使いやすくなった!?新型フィット4の収納スペース&小物入れを実車画像で徹底解剖

ホンダのフラッグシップモデル新型フィット4(Fit4)は、コンパクトカーの中でトップクラスの広さと快適性を備えたクルマになっています。

また、この新型モデルは、車内に用意されている収納スペース&小物入れも充実。

しかも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、先代モデルよりも収納スペース&小物入れが多くなり、使い勝手も良くなっていました。

新しく生まれ変わったこの新型モデルでは、どのような収納スペース&小物入れを用意していたのでしょうか?また、各収納スペース&小物入れの使い勝手やサイズは、どのようになっていたのでしょうか?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4に用意されている収納スペース・小物入れを、実車画像を使って徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の運転席まわりの収納スペース&小物入れを徹底チェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の内装・インパネ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、水平基調のスッキリとしたインパネ(ダッシュボード)を採用。

ただ、シンプルな見た目とは裏腹に使い勝手の良い収納スペース・小物入れをたくさん用意していました。

そんな新型モデルの運転席まわりに用意されている収納スペース・小物入れを紹介したいと思います。

ハンドバッグなども置けるロングトレイ

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の注目の収納スペースの一つが、運転席と助手席の間に備わっている”ロングトレイ(テーブルコンソール)”です。

■新型フィット4のロングトレイ

かなり大きくて、インパクトがありますよね。

このロングトレイの横幅はほどほどですが、長さは十分。女性のハンドバッグを置いても、まだまだゆとりがあります。「床に荷物やバッグを置きたくない」と思っている女性には、とても助かる収納スペースになっていました。

また、この新型モデルに用意されているロングトレイ(テーブルコンソール)は高さも十分で、運転席や助手席から手が届きやすいようになっているのも好印象でした。

ちなみに、新型フィット/フィット4の最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、このスペースにアームレスト付きのセンターコンソールボックスを装着することも可能です。

■リュクスのセンターコンソールボックス

この新型モデルに用意されている”センターコンソールボックス”は腕を置くのにちょうど良い高さになっており、使い勝手は抜群!

アームレストに腕を置いて、リラックスした姿勢で運転をしたい方は、メーカーオプション設定になっている”アームレスト付きのセンターコンソールボックス”の装着を検討しても良いのかなと思いました。

スマホを置くのに便利なオープントレー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、シフトレバーの前方に使いが手の良い”オープントレー(スマートフォントレー)”を標準装備。

■新型フィット4のオープントレー

サイズも十分で、ご覧の通り、スマホやiPhoneも余裕で置けちゃいます。

このオープントレーの付近にはUSBポートも用意されており、充電中のスマホやiPhoneを置いておくのに重宝する収納スペースになっていました。

ボックスティッシュも置けるインパネアッパーボックス

先代モデルでは用意されておらず、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4で新たに追加された収納スペースが、インパネのダッシュボード上部に設置された”インパネアッパーボックス”です。

■インパネアッパーボックス

奥行きはiPhone7よりも若干短いサイズなのですが、横幅は十分。

ディーラーさんの話によると、薄型タイプのボックスティッシュなら、ラクラク収納することができるとのこと。また、女性用のポーチや長財布を収納しておくスペースとしても、重宝しそうですよね。

また、インパネアッパーボックスを開けるためのレバーは、ダッシュボードの中央側に用意されており、運転席から開け閉めしやすいようになっているのも好印象でした。

大容量のグローブボックス

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、グローブボックスもしっかりと用意されています。

■新型フィット4のグローブボックス

この新型モデルのグローブボックスはオーソドックスな作りになっていますが、容量は十分。車検証を入れても、まだまだ余裕がある大容量タイプのグローブボックスを採用。

ダッシュボードの上段に設置されているインパネアッパーボックスとあわせて、この新型モデルの助手席側のダッシュボード・インパネには、十分すぎる程の収納力を備えていました。

小物を置いておくのに重宝をするドア内側パネル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、ドア内側パネルにも収納スペースを用意をしています。

■新型フィット4のドア内側パネル

ドアを開け閉めする際に使用をする”ハンドル”部分は、フリスクやガム、スマートキーなどを置いておく”小物入れ”として使用することができます。

■新型フィット4のドアハンドル

また、ドアパネルの下部にはドアポケットを用意を用意していますが、思ったよりもサイズは小さめ…。

■新型フィット4のドアポケット

A5サイズのノートや小さいサイズのタブレット端末などなら何とか収納することができますが、かなりギュウギュウで収納したアイテムの出し入れがしにくい感じが…。

個人的には、もう少しドアポケットのサイズを広くしても良かったのかなと思いました。

新型フィット4の後部座席まわりの収納スペース・小物入れをチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の運転席まわりには、インパクトのある”ロングトレイ(テーブルコンソール)”を備えるなど十分な収納力を備えていましたが、後部座席まわりの収納スペース・小物入れはどうだったのでしょうか?

私がこの新型モデルの後部座席まわりを確認した限りでは、思ったよりも収納スペース・小物入れは少ないように感じました。

ちょっと物足りなさを感じた新型フィット/フィット4のの後部座席まわりの収納スペース・小物入れを紹介したいと思います。

スマホやiPhoneを収納できるシートバックポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(FIT4)では、地図や雑誌などを収納することができるシートバックポケットを用意していますが、助手席の裏側のみに用意。

■助手席の裏側に用意されたシートバックポケット

運転席側の裏側には、大きいサイズのシートバックポケットの用意はありません。

■運転席側のシートバック

個人的には、運転席側のシートバックにも、このような大きな収納スペースを用意しても良かったのかなと思いました。

ただ、この新型モデルの後部座席まわりの収納スペースを確認をして感心をしたのは、小型ポケットです。

シートバックの上部にスマホやiPhoneなどを収納しておくのに重宝をする小型ポケットに関しては、助手席側だけではなく運転席側にもしっかりと用意。

■新型フィット4のシートバックポケット

この新型モデルのハイブリッド車では、後部座席用のUSBポートが2個用意されているので、これはかなり助かります。

乗車中のスマホやiPhoneを収納するスペースに困らないようになっていたのは、とても良いと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみ、運転席側のシートバック下部に雑誌や地図などを収納することができる大きいサイズのポケットを用意しています。

また、スマホやiPhoneを収納するための小さいポケットの設置場所やデザインにも若干の違いがあるので、ご注意くださいね。

ちなみに、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”と他のグレードの違いに関しては、コチラの記事でまとめてあります。

リュクスについて、もっと知りたい方は、こちらの記事を確認してみてくださいね。

後部座席のドア内側パネルにも小物入れを用意

また、新型フィット/フィット4では、後部座席横のドア内側パネルにも小物入れ・収納スペースを用意しています。

■新型フィット4の後部座席横のドア内側パネル

ただ、この新型モデルの後部座席横のドア内側パネルは、フロントシートよりも収納力は少なめ…。

フロントシートど同様にハンドル部分は、ミントタブレットやガムなどを収納できるようになっていますが、ドア内側パネルの下部に用意されているポケットはフロントシートよりもサイズが小さく、飲み物を収納すると他のアイテムは収納することができません。

■新型フィット4のドアハンドル

■新型フィット4のドア内側パネルのポケット

この新型モデルの後部座席まわりの収納スペース・小物入れは少ないので、飲み物+α(アルファ)収納することができるちょっと広めのポケットを用意しても良かったのかなと思いました。

まとめ:新型フィット4は使い勝手の良い収納スぺースが盛り沢山

2020年2月にホンダからデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット/フィット4の収納スペース・小物入れを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、運転席と助手席の間に細長いロングトレー(テーブルコンソール)など使い勝手の良い収納スペースを適材適所に配置。

また、後部座席まわりの収納スペースは若干少ないように感じましたが、スマホやiPhoneを収納することができる小型ポケットなど使い勝手の良い収納スペースを用意。

そのおかげもあり、この新型モデルは、先代モデルよりも快適に過ごせる居心地の良い車内空間になっていました。また、USBポートが後部座席まわりに用意されているなど、先代モデルよりも機能や装備が充実しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする