新型フィット4のホームとクロスターはどっちがオシャレ!?実車画像で比較

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム)とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター”では、外装・エクステリアのデザインに大きな違いがあります。

また、内装・インテリアの高級感にも違いが…。

ホンダから新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアは、どちらの方が高級感があるのでしょうか?また、この2台のモデルの内装・インテリアでは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、中間モデルの”ホーム(HOME)”とクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアの違いを紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のホームとクロスターの内装比較【高級感があるのはどっち?】

クルマは通常、車体本体価格が高い上位グレードの方が高級感&上質感のある内装・インテリアとなっています。

この理論からすると、上位モデルに位置をする”クロスター(CROSSTAR)”の方が高級感のある内装・インテリアになっているはずなのです。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、なぜか車体本体価格が安い中間モデルの”ホーム(HOME)”の方が高級感&上質感のある内装・インテリアになっていました。

では、この2台のモデルの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、ホーム(HOME)と”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアの特徴や魅力を詳しく見ていきましょう。

思ったよりもシンプルなクロスターの内装・インテリア

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTR)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■クロスターの内装・インテリア

このクロスターの内装・インテリアは、思ったよりもシンプルな感じが…。

クロスターのダッシュボードやドア内側パネルには、ファブリック素材を使用した加飾が施されています。

また、シートも全面ファブリック素材に…。

■クロスターのシート

クロスターに採用されているファブリック素材は水が染み込みにくい撥水加工がほどこされているため、使い勝手は良いですが、高級感&上質感はイマイチ…。

良くも悪くもコンパクトカークラスだなと感じる内装・インテリアとなっていました。

お値段以上のホームの内装・インテリア

一方、ホンダの新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ホームの内装・インテリア

思ったよりも高級感があると思いませんか?

助手席側のダッシュボードやドア内側パネルには、クッション性の良いソフトパットを採用。

また、ハンドルやシフトレバーにも本革が採用されており、中間モデルとは思えない高級感&上質感のある内装・インテリアになっていました。

新型フィット4のホームとクロスターの内装【装備もこんなに違う!】

このように高級感が全く異なる新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアですが、ハンドルやシートなどの各アイテムの質感に大きな差がありました。

この新型モデルの”ホーム(HOME)”と”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアでは、どのパーツ&アイテムに違いがあったのでしょうか?

2台のモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

シートのデザインと素材【ホームとクロスターの違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデルの”ホーム(HOME)”とクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアの大きな違いの一つは、シートデザインと使用されている素材です。

中間モデルの”ホーム(ホーム)”では、ファブリック素材と合成レザーのような肌触りを楽しめるプライムスムースを組み合わせた【コンビシート】を標準装備しています。

■ホームのコンビシート

シートサイドにあしらわれたプライムスムースが良いアクセントになっていて、他のグレードでは味わえないサラリとした高級感が…。

一方、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、全面ファブリック素材のシートを標準装備。

■クロスターのシート

なので、シートの上質感や高級感では、上位モデルに位置をする”クロスター(CROSSTAR)”の方が見劣りをするような感じが…。

ただ、クロスターのシートは、水が染み込みにくい撥水加工が施されており、小さいお子さんがいるご家庭では、こちらの方が助かるのかなと思いました。

ハンドル&シフトレバー【ホームとクロスターの違い2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”クロスター(CROSSTAR)”では、ハンドルやシフトレバーの質感も異なります。

“ホーム(HOME)”は比較的価格が安い中間モデルにも関わず、高級感のある本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備。

■ホームのハンドル

■ホームのシフトレバー

一方、上位モデルに位置をする”クロスター(CROSSTAR)”は、本革巻きではなく、シンプルなウレタン製のハンドル&シフトレバーを標準装備。

■クロスターのハンドル

■クロスターのシフトレバー

見た目の高級感、握った時のフィット感どれをとっても、クロスター(CROSSTAR)よりもホーム(HOME)のハンドル&シフトレバーの方がワンランク上でした。

USBの数&使い勝手【ホームとクロスターの違い3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のホーム(HOME)とクロスター(CROSSTAR)の大きな違いの一つは、スマホやiPhoneを充電するのに便利なUSBポートの数と使い勝手です。

ハイブリッド車ではホーム/クロスターどちらも、センターコンソールの後方に充電用のUSBポートが用意されています。(※ガソリン車には用意されていません。)

しかし、フロントシートに座っている人が使うのに便利なダッシュボード中央のUSBポートが標準装備されているのは、上位モデルにあたるクロスター(CROSSTAR)のみです。

■クロスターのUSBポート

中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”では、ダッシュボードの中央部分にUSBポートは、用意されていません。

このUSBの数&使い勝手は、この新型モデルの”ホーム(HOME)”と”クロスター(CROSSTAR)”の大きな違いの一つなかんと思いました。

ちなみに、中間モデルの”ホーム(HOME)”でも、メーカーオプションとして用意されている”ナビ装着用スペシャルパッケージ”、もしくは、ディーラーオプションでフロントシート用のUSBを装着することができますよ。

まとめ:売れ行きが良いのも納得できるホームの内装の仕上がりの良さ

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のホーム(HOME)とクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)と内装・インテリアを比較してみたところ、このようになっていました。

USBポートの数が少ないなど機能や装備は、若干の物足りなさを感じるものの、内装・インテリアの高級感に関しては、ホーム(HOME)の方がクロスター(CROSSTAR)よりも良い感じが…。

現在のところ、この新型モデルを購入していく方の半分近くの方が、中間モデルの”ホーム(HOME)”を購入していくようですが、多くの方に支持されているのも納得の仕上がり&出来の良さでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする