装備で物足りなさも…!新型フィット4のガソリン車の内装を実車画像で徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の内装・インテリアは、一目で使い勝手の良さが伝わってくるようなシンプルでスッキリとしたデザインになっています。

ただ、機能や装備で物足りなさを感じた部分も…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような機能や装備を備えていたのでしょうか?

新しく生まれ変わったこの新型モデルのガソリン車の内装・インテリアを、実車画像を使って、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ガソリン車のダッシュボードをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車の内装・インテリア

この新型モデルのガソリン車のダッシュボード&インパネも薄型&水平基調のスッキリとしたデザインに…。

また、最上位モデルのリュクス(LUXE)や人気モデルのホーム(HOME)では、ダッシュボードやセンターコンソールサイド、ドア内側パネルに肌触りの良いソフトパッドを採用しており、オシャレで心地よい空間になっていたのも好印象でした。

そんな新型モデルのガソリン車は、運転席まわりのアイテムやパーツも特徴的なデザインになっていました。

ガソリン車専用のデジタルメーターを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、中央に7インチサイズの液晶ディスプレイを備えたデジタルメーターを標準装備。

■ガソリン車のメーター

ガソリン車のメーターは、液晶ディスプレイの上段にエンジンの回転数を表すタコメーターが備わる専用デザインに…。

そのおかげで、ハイブリッド車とは一味異なる雰囲気のメーターになっていました。

ちなみに、ガソリン車とハイブリッド車のメーターのデザインの違いは、こちらの記事にまとめてあります。

もしこの新型モデルのメーターのデザインや使い勝手、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目などを知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

スッキリとした2本スポークのハンドル採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、スッキリとした見た目を演出する2本スポークのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■ガソリン車のハンドル

ハンドルのスポークに備わっているスイッチも必要最小限となっており、迷わずに操作できるようになっていたのも好印象でした。

シンプルで使いやすいシフトレバーを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、誰でも迷わずに使えるストレート式のシフトレバーを標準装備。

■ガソリン車のシフトレバー

ガソリン車の上位モデル”リュクス(LUXE)”や人気モデルの”ホーム(HOME)”では、本革巻きのシフトレバーを採用しており、コンパクトカーとは思えない高級感のあるデザインに…。

また、この新型モデルのガソリン車では、上り坂や急こう配の山道を運転する時に重宝をする”Sポジション”を用意しており、パワフルな走りを楽しむことができるようになっていたのも見逃せないポイントの一つですよ。

電動式のサイドブレーキを全グレード標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、電子式のパーキングブレーキ&オートブレーキホールドを全グレードに標準装備しています。

■ガソリン車の電子式パーキングブレーキ

コンパクトカーの中にはまだまだ手動式のサイドブレーキを備えているクルマが多い中、電子式のパーキングブレーキを全グレードに標準装備しているのは、かなりスゴイですよね。

このように快適な運転をサポートするシステムや機能が充実しているのも、新型フィット4(Fit4)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

アイドリングストップのスイッチも用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、電子式のパーキングブレーキのスグ左上に、アイドリングストップをON/OFFするスイッチも組み込んでいます。

■ガソリン車のアイドリングストップ用スイッチ

スイッチが操作しやすい位置に配置されており、アイドリングストップが煩わしい時に気軽に解除できるようになっているのは、このガソリン車の良さの一つなのかなと思いました。

操作がしやすいダイヤル式のフルオートエアコンを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、操作がしやすいダイヤル式のフルオートエアコンを標準装備。

■ダイヤル式のフルオートエアコン

また、ディーラーオプションで用意されているナビを装着すると、エアコンを操作すると、ナビ画面に風量や温度設定が表示される嬉しい機能も付いてきます。

この新型モデルのガソリン車のエアコンは派手さはありませんが、操作ミスが起こりにくい使い勝手に優れたデザインになっていました。

ちなみに、ガソリン車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”では、フルオートエアコンではなく、シンプルなマニュアルエアコンが標準装備されるので、ご注意くださいね。

急速充電に対応したUSBの用意はなし

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車は、電子式のパーキングブレーキやオートブレーキホールドが全グレードに標準装備されるなど、使い勝手の良いクルマに仕上がっていました。

そんな新型モデルのガソリン車で残念だったのが、センターコンソールの後方に急速充電に対応をしたUSBポートの用意がなかったことです。

■ガソリン車のセンターコンソール後方スペース

ちなみに、ハイブリッド車では、このようにセンターコンソールの後方にUSBポートの用意があったんですよね。

■ハイブリッド車のUSBポート

車内にUSBポートが用意されているのとされていないのでは、車内の快適性に大きな差が…。

ドライブ中に重宝をするUSBポートが標準装備されていないのは、この新型モデルのガソリン車の大きな欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

新型フィット4のガソリン車のシートをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車のフロントシートは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のフロントシート

また後部座席は、このようなデザインになっています。

■ガソリン車の後部座席

この新型モデルのガソリン車では、グレードによってシートのデザインが異なります。

ただ、どのグレードを選んでも、コンパクトカーとは思えない座り心地の良さとラグジュアリーさを味わえますよ。

ガソリン車ではセンターアームレストの用意はなし

このように座り心地の良さが魅力の新型フィット4(Fit4)のシートですが、ガソリン車では、後部座席の中央にアームレストが用意されていません。しかも、全グレードです。

■ガソリン車の後部座席

ちょっとコレは残念ですよね。

個人的には、最上位モデル”リュクス(LUXE)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”などの上位モデルには、後部座席の中央にアームレストを備えても良かったのかなと思いました。

シートバックポケットは助手席のみ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車では、フロントシートの裏側にポケット(=シートバックポケット)を用意しています。

ただ、この新型モデルのガソリン車では、シートバックポケットが用意されているのは助手席側のみとなっており、運転席側には用意されていません。

■ガソリン車のシートバックポケット

■運転席側のシートバック

また、スマホやiPhoneを収納するのに便利な”小型ポケット”の用意もないので、ご注意くださいね。

まとめ:ハイブリッド車よりも見劣りをするガソリン車の内装

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのガソリン車の内装・インテリアは、上質感があり、コンパクトカーとは思えない居心地が良さがあります。

ただ、ガソリン車には急速充電用のUSBポートが備わらないなど、ハイブリッド車よりも機能や装備が少し見劣りする感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車では、内装・インテリアの機能や装備に差があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする