新型フィット4ネスのアクセント2トーンカラーの内装は残念!?【実車画像レビュー】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のスポーティ仕様”ネス(NESS)”では、アクセントカラーにライムグリーンを配した”アクセント2トーンカラー”を用意しています。

見ているだけで気分が上がるようなオシャレなデザインになっている”ネス(NESS)”のアクセント2トーンカラーですが、内装・インテリアも専用デザインに…。

ただ、アクセント2トーンカラーに用意されている内装・インテリアには、少し物足りなさを感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ネス(NESS)”に用意されているアクセント2トーンカラーの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どこが残念だったのでしょうか?

ライムグリーンカラーが印象的なネス(NESS)の専用色”アクセント2トーンカラー”の内装・インテリアを、徹底解剖していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

派手さは控えめ!?新型フィット4ネスのアクセント2トーンカラーの内装

2020年2月にデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のスポーティ仕様”ネス(NESS)”に用意されているアクセント2トーンカラーを選んだ時の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

派手さは控えめ!?アクセント2トーンカラーのインパネ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されているアクセント2トーンカラーのダッシュボード・インパネは、このようなデザインになっています。

■アクセント2トーンカラーのダッシュボード

また、運転席まわりの各アイテム&装備のデザインは、このようになっていました。

■アクセント2トーンカラーのセンターコンソール

■アクセント2トーンカラーのハンドル

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されているアクセント2トーンカラーのダッシュボードは、ブラック基調のシンプルなデザインになっています。

ただ、このアクセント2トーンカラーの内装・インテリアでは、ダッシュボードの左右に備わっているドリンクホルダーの加飾にライムグリーンカラーを採用。

■アクセント2トーンカラーのドリンクホルダー

左右のドリンクホルダー部分にあしらわれたライムグリーンが、ブラック基調の内装・インテリアの良いアクセントになっていました。

ライムグリーンをあしらった専用デザインのシート

また、新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)の専用デザイン”アクセント2トーンカラー”を選択した時のシートは、このようなデザインになっています。

■アクセント2トーンカラーのシート

このアクセント2トーンカラーのシートはメイン部分にブラックを、そして、シートサイドにライムグリーンカラーを採用した専用デザインに…。

■シートサイドのライムグリーン

ただ、このシートサイドに使用されているライムグリーンは落ち着いた色味になっており、ライムグリーンと言うより”若草色”に近い感じが…。

使用している素材の関係で難しいのかもしれませんが、個人的には、シートサイドにあしらわれているライムグリーンの色味をワントーン明るくしても良かったのかなと思いました。

新型フィット4 ネスのアクセント2トーンカラーの内装で残念だったところとは?

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されている”アクセント2トーンカラー”の内装・インテリアを確認して残念だったところも…。

私がこの新型モデルのアクセント2トーンカラーの内装・インテリアを確認して、ちょっと残念に感じたところを、包み隠さずお話したいと思います。

アクセント2トーンカラーっぽくない内装の雰囲気

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されているアクセント2トーンカラーの車内を確認して残念に感じたのは、内装・インテリアのデザイン性です。

この新型モデルのネス(NESS)に用意されているアクセント2トーンカラーの魅力の一つは、都会の街中で映えるオシャレなデザインだと思うんですよね。

外装・エクステリアでは、ピラーやサイドシルガーニッシュに蛍光色っぽいライムグリーンをあしらったアクセント2トーンカラーの外装・エクステリアは、都会的な洗練されたデザインになっていました。

■アクセント2トーンカラーの外装

また、見ているだけで元気がでるような明るい色使いになっているのも、アクセント2トーンカラーの良さの一つです。

ただ、内装・インテリアの雰囲気は、外装とは大きく異なります。

このアクセント2トーンカラー仕様では、内装・インテリアにもライムグリーンのアクセントカラーを使用していますが、ブラックの割合が多いため、車内全体は落ち着いた雰囲気に…。

なので、外装を見て感動すら覚えたファッションセンスの良さや洗練されたイメージを、内装からは感じることはありませんでした。

また、明るい色使いが特徴のネスのアクセント2トーンカラーっぽくないような感じが…。

個人的にはブラック基調の内装・インテリアではなく、ビビッドなライムグリーンのアクセントカラーをもっと活かした都会っぽい洗練されたデザインの内装・インテリアにしても良かったのかなと思いました。

シンプルすぎる内装パーツ

また、新型フィット4(Fit4)のアクセント2トーンカラーは、内装・インテリアの質感もイマイチです。

例えば、この新型モデルの”ネス(NESS)”のアクセント2トーンカラーに備わっているハンドル&シフトレバーは、シンプルなウレタン素材に…。

■アクセント2トーンカラーのハンドル

■アクセント2トーンカラーのシフトレバー

また、ダッシュボードの表皮もモチモチとした肌触りが特徴のソフトパッドではなく、シンプルなファブリック素材となっています。

■アクセント2トーンカラーのダッシュボード

このようなシンプル素材のアイテム&装備も、オシャレさが魅力のネスのアクセント2トーンカラーのイメージとはかけ離れているような感じが…。

アクセント2トーンカラーのようなオシャレなモデルをラインナップに加えるのなら、内装・インテリアの質感にもこだわって貰いたかったです。

まとめ:外装のイメージとは異なるネスのアクセント2トーンカラーの内装

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス専用のボディカラー”アクセント2トーンカラー”を選択した時の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

ビビッドなカラーを上手に取り入れたアクセント2トーンカラーの外装・エクステリアは洗練された都会派っぽいイメージがありましたが、内装・インテリアは、思ったよりもシンプルな感じに…。

せっかくインパクトのあるライムグリーンをアクセントカラーに使用するのなら、クルマを運転するのが楽しくなるようなポップで明るい感じにしても良かったのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする