どんな専用装備を用意!?新型フィット ネスの外装パーツを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のネス(NESS)は、ライムグリーンのアクセントカラーを外装や内装に用いたアクティブでポップなデザインが魅力の一台です。

そんな”ネス(NESS)”には、他のグレードには用意されていない様々な専用装備&アイテムが…。

この新型モデルの”ネス(NESS)”の外装・エクステリアには、どのような専用装備&アイテムを用意していたのでしょうか?また、”ネス(NESS)”に用意されている専用アイテムには、どのような特徴があったのでしょうか?

実車画像を使って、新型フィット ネス(FIT NESS)の外装・エクステリアに用意されている専用装備&アイテムを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ライムグリーンのアクセントカラー【新型フィット ネスの外装の専用装備1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)の専用装備&アイテムの一つが、ライムグリーンを用いた2トーンカラーモデルです。

クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やホーム(HOME)でも2トーンカラーを用意していますが、ブラックを組み合わせた2トーンカラーのみを用意しているのですが、この”ネス(NESS)”のみライムグリーンを用いた2トーンカラーを用意。

■クロスター

■ライムグリーンを用いたネスの2トーンカラー

そのおかげもあり、ラムグリーンのアクセントカラーを用いた”ネス(NESS)”は、他のグレードでは味わうことができないビビットで遊び心のある外装・エクステリアになっていました。

2トーンカラーのパターンも異なる

また、この新型フィット ネス(FIT NESS)に用意されてる2トーンカラーのパターンは、他のグレードに用意されている2トーンカラーのパターンと異なります。

クロスオーバー仕様の”クロスター(CROSSTAR)”などに用意されている2トーンカラーは、ルーフ全体がブラック塗装されています。

■クロスターの2トーンカラールーフ

しかし、ネス専用のデザインとなっているライムグリーンを用いた2トーンカラーでは、ルーフ全体ではなく、ルーフサイドとピラーのみをライムグリーンで塗装をした特別なデザインに…。

■ネスの2トーンカラーのルーフ

そのおかげもあり、ライムグリーンを用いた2トーンカラーは、軽やかでスタイリッシュな外装・エクステリアに仕上がっていました。

サイドミラー【新型フィット ネスの外装の専用装備2】

また、サイドミラーも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)の専用装備の一つです。

このモデルのベースになっている”ホーム(HOME)”では、ボディと同系色のサイドミラーを採用していましたが、ネス(NESS)の2トーンカラー仕様では、ライムグリーン塗装を施したサイドミラーを標準装備。

■ネスのサイドミラー

ライムグリーンカラーをしたネス(NESS)のサイドミラーは、かなりインパクトがありますね。

ライムグリーンに塗装をされたルーフと相まって、ポップで明るいサイドスタイルを演出していました。

サイドシルガーニッシュ【新型フィット ネスの外装の専用装備3】

また、2020年2月にデビューを果たした新型フィット/フィット4のネス(NESS)では、サイドミラーやルーフなどと同じライムグリーンカラーのサイドシルガーニッシュを装着。

■ネスのサイドシルガーニッシュ

ライムグリーンカラーのサイドシルガーニッシュが備わったネス(NESS)の足回りは、やはりインパクトがありますね。

このようなビビットなカラーのサイドシルガーニッシュを備えているクルマは多くないので、かなり目立ちます。

サイドシルガーニッシュを装着していないシンプルな”ホーム(HOME)”とは違い、ネス(NESS)はオシャレで都会的な足回りとなっていました。

タイヤ&ホイール【新型フィット ネスの外装の専用装備4】

また、タイヤ&ホイールも、新型フィット ネス(FIT NESS)の専用デザインとなっています。

■ネスのタイヤ&ホイール

このネス(NESS)では、切削加工&ブラック塗装を施したスタイリッシュさとチカラ強さを兼ね備えた専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

ライムグリーンのアクセントカラーに負けない迫力のあるタイヤ&ホイールのデザインになっていました。

上位モデルよりもタイヤサイズは一回り小さい

また、新型フィット/フィット4の上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”やクロスター(CROSSTER)は16インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備していました。

しかし、ビビットな色遣いが特徴の”ネス(NESS)”では、上記のグレードよりも一回り小さい15インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

ただ、切削加工&ブラック塗装を施したホイールのデザインをしていることもあり、足回りの迫力不足を感じることはありませんでした。

まとめ:ライムグリーンをあしらったネスは存在感が抜群

2020年2月にホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4のスタイリッシュ仕様”ネス(NESS)”の外装・エクステリアには、このような専用装備&アイテムを用意していました。

ルーフサイドやサイドミラー、サイドシルガーニッシュに目が覚めるような明るいライムグリーンをあしらった”ネス(NESS)”は、存在感抜群です。

このネス(NESS)はかなり個性的なデザインなので好き嫌いがハッキリと分かれそうですが、運転をするのが楽しくなるようなポップでスタイリッシュなクルマに乗りたい方には、ピッタリなクルマなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする