新型フィット4のホームとリュクスの内装はドコが違う!?【実車画像で徹底解剖】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で内装・インテリアの質感に特にこだわっているのが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”と中間モデルの”ホーム(HOME)”です。

ただ、この2台のモデルの内装・インテリアを比較してみると、様々な違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”と中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、人気モデル”リュクス(LUXE)”と”ホーム(HOME)”の内装・インテリアを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のホームとリュクスの内装をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のリュクス(LUXE)とホーム(HOME)の内装・インテリアは、質感の良さが魅力ですが、それぞれ次のようなデザインになっていました。

リュクスの内装・インテリア

こちらは、最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアのデザインです。

■リュクスの内装・インテリア
インテリアカラー:ブラウン

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、ダッシュボードやドア内側パネルにレザーのような風合いを楽しめるソフトパットを採用。

■リュクスのダッシュボード

また、ハンドルやシフトレバーも、高級感のある本革を採用。

■リュクスのハンドル

■リュクスのシフトレバー

リュクス(LUXE)の内装・インテリアは、豪華な外装・エクステリアに勝るとも劣らないラグジュアリー感あふれるデザインになっていました。

ホームの内装・インテリア

一方こちらは、中間モデルに位置をする新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”の内装・インテリアです。

■ホームの内装・インテリア
インテリアカラー:ソフトグレー

後ほど詳しく紹介しますが、中間モデルの”ホーム(HOME)”のシートの素材は、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”とは異なります。

なので、内装・インテリアの高級感&上質感と言う点では、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”よりも少し劣ります。

ただ、中間モデルの”ホーム(HOME)”でも本革巻きのハンドルやシフトレバー、ソフトパッドをあしらったダッシュボードを採用しており、満足度の高い内装・インテリアになっていました。

■ホームのハンドル

■ホームのダッシュボード

新型フィット4のホームとリュクスの内装の違いは?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアは、最上位モデル”リュクス(LUXE)”と中間モデル”ホーム(HOME)”どちらも高級感のあるデザインになってました。

ただ、内装・インテリアに用意されているアイテムや機能を確認してみると、細かい部分で様々な違いがありました。

内装色【リュクスとホームの内装の違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”リュクス(LUXE)”と”ホーム(HOME)”の内装の大きな違いの一つは、用意されているインテリアのカラーです。

どちらもスタンダードなブラックの内装色を用意しているのは共通していますが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、ブラウンの内装色・インテリアカラーを用意しています。

■リュクスのブラウンの内装色

一方、ホーム(HOME)は、ブラック以外に明るいソフトグレーを用意。

■ホームのソフトグレーの内装色

リュクス(LUXE)に用意されているブラウンの内装色は、落ち着いた雰囲気の大人っぽい雰囲気になっていましたが、ホーム(HOME)に用意されていたソフトグレーの内装色は、親しみやすいカジュアルな雰囲気の車内空間になっていました。

シートのデザイン&座り心地【リュクスとホーム内装の違い2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”と中間モデル”ホーム(HOME)”では、シートのデザイン&座り心地が異なります。

最上位モデルのリュクス(LUXE)、中間モデルのホーム(HOME)どちらもシートサイドに違う素材をあしらったコンビシートを採用しているのですが、使用している素材に違いがありました。

最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、メイン部分に織物を、そして、シートサイドに本革を採用した高級感&上質感のあるデザインに…。

■リュクスのシート

一方、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、メイン部分にファブリック素材を、そして、シートサイドに合成レザーのような風合いがあるコンビシートを採用。

■ホームのシート

シートのカラーの違いもありますが、やはり最上位モデルのリュクス(LUXE)の方がワンランク上の高級感がありました。

また、新型フィット4(Fit4)のリュクス(LUXE)とホーム(HOME)では、座り心地も異なります。

最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のヘッドレストや背もたれのフィット感が良く、体全体がシートに優しく包み込まれているような感じが…。

■リュクスのヘッドレスト

シートの座面が先代モデルよりも厚くなったこともあり、ホーム(HOME)でも十分快適な座り心地になっています。

ただ、最上位モデルの”リュクス”のシート(特にフロントシート)に座ると、他のグレードのシートだと物足りなさを感じるくらい、リュクスの座り心地は良くなっていました。

快適装備&機能【リュクスとホームの内装の違い3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”と中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの大きな違いの一つが、備わっている機能&アイテムです。

中間モデルの”ホーム(HOME)”には用意されておらず、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”に用意されているアイテムの一つが、シートヒーターです。

新しく生まれ変わった新型フィット4(Fit4)では、真冬に重宝をするシートヒーターは、最上位モデルのリュクス(LUXE)のみにしか用意されていません。

■リュクスのシートヒータースイッチ

また、メーカーオプションで用意されている”ステアリングヒーター”も、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみに用意されている専用のアイテムです。

なので、真冬のドライブを快適にしたい方は、中間モデルのホーム(HOME)よりも最上位モデルの”リュクス(LUXE)”の方が良いのかなと思いました。

まとめ:ワンランク上の高級感と豪華さを備えるリュクス

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)と中間モデルの”ホーム(HOME)”の内装・インテリアを比較してみたところ、このようになっていました。

どちらのモデルも本革巻きのハンドル&シフトレバーを採用しており、十分に満足できる高級感&上質感があります。

ただ、シートサイドに本革を採用しているリュクス(LUXE)の内装・インテリアの方が、ワンランク上の高級感&上質感を備えているように感じました。

新型フィット4リュクスとホームを実車画像で比較【外装はココが違う!】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする