新型フィット4の乗降性の良さは期待以上!競合車にはない魅力&メリットとは?

2020年2月にホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)は、車内の広さや充実した機能や装備など様々な魅力&メリットがありますが、試乗をして驚いたのが、乗降性(乗り降り)のしやすさです。

この新型モデルの乗降性・乗り降りのしやすさは、競合車・ライバル車よりも格段に良かったような感じが…。

4代目に生まれ変わったこの新型モデルの乗降性・乗り降りのしやすさは、どのようになっていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりもこの新型モデルの乗降性の方が優れていると感じた理由は、どこだったのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わったホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)の乗降性・乗り降りのしやすさをフロントシートと後部座席に分けて、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のフロントシートの乗降性&乗り降りのしやすさをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをしたホンダの新型フィット4(Fit4)のフロントシートのドア開口部は、このような広さになっています。

■新型フィット4のフロントシートのドア開口部

この新型モデルのフロントシートの高さ、ステップ高(地上からドア開口部の下端までの高さ)は、コンパクトカーの中では平均的な高さになっています。

■新型フィット4のフロントシートの高さ&ステップ高

フロントシートのステップ高…375mm
フロントシートのシート高   …585mm

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、乗り降りがしやすいように様々な工夫が施されていたため、競合車・ライバル車よりも乗り降りがしやすいように感じが…。

そんな新型モデルに施されていた乗降性を高めるための工夫を紹介したいと思います。

ガバっと大きく開くドア

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の乗降性が優れている秘訣の一つが、フロントドアの角度です。

■新型フィット4のフロントドアを開けた時の様子

ご覧頂ければ分かると思いますが、この新型モデルのフロンドドアは、90度近くまで開くことができます。

そのおかげもあり、フロントドアが乗り降りを妨げません。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のフロントドアは大きく開くので、傘がさしやすいのも好印象でした。

乗り降りがしやすいシートの高さ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の乗降性をチェックをしていて驚いたのが、シートの高さが絶妙に良かったことです。

■新型フィット4のフロントシート

この新型モデルのシートの座面の高さは375mmとなっているのですが、乗り降りをする際、身体を外側に向けて足を車外に伸ばすだけで、自然にスッと足が地面に着く感じが…。

なので、このクルマは、パーキングスペースの狭い駐車場など隣に停車しているクルマとの間隔が狭く、ドアを大きく開けることができないようなシチューエーションでも、スムーズに乗り降りをすることできます。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は全高が高いこともあり、乗り降りをする際、腰の上下移動が少なく済むのも好印象でした。

乗降性を考慮したシートの形状

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、乗降性を高めるためにシートの形状に工夫を施しました。

先代モデルよりも座り心地が良くなったこの新型モデルのシートですが、座面のコーナーの部分に丸みを持たせたデザインに…。

■丸みをおびている新型フィット4の座面

シートの座面のコーナーが角ばっていると、乗り降りをする際、膝の裏やふくらはぎにぶつかって、乗降性をさまたげるんですよね。

しかし、座面の角に丸みを持たせた新型フィット4(Fit4)では、シートが足の運びを妨げないので、スムーズに乗り降りをすることができます。

座り心地だけではなく乗り降りのしやすさも考えて設計されたシートは、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型フィット4の後部座席の乗降性&乗り降りのしやすさをチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、フロントシートの乗降性が良くなっていましたが、後部座席の乗降性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの後部座席のドア開口部の広さは、このようになっています。

■新型フィット4の後部座席のドア開口部の広さ

やはりフロントシートまわりと比較すると、後部座席のドア開口部は狭いですね。

また、この新型モデルの後部座席のシートやステップの高さは、フロントシートよりも若干高くなっています。

■新型フィット4の後部座席の高さ&ステップ高

後部座席のステップ高…380mm
後部座席のシート高   …620mm

ただ、この新型モデルの後部座席の乗降性&乗り降りのしやすさをしてみたところ、乗降性も思ったよりも悪くはなかったです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の後部座席の乗降性を確認して、良いと思ったところを紹介したいと思います。

後部座席のドアも開く角度も十分

2020年2月にデビューを果たした新型フィット4(Fit4)のフロントドアは90度近く開くようになっていましたが、後部座席のドアも大きく開きます。

■後部座席のドアを開けた時の様子

フロントシートと比較するとドア開口部は狭いですが、ご覧の通り、後部座席のドアもガバっと大きく開くので、乗り降りする時だけではなく、荷物も積み込みやすくなっています。

また、この新型モデルの後部座席の高さはフロントシートよりも若干高めに設定されているのですが、そのぶん姿勢の変化が少なく、乗り降りをする際の足腰の負担が少なくなっているのも好印象でした。

乗り降りする際の足の運びもスムーズ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の後部座席の乗降性を確認してみて良いと思ったのが、足の運びのスムーズさです。

車によっては後部座席のドア開口部の足元部分が狭く、乗り降りをする際、フロントシートのシートバックやドア内側パネルに足がぶつかることがあります。

しかし、この新型モデルの後部座席のドア開口部は、十分な広さを確保。

■新型フィット4の後部座席のドア開口部の足元

私の足のサイズは27cmなのですが、ドア内側パネルやフロントシートのシートバックに足がぶつかることなくスムーズに乗り降りできるのが、とても良かったです。

また、この新型モデルは、後部座席の中央に備わっているトンネルが小さく、後部座席間の移動がしやすいのも好印象でした。

まとめ:新型フィット4の乗降性はコンパクトカーの中でトップクラス

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の乗降性・乗り降りのしやすさを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルはフロントシート/後部座席どちらもドア開口部が広いため、乗り降りがしやすくなっています。また、シートの高さがちょうどよく、足腰への負担が少なくなっているのも好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、荷室や後部座席の居心地の良さなど競合車にはない様々な良さがありますが、この乗り降りのしやすさも、このクルマも大きな魅力の一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする