新型フィット4 クロスターの内装はシンプルだけど使いやすい!?【実車画像インプレ】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の人気グレードの一つが、クロスオーバーSUV仕様になっている”クロスター(CROSSTAR)”です。

他のグレードと一線を画した迫力のあるデザインになっているクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”ですが、

ホンダからデビューを果たした新型モデルのクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このグレードの内装・インテリアには、どのような特徴があったのでしょうか?

実車画像を使って、新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 クロスターの内装&インパネのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■クロスターの内装・インパネ

クロスターの内装色はブラックのみ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、ブラック以外にもグレーやブラウンの内装色を用意して、グレードによっては2色の内装色から選べるようになっています。

ただ、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、オーソドックスなブラックの内装色のみ。複数の色から内装色・インテリアカラーを選ぶ事はできないのは、”クロスター(CROSSTAR)”と他のグレードの大きな違いの一つなのかなと思いました。

クロスターの内装はシンプルな質感

また、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアは、他のグレードと比較すると、シンプルな作りになっています。

その一つが、ハンドルやシフトレバーです。

上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”では、高級感がただよう本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備していましたが、この”クロスター(CROSSTAR)”では、シンプルなウレタン製のハンドル&シフトレバーを標準装備。

■クロスターのハンドル

■クロスターのシフトレバー

また、”クロスター(CROSSTAR)”のダッシュボードに施されている加飾パネルも、シンプルなファブリック素材に…。

■ファブリック素材のクロスターの助手席側のダッシュボード

そのため、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”や中間モデルの”ホーム(HOME)”と比較すると、シンプルさが際立っています。

ただ、このシンプルな質感が、ラフに使い倒すクロスオーバーSUVっぽくて良いなと思いました。

見た目はシンプルだけど、機能や装備は充実

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアはシンプルなデザインになっていますが、機能や装備は充実しています。

例えば、新しく生まれ変わったこの新型モデルの注目の機能&装備の一つで、運転を楽にしてくれる”オートブレーキホールド”は、”クロスター(CROSSTAR)”でもしっかりと用意されています。

■クロスターのオートブレーキホールド

また、ハイブリッド車には、スマホや携帯、タブレット端末などを充電する際に重宝をする後部座席用のUSBポートや、ドライブ中の快適性を高めるセンターアームレストも、しっかりと用意。

■後部座席用のUSBポート

“クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアはシンプルな内デザインになっていますが、機能や装備に関しては、他のグレードに見劣りをしない機能や装備を備えていました。

新型フィット4 クロスターのシートをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”のシートは、このようなデザインになっています。

■クロスターのシート

このクロスターでは、シートのメイン部分にちょっと濃いめのグレーを、そして、シートサイドに明るいライトグレーを配したデザインを採用。

そのため、”クロスター(CROSSTAR)”は、思ったよりも明るく、柔らかい雰囲気の内装・インテリアとなっていました。

シートの表面にはファブリック素材を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、グレードによってシートの素材が異なりますが、クロスオーバー仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、ファブリック素材のシートを採用。

なので、高級感や上質感に関しては、シートに本革を採用している最上位モデルの”リュクス(LUXE)”よりも見劣りをします。

ただ、この”クロスター(CROSSTAR)”はクロスオーバーSUV仕様らしく数滴をはじく”撥水加工(はっすいかこう)”を施した素材をシート素材に採用。

ちょっとした水汚れなら気にせずに、車内に荷物をポンポンと積み込めるのは、このグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

また、車内で小さいお子さんがジュースをこぼしてもサッと拭き取ることができるため、小さいお子さんがいるご家庭にも、撥水加工を施したシートを採用している”クロスター(CROSSTAR)”は、ピッタリなのかなと思いました。

まとめ:クロスターの内装は、シンプルながらも使い勝手の良いデザイン

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4のクロスオーバー仕様”クロスター(CROSSTAR)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この”クロスター(CROSSTAR)”は、ウレタン製のハンドル・シフトレバーを採用するなど、他のグレードと比較すると、シンプルなデザインに…。なので、高級感や上質感のある内装・インテリアを求めている方には、このグレードは不向きかもしれません。

ただ、このグレードは、撥水加工を施した素材をシートに採用するなど、使い勝手の良いモデルに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする