残念なところも…新型フィット4 ガソリン車の荷室の広さ&使い勝手を徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車も、ハイブリッド車と同様に広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えています。

ただ、ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースを見て、少し残念に感じたところも…。

この新型モデルのガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、実際にこのガソリン車の荷室を見て、気になったところは、どこだったのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手、欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ガソリン車の荷室の広さ&魅力をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4 ガソリン車の荷室

新型フィット4 ガソリン 荷室

そんな新型モデルのガソリン車の荷室・ラべっじスペースには、次のような魅力&メリットがありました。

フラットで広々としたガソリン車の荷室

この新型モデルのガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの床面は、フラットでスッキリとしたデザインに…。

■ガソリン車の荷室フロア

ハイブリッド車では、後部座席の背もたれの後方部分が少し盛り上がっていて、荷室フロアがフラットではなかったんですよね。

■ハイブリッド車の荷室フロア

なので、後部座席を使用時(通常時)の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、ガソリン車の方が良いように感じました。

ガソリン車はハイブリッド車よりも荷室が広い

また、荷室・ラゲッジスペースのサイズの広さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の魅力の一つです。

ガソリン車の荷室の奥行きや横幅は、ハイブリッド車とほぼ変わりません。

ただ、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が荷室フロアが約30mmほど低くなっています。

なので、背の高い荷物の積み込みに関しては、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が有利なのかなと思いました。

自由自在にアレンジできるバリエーションの多さ

また、荷室アレンジのバリエーションの多さも、新型フィット4(Fit4)のガソリン車の魅力の一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのガソリン車では、6対4分割方式の後部座席が全グレードに標準装備。

■新型フィット4 ガソリン車の後部座席

左右別々に後部座席の背もたれを収納することができるようになっており、荷物の量や乗車人数によって、荷室・ラゲッジスペースをアレンジできるようになっていました。

■助手席側の後部座席を収納時のガソリン車の荷室

■運転席側の後部座席を収納時のガソリン車の荷室

■後部座席をすべて収納した時のガソリン車の荷室

また、ガソリン車でも後部座席は座面を跳ね上げる”チップアップ機能”を用意しており、背の高い荷物を積み込めるようになっていたのも好印象でした。

広くて使い勝手の良い床下収納

また、床下収納(サブトランク)の広さ&使い勝手の良さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の一つです。

この新型モデルのガソリン車では、荷室フロアをガバっと持ち上げると、このような床下収納(サブトランク)が登場します。

■新型フィット4の床下収納

奥のスペースにはジャッキなどの車載工具が収納されているため、収納力はそれほどありません。

ただ、手前部分の床下収納(サブトランク)は深さだけではなく奥行きも十分で、洗車道具などを積み込んでおくのに、ちょうど良いのかなと思いました。

新型フィット4のガソリン車の荷室の残念なところとは?

魅力の新型フィット4(Fit4)のガソリン車の荷室・ラゲッジルームですが、ちょっと残念に感じたところもありました。

この新型モデルのガソリン車の荷室・ラゲッジスペースをみて残念に感じたところは、どこだったのでしょうか?ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

ラゲッジランプの用意はなし

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つは、ラゲッジランプが全グレード備わっていないことです。

なので、この新型モデルのガソリン車では、夜間や暗い場所で、荷室・ラゲッジスペースに置いた荷物を探すのには、ちょっと苦労しそうな感じが…。

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”など下位グレードでは、ラゲッジランプの用意がないのは仕方ないと思います。

ただ、荷物をたくさん積み込む機会が多そうなクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”や最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、荷室・ラゲッジスペースを明るく照らすラゲッジランプを用意しても良かったのかなと思いました。

後部座席を収納した時の段差

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車の荷室・ラゲッジスペースで気になったことの一つが、後部座席を収納した時の段差です。

先ほどもお話した通り、この新型モデルのハイブリッド車はガソリン車よりも荷室フロアの位置が約30mmほど低くなっています。

背の高い荷物を積み込む際には重宝をするガソリン車の低い荷室・ラゲッジスペースですが、後部座席を収納した時には、背もたれ部分の段差が大きくなるというデメリットが…。

■後部座席を収納した時のガソリン車の段差

この新型モデルでは、後部座席の背もたれ部分の段差が荷物の積み込みの妨げにならないように、段差部分が滑らかになるようにしてくれているのはとても良いですが、この段差の大きさは少し気になるところでした。

まとめ:欠点が目につくガソリン車の荷室

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車に用意されている荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

低く抑えた荷室フロアなど、ガソリン車のラゲッジスペースには、ハイブリッド車にはない魅力が盛り沢山。ただ、ガソリン車の荷室には、ラゲッジランプが用意されていないなどの、欠点&デメリットも…。

ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースには、このような欠点&デメリットもあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02