新型フィット4 クロスターにルーフレールって必要!?価格&デザインを徹底チェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、メーカーオプションでルーフレールを装着することが可能です。

ディーラーさんの話によると、クロスター専用のオプションとして用意されているルーフレールは、天井に荷物を積みたい方だけではなく、見た目のデザイン性にこだわる人にも人気で、多くの人が装着しているそうです。

そんな”クロスター(CROSSTAR)”に用意されているルーフレールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このルーフレールのオプション価格は、いくらだったのでしょうか?

新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”に用意されているルーフレールのデザインや価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 クロスターに用意されているルーフレールのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”に用意されているルーフレールは、このようなデザインをしています。

■クロスターのルーフレール

この”クロスター(CROSSTAR)”では、シルバーカラーを施したルーフレールをオプションで用意。

私が見た”サーフブルー×ブラック”のようにブラック塗装を施した2トーンカラーだと、
シルバー塗装を施したルーフレールが際立って見えますね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”クロスター(CROSSTAR)”は、プラチナホワイトパールやルナシルバーメタリックなど、明るいカラーもラインナップしています。

ただ、せっかくルーフレールを装着するのなら、シルバー塗装を施したルーフレールが際立つブラックルーフを採用している2トーンカラーや濃いめのカラーの方が良いのかなと思いました。

ルーフレールを装着するとSUVらしさがアップ

そんな新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”にメーカーオプションのルーフレールを装着すると、やはりSUVらしさがアップするような感じが…。

こちらは、シルバー塗装を施したルーフレールを装着したモデルです。

■ルーフレールを装着したクロスター

新型フィット4(Fit4)の”クロスター(CROSSTAR)”では、タフな見た目を演出するブラック塗装を施したバンパーやサイドシルガーニッシュを標準装備していますが、天井にルーフレールが備わっていると、グッとSUVらしいチカラ強さがが増しますね。

また、シルバー塗装を施してあるサイドミラーとの相性も良く、街中で映えるスタイリッシュなクロスオーバーSUVに仕上がっていました。

一方、こちらは、ルーフレールを装着していないモデルの”クロスター(CROSSTAR)”です。

■ルーフレール未装着のクロスター
ルーフレールを装着していないモデルは、チカラ強さのある足回りに対して、ボディの上半分が迫力不足な感じが…。なので、どこかアンバランスな感じがあります。

このように見比べると、見た目のデザイン性は、メーカーオプションとして用意されているルーフレールを装着したモデルの方が良いのかなと思いました。

新型フィット4 クロスターのルーフレールは高い!?オプション価格はいくら?

このようにSUVらしい迫力のある見た目を演出してくれる新型フィット4(Fit4)のクロスター専用オプションのルーフレールですが、価格はいくらなのでしょうか?

先日、この新型モデルの見積もりを貰った際、ディーラーさんにルーフレールのオプション価格を確認してみたところ、このようになっていました。

■クロスターのルーフレールのオプション価格…4万4000円

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”に用意されているルーフレールのオプション価格は、4万4000円。

正直に言って、ちょっと高いような…。

ちなみに、車体の形は異なりますが、トヨタからデビューを果たしたステーションワゴン”カローラ ツーリング(COROLLA TOURING)”に装着することができるルーフレールのオプション価格は、3万3000円(税込み)となっていました。

■カローラツーリングのルーフレール

カローラ ツーリング(COROLLA TOURING)にオプションで用意されているルーフレールと比較すると、クロスター(CROSSTAR)に用意されているルーフレールは、ちょっと高いですよね。

個人的には、せめてクロスター(CROSSTAR)のルーフレールも、カローラ ツーリング(COROLLA TOURING)と同じくらいの価格設定にして貰いたかったです。

…と言いますか、本音を言うと、せっかくクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)を用意したのなら、ルーフレールも標準装備にして貰いたかったです。

まとめ:迫力とスタイリッシュさを演出するクロスターのルーフレール

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)にオプションで用意されているルーフレールのデザインや価格を確認してみたところ、このようになっていました。

メーカーオプションで用意されているルーフレールを装着すると、見た目の迫力が増して、クロスオーバーSUVらしさに磨きがかかった感じが…。

オプション価格は決して安くありませんが、クロスオーバーSUVらしい見た目にもこだわるのなら、ルーフレールを装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする