ホンダ新型フィット4の荷室容量は先代より少ない!容量と理由を紹介

2020年2月にホンダからデビューを果たした人気コンパクトカーの新型フィット/フィット4は、先代モデルと同様に広い荷室・ラゲッジスペースを備えています。

ただ、この新型モデルの荷室容量は、先代モデルよりも若干少なくなっていました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どれくらいの容量を確保していたのでしょうか?また、新型モデルと先代モデルでは、荷室容量はどれくらいの差があったのでしょうか?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の荷室容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の荷室容量はどれくらい?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の荷室

一目見ただけでも、荷室・ラゲッジスペースの広さがわかりますね。この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さは、コンパクトカーのレベルを遥かに超えています。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型フィット4の荷室容量…330リットル
※荷室容量はガソリン車の数値です。

先代モデルの荷室容量はどれくらいだった?

一方、こちらは、先代モデルにあたるフィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースです。

■フィット3の荷室

今回フルモデルチェンジをして新発売をした4代目モデルと先代モデルの見た目は大きく変わりましたが、4代目モデルの荷室・ラゲッジスペースの基本的な設計は、先代モデルを引き継いでいます。

なので、基本的な荷室のアレンジや使い勝手は、新型モデルと先代モデルで大きく変わりません。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの容量に関しては、若干の違いがありました。

■フィット3の荷室容量…386リットル
※荷室容量はガソリン車の数値です。

先代モデルにあたるフィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースの容量は386リットルだったので、新型フィット/フィット4の方が56リットルも少ない結果に…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルと先代モデルの荷室を見比べた感じでは、これほど容量に差があると思っていなかったので、少々ビックリしました。

新型フィット4の荷室容量が先代モデルよりも少なくなった2つの理由

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の荷室容量は先代モデルよりも56リットルも少なくなったのですが、なぜこれほど大きな差が生じたのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、新しくデビューを果たした4代目モデルの荷室・ララゲッジルームの容量が先代モデルよりも少なくなった主な理由を教えてもらったので、紹介したいと思います。

テールゲート&荷室開口部の形状

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の荷室容量が先代モデルよりも少なくなった理由の一つが、テールゲート&荷室開口部の形状のようです。

私がこの新型モデルのテールゲート&荷室開口部を確認した限りでは、「競合車・ライバル車よりも荷室開口部が垂直をキープしていて、荷物が積みやすい。」と、思っていました。

■新型フィット4の荷室開口部

ただ、先代モデルにあたるフィット3(FIT3)と比較すると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの荷室開口部とテールゲートは、若干傾斜をしているようです。

そのため、この傾斜をしたテールゲートと荷室開口部の分、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、荷室容量が少なくなってしまったようですよ。

後部座席のデザイン

また、ディーラーさんの話によると、新型フィット/フィット4の後部座席のデザイン&形状も、荷室容量に大きく関係がしているようです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは後部座席も新設計になっており、背もたれの角度が4度ほど先代モデルよりも傾斜しているようです。

■新型フィット4の後部座席

そのおかげもあり、この新型モデルの後部座席は先代モデルよりも格段に座り心地は良くなりました。足元空間(ニークリアランス)も相変わらず広いですし…。

その一方、後部座席の座り心地を追求した代償として、荷室・ラゲッジスペースの容量が若干犠牲になってしまったようですよ。

まとめ:新型フィット4は荷室容量は減ったが、使い勝手の良さはそのまま

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4の荷室容量を確認したところ、このようになっていました。

新しく生ま変わった新型モデルは後部座席の座り心地にこだわったこともあり、先代モデルよりも荷室・ラゲッジスペースの容量が若干少なくなっていました。

ただそれでも、この新型モデルの荷室容量は、競合車・ライバル車よりも50リットル前後大きくなっています。なので、コンパクトカーとしては、十分過ぎるほどの荷室サイズに…。

また、先代モデルと同様に荷室のアレンジのバリエーションも豊富で、使い勝手に優れているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする