新型フィット リュクスの外装は他グレードよりも豪華【魅力を実車画像で徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット リュクス(FIT LUXE)は、外装や内装の質感にこだわったラグジュアリーモデルです。

先日、高級仕様のリュクス(LUXE)を見てきたのですが、他のグレードにはない気品と高級感が…。また、他のグレードよりも気お宇矢装備が充実しているのも好印象でした。

そんなリュクス(LUXE)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このリュクス(LUXE)の外装・エクステリアには、どのような装備&パーツを備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型フィット リュクス(FIT LUXE)の外装・エクステリアの魅力や特徴を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット リュクスのフロントマスクをチェック【外装レビュー1】

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット/フィット4のラグジュアリー仕様”リュクス(LUXE)”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■リュクスのフロントマスク

クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CORSSTER)”は、横桟タイプのフロントグリルを採用していましたが、このリュクス(LUXE)は、ホーム(HOME)やネス(NESS)と同じフロントグリルを採用しないデザインに…。

■クロスターのフロントマスク

ただ、このリュクス(LUXE)は様々な専用装備を備えていることもあり、他のグレードよりも高級感がただよう外装・エクステリアになっていました。

特別感のあるプラチナメッキの加飾を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、フロントマスクのエンブレムの下の部分にメッキの加飾(モールディング)を採用しているのですが、高級仕様の”リュクス(LUXE)”では、上品に輝くプラチナ調のクロームメッキを採用。

■リュクスに採用されているプラチナ調のクロームメッキ

クロームメッキの加飾が、ブラウンのボディからの中で良いアクセントに…。

ブランのボディカラーの中でキラリと輝くクロームメッキが、”リュクス(LUXE)”らしい落ち着いた上品さを上手に演出していました。

高級感を演出するピアノブラック調バンパー

また、デビューを方した新型フィット/フィット4の”リュクス(LUXE)”では、艶のあるピアノブラック調のロアバンパーを採用。

■ピアノブラック調のロアバンバー

プラチナ調クロームメッキと相まって、高級感のあるフロントマスクを演出していました。

LEDヘッドライトを標準装備

また、ラグジュアリー志向の”リュクス(LUXE)”では、当然のことながら、LEDヘッドライトを標準装備。

実際に点灯をしてみると、このような感じに…。

■リュクスのLEDヘッドライト

この”リュクス(LUXE)”に採用されているヘッドライトのデザインは、他のグレードと全く同じです。

ただ、高級感のあるピアノブラック調のロアバンパーやプラチナ調のクロームメッキと組み合わさると、ヘッドライトのスタイリッシュさがより一層際立っているように感じました。

フロントフォグランプを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のラグジュアリー仕様”リュクス(LUXE)”では、LEDのフロントフォグランプを標準装備。

■リュクスのLEDフロントフォグランプ

“リュクス(LUXE)”に標準装備されているLEDフロントフォグランプを点灯してみると、このような感じになります。

■LEDフォグランプを点灯した時の様子

白く光るLEDフォグランプは、高級感のある”リュクス(LUXE)”のイメージにピッタリとあっていました。

新型フィット リュクスのサイドスタイルをチェック【外装レビュー2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の高級モデル”リュクス(LUXE)”のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■リュクスのサイドスタイル

高級感のあるフロントマスクになっていたこの新型モデルですが、サイドスタイルも”リュクス(LUXE)”らしいラグジュアリー感あふれる華やかな仕上がりになっていました。

また、フロントドアと後部座席用のドアの間にあるBピラーも、ピアノブラック調の塗装が施されており、高級感&上質感のあるサイドスタイルを演出していたのも好印象でした。

高級感を演出するドアロアガーニッシュを標準装備

ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”のサイドスタイルの魅力&特徴の一つが、高級感を演出するドアロアガーニッシュです。

このリュクス(LUXE)では、フロントマスクに採用されていたものと同じ”プラチナ調のクロームメッキ”を使用したドアロアガーニッシュを標準装備。

■リュクスのドアロアガーニッシュ

ドアパネルの下部を一直線に走るドアロアガーニッシュのおかげで、サイドスタイルに華やかさが増したような感じが…。

他のグレードとは異なるラグジュアリー感あふれるサイドスタイルも、リュクス(LUXE)の魅力の一つなのかなと思いました。

洗練されたデザインのホイール&タイヤ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット リュクス(FIT LUXE)の注目のアイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

このリュクス(LUXE)では、切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのアルミホイールを標準装備。

■リュクスのアルミホイール

細いスポークが幾重にも張り巡らされている感じが、リュクス(LUXE)らしい繊細さと洗練さを上手に表現しているような感じが…。

また、ホイール&タイヤサイズも他のグレードよりも一回り大きい16インチとなっており、迫力のあるサイドスタイルを演出しているのも好印象でした。

サイドミラーもスタイリッシュに変身

また、サイドミラーも、新型フィット リュクス(FIT LUXE)らしいスタイリッシュなデザインになっていました。

■リュクスのサイドミラー

ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”では、プラチナ調クロームメッキ塗装を施した専用デザインのサイドミラーを標準装備。

他のグレードでは味わえないスタイリッシュなデザインのサイドミラーになっていました。

ちょっと残念だったアウトドアハンドル

このように高級感を演出したサイドスタイルになっている新型フィット リュクス(FIT LUXE)ですが、実際に見てちょっと残念に感じたのは、ドアハンドルのデザインです。

このリュクス(LUXE)のアウトドアハンドルは、他のグレードと同様にボディと同系色のデザインを採用。

■リュクスのアウトドアハンドル

個人的には、メッキ加飾を施したアウトドアハンドルを採用して、さらなる高級感を演出しても良かったのかなと思いました。

新型フィット リュクスの後ろ姿をチェック【外装レビュー3】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット リュクス(FIT LUXE)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■リュクスの後ろ姿

メッキ調のガーニッシュで高級感のある後ろ姿を演出

基本的なリヤのデザインは、ホーム(HOME)やネス(NESS)と同じになっているのですが、高級モデルのリュクス(LUXE)では、テールゲートの下部にプラチナ調のクロームメッキのガーニッシュを装着。

■リュクスのテールゲートロアガーニッシュ

プラチナ調のクロームメッキガーニッシュが付いているだけで、他のグレードとは違うオシャレな後ろ姿になっていました。

まとめ:上品で落ち着いた雰囲気があふれるリュクス

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4のラグジュアリー仕様”リュクス(LUXE)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

プラチナ調クロームメッキの加飾を施したリュクス(LUXE)は、他のグレードには上品さと気品が…。

新型フィット リュクス(FIT LUXE)は様々なグレードを用意していましたが、外装や内装の質感にこだわる方やオシャレなクルマに乗りたい方は、ラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”一択なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする