いとは?新型CR-V/CRVのハイブリッドとガソリンの外装を比較

また、新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車では、荷室・ラゲッジスペースの容量にも違いがありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型SUVのガソリン車とハイブリッド車の荷室容量は、どれくらいなのでしょうか?また、荷室容量は、アレンジによって、どれくらい変化するのでしょうか?

2018年8月に日本再デビューを果たしたホンダの新型SUVのガソリン車とハイブリッド車の荷室容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの荷室容量を徹底検証

2年半のブランクを経て復活を果たしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースは、次のようなデザインになっています。

こちらは、今回新しく設定されたハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースです。

■新型CRV/CR-V ハイブリッド車の荷室

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの荷室【アレンジや使い勝手を徹底解剖】

そして、今回新発売された新型モデルのガソリン車は、5人乗りの2列シート仕様と7人乗りの3列シート仕様が用意されていますが、荷室・ラゲッジスペースのデザインもこのように異なります。

■新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗り仕様の荷室

>>> 高さ調節が便利!?新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室の使い勝手レビュー

■新型CRV/CR-V ガソリン車7人乗り仕様の荷室

>>> やっぱり狭い!?新型CRV/CR-Vのガソリン車7人乗りの荷室・ラゲッジルーム

このように今回新発売された新型モデルでは、パワートレーンや乗車人数によって、荷室・ラゲッジスペースの形状や使い勝手が異なります。そのため、荷室容量にも差が生じています。

そんな新型CRV/CR-Vの各モデルの荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

7名乗車時の荷室容量

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の3列目シート使用時(7名乗車時)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■7人乗り仕様の3列目シート使用時の荷室

やはり3列目シートまで展開すると、荷室・ラゲッジスペースは、かなり狭くなりますね。奥行きが狭いため、大きい荷物を積み込むのは、ちょっと難しいのかなと感じました。

そんな新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シート使用時(7名乗車時)の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■7名乗車時に荷室容量…150リットル

7人乗車時(3列目シート使用時)の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの容量は、150リットルとなっており、競合車・ライバル車の3列シート仕様と比較しても勝るとも劣らない広さとなっております。

ただ、この7名乗車時の荷室容量は、後ほど紹介をする5名乗車の時の半分以下に…。

荷室・ラゲッジスペースを有効活用したいのなら、やはり3列目シートを収納しておいた方が良いのかなと思いました。

5名乗車時の荷室容量

一方、5名乗車時(7人乗り仕様の場合、3列目シート収納時)の新型CRV/CR-Vの荷室容量は、どのようになっているのでしょうか?

ディーラーさんに確認してもらったところ、このようになっていました。

■5名乗車時の新型CRV/CR-Vの荷室容量
・ガソリン車 5人乗り仕様
荷室容量:561リットル
・ガソリン車 7人乗り仕様
荷室容量:472リットル
・ハイブリッド車
荷室容量:499リットル

3つのモデルの中で一番荷室容量が多くなっているのは、ガソリン車の5人乗り仕様となっており、そして、ハイブリッド車が続く結果に…。

新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様とハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースをパッと見た感じでは大きな違いはなさそうですが、荷室容量で比較してみるとは、思ったよりも違いがありますね。

■ガソリン車の5人乗り仕様の荷室

■ハイブリッド車の荷室

そんなハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の荷室容量の違いの一つは、ラゲッジボードです。

新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様では、荷室の高さを調整する事ができるラゲッジボードを備えており、積み込む荷物の大きさや量によって、高さを調節する事ができます。

■ラゲッジボードを上段した時の5人乗り仕様の荷室

■ラゲッジボードを下段した時の5人乗り仕様の荷室

一方、ハイブリッド車は、ラゲッジボードが用意されていないため荷室・ラゲッジスペースの高さを調節する事ができません。

そのため、新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様の方が荷室容量が大きい結果に…。

また、荷室フロアの下に用意されている床下収納(サブトランク)の広さも、荷室容量の違いに大きく影響を与えているそうです。

■ガソリン車の5人乗り仕様の床下収納

■ハイブリッド車の床下収納

ガソリン車の5人乗り仕様とハイブリッド車の床下収納(サブトランク)の広さの違いは、一目瞭然ですよね。

>>> 新型CRV/CR-Vのガソリン車の床下収納はどのくらい!?サイズ・広さを計測してみた

新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様の方が荷室容量が多くなっていましたが、使い勝手に関しても、ラゲッジボードや広いサブトランクを備えているガソリン車の5人乗り仕様の方が優れているように感じました。

2名乗車時の荷室容量

また、新型CRV/CR-Vの後部座席(2列目シート)を収納して2名乗車にした時の荷室容量は、このようになっていました。

■2名乗車時の新型CRV/CR-Vの荷室容量
・ガソリン車 5人乗り仕様
荷室容量:1,123リットル
・ガソリン車 7人乗り仕様
荷室容量:936Lリットル
・ハイブリッド車
荷室容量:1,061Lリットル

後部座席(2列目シート)を収納した時の荷室容量は、7人乗り仕様よりも5人乗り仕様の方が圧倒的に広くなっています。

ただ、使い勝手に関しては、2列目シートをフルフラットにするだけではなく、小さく折り畳むタンブル機能を備えているガソリン車の7人乗り仕様も決して劣っていないように感じました。

2018年8月に日本再デビューを果たした新型CRV/CR-Vの荷室容量を確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルの荷室容量は、広い床下収納(サブトランク)を備えていたこともあり、ガソリン車の5人乗り仕様が、他のモデルよりも大きくなっていました。

ただ、ハイブリッド車もガソリン車の7人乗り仕様も十分に満足できる広さの荷室・ラゲッジスペースを備えています。なので、どのモデルを購入しても、荷室・ラゲッジスペースの広さで困ることは無いと思いますよ。

ちなみに、今回新発売された新型CRV/CR-Vは、モデルによって、荷室アレンジや使い勝手、床下収納のサイズが大きく異なります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、荷室・ラゲッジスペースの広さだけではなく、アレンジ性能や床下収納(サブトランク)のデザインもしっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vの荷室比較【ハイブリッドとガソリン車の違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする