全方位的に進化!新型フィット4の特徴や魅力をサクッとまとめてみた

2020年2月にホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)が、デビューを果たしました。

今回デビューを果たした新型モデルは、スポーティーだった先代モデルから一転してキュートなデザインに…。また、機能や装備も充実して、使い勝手の良いクルマに仕上がっていました。

新しいデザインに生まれ変わったホンダの新型フィット4(Fit4)の外装や内装は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような機能や安全装備を備えていたのでしょうか?

全方位的に進化を遂げたホンダの人気コンパクトカーの特徴や魅力を、余すところなく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

キュートな見た目に生まれ変わった新型フィット4の外装

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の外装・エクステリア
グレード:ホーム(HOME)

親しみやすいデザインに生まれ変わった新型フィット4

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の魅力の一つは、ちょっとユニークでキュートなルックスです。

先代モデルは、切れ長のヘッドライト採用するなど、スポーティーさを強調したアグレッシブなデザインになっていたんですよね。

■先代モデルの外装・エクステリア

しかし、今回フルモデルチェンジをした新型モデルは、外装・エキステリアのデザインを一新。

■新型フィット4の外装・エクステリア

先代モデルのような迫力やスポーティーさはありませんが、乗れば乗るほど愛着がわく”おちゃめ”な顔つきになっていました。

グレードによってキャラクターが異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ5つのグレードを用意しています。

■新型フィット4のグレードラインナップ

・ベーシック(BASIC
・ホーム(HOME)
・ネス(NESS)
・クロスター(CROSSTAR)
・リュクス(LUXE)

ただ、この新型モデルは、グレードによって、キャラクターや特徴が異なります。

例えば、クロスター(CROSSTAR)。

上位モデルに位置をするクロスター(CROSSTAR)は、専用デザインのフロントマスクを備えたクロスオーバーSUV仕様になっています。

■新型フィット4のクロスター

また、ネス(NESS)は、ライムグリーンのアクセントカラーを纏ったビビットな2トーンカラーを用意。

■新型フィット4のネス

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、見た目のデザインや特徴が異なるのも注目ポイントの一つですよ。

タイヤは4種類用意

また、タイヤ&ホイールのデザインも見逃せないポイントの一つです。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、サイズや見た目のデザインが異なる4種類のタイヤ&ホイールを用意しています。

なので、グレードによって、足回りの印象にも違いが…。

それぞれのグレードにマッチしたスタイリッシュなデザインにになっているこの新型モデルのタイヤ&ホイールにも、ぜひとも注目をしてみてくださいね。

心地よさにこだわった新型フィット4の内装・インテリア

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の内装・インテリア
グレード:ホーム

居心地の良さにこだわった快適な車内空間

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアは、解放感と居心地の良さにこだわったシンプルデザインに…。

先進性やスタイリッシュさは競合車・ライバル車よりも見劣りしますが、リビングのようにゆったりと過ごせる快適な車内空間になっていました。

また、この新型モデルのダッシュボード(インパネ)は、薄型&水平設計になっており、乗った瞬間に気分が上がるような解放感のある車内空間になっているのも好印象でした。

新型フィット4は先代モデルよりも運転がしやすくなった

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアで印象的だったのが、先代モデルよりも操作性が良くなっていたことです。

例えば、シフトレバー。

先代モデルでは、操作方法がちょっと複雑な電子式のシフトレバーを搭載していましたが、新しく生まれ変わった新型モデルでは、前後にスライドするオーソドックスなタイプに原点回帰。

■新型モデルのシフトレバー

ご覧の通り、とてもシンプルなので、初めて運転する人でも、迷わずに運転できるデザインに…。

また、この新型モデルのエアコン パネルはダイヤル式になっており、運転中の操作がしやすくなっていたのも好印象でした。

快適な運転をサポートしてくれる先進装備も充実

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、競合車・ライバル車には用意されていないような便利なアイテムが多数用意されています。

その一つが、オートブレーキホールドです。

この新型モデルでは、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドを標準装備。

■オートブレーキホールド

また、この新型モデルでは、急速充電に対応したUSBポートをセンターコンソールの後方に2個用意。

■新型フィット4のUSBポート

このような運転を楽にしてくれるアイテムや車内で快適に過ごせるアイテムが充実しているのも、このクルマの良いところなのかなと思いました。

ちなみに、充電用のUSBを装着しているのはハイブリッド車のみなので、ご注意くださいね。

シートの座り心地も向上

また、シートのデザイン&座り心地も良さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の注目ポイントの一つです。

この新型モデルでは座面の厚みを30mmほど熱くしたこともあり、弾力のある”もっちり”とした座り心地に…。

■新型フィット4のシート
グレード:ホーム

そんな新型モデルのシートで特に良いと思ったのが、最上位モデルに”リュクス(LUXE)”です。

■最上位モデル”リュクス”のシート

最上位モデルのリュクス(LUXE)のシートは、シートサイドに本革を採用するなど、高級感&上質感のあるデザインに…。

また、サポート力に優れたヘッドレストを採用するなど、コンパクトカーのシートとは思えない快適な座り心地を楽しめるのも好印象でした。

新型フィット4らしい広々とした居住空間を確保

また、ホンダのフィット(FIT)と言えば、後部座席の足元空間など居住空間の広さが魅力の一つですが、この良さは、この新型モデルにもしっかりと受け継がれています。

例えば、後部座席の足元空間(ニークリアランス)。

今回、フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、先代モデルと同様にゆったりと座れるだけの広々とした足元空間(ニークリアランス)を確保。

■新型フィット4の後部座席の足元空間

また、この新型モデルの後部座席は頭上空間(ヘッドクリアランス)も広く、大人でも快適に過ごせるようになっていたのも好印象でした。

充実した収納スペース

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)を試乗して良いと思ったのが、使い勝手が良くなった収納スペース&小物入れです。

この新型モデルでは、運転席と助手席の間にインパクトのある”テーブルコンソール”を、全グレードに標準装備。

■新型フィット4のテーブルコンソール

また、ダッシュボード部分に用意された”インパネアッパーボックス”も、今回新たにこの新型モデルから追加された収納スペースの一つです。

■インパネアッパーボックス

このように大きくて使い勝手の良い収納スペースをたくさん用意しているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの魅力の一つですよ。

広くて使い勝手が良い新型フィット4の荷室

また、コンパクトカーの中でトップクラスの容量&広さを備える荷室・ラゲッジスペースも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の魅力の一つです。

■新型フィット4の荷室・ラゲッジスペース

また、先代モデル同様、この新型モデルでも後部座席の座面を跳ね上げる”チップアップ”を備えるなど、荷室アレンジも豊富です。

■新型フィット4のチップアップ機能

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車とガソリン車で荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手が異なるので、ご注意くださいね。

新型フィット4はホンダの最新の安全装備を搭載

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、ホンダの最新の安全装備が備わっており、イザという時にドライバーや同乗者の身をしっかりと守ってくれます。

そんな新型モデルに用意されている安全装備には、次のような特徴がありました。

最新のホンダセンシングを全グレード標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ホンダの最新の安全装備システム”ホンダ センシング(Honda Sensing)”を全グレードに標準装備しています。

ホンダ センシング(Honda Sensing)と言うと、先代にあたるフィット3や他のホンダ車でも搭載されています。

しかし、この新型モデルに搭載されているホンダ センシング(Honda Sensing)は、他の車種のものとは性能や機能が異なる最新バージョンに…。

より安全性の高いシステムになっていました。

ホンダ車初となるホンダ コネクトを搭載

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、ホンダ車で初となるネット通信を活用したサポートシステム”ホンダ コネクト(Honda CONNECT)”を搭載することができます。

この新型モデルに用意されている”ホンダ コネクト(Honda CONNECT)”は、イザという時に専用のオペレーターが助けてくれるサポートサービスだけではなく、普段使いから助かる機能が盛り沢山。

使用料金がちょっと高めなのが残念なところなのですが、この新型モデルの良さを存分に味わいたい方には、おすすめの機能&装備なのかなと思いました。

まとめ:みんなが幸せになれる新型フィット4

2020年2月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)は、このような特徴&魅力を備えていました。

キュートなデザインに生まれ変わった見た目が注目を集めている新型フィット4(Fit4)ですが、乗る人がみんな心地よく使える内装や信頼性が高まった安全装備システム”ホンダ センシング(Honda SENSING)”などなど、全方位的に進化。

ドライバーだけではなく、家族や友人など乗車する人も快適に過ごせる満足度の高いクルマになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする